オナ禁リセット直後の対策(サプリ・方法)

ここでいうリセットとは、自分の精を出してしまうことを指す。

 

リセットすると、直後は何にもやる気が出ないような倦怠感と、我慢していたのに欲望に負けてやってしまったという罪悪感に襲われる。

またそれらに加えて、リセット翌日から数日間のダメージとして、





・朝の目覚めが悪く起きられない

・日中頭がぼーっとする

・目の輝きが失われる

・体がだるい

・何をするにもめんどくさい

・喉が詰まったようになり声が出しづらくなる

・臭い体臭が出る

・女子に避けられる

などがある。

 

この最後の項目について、私には苦い思い出が多々ある。

今でもよく覚えている出来事は、数年前に私が軽い病気で入院した時のことだ。

治療も終わり問題なく退院できそうだったので、その開放感で退院前日の夜に病室で派手にリセットした。

そしてリセット翌朝の退院診察時、担当の美人女医と目が合った瞬間に、あからさまにイヤな顔をされた。

その時の女医の顔は明らかに、「げっ!こいつ昨夜抜きやがったな?気持ちわるー」という顔をしていた。

診察時も、さっさと退院しろと言わんばかりの雑な扱いをされたのである。治療前はあんなにフレンドリーだったのに。

いまだ私のトラウマな出来事である。

きっと、女子からは匂いや顔つきで抜いたことがわかるのだろう。身体に詳しい医者ならなおさら。

 

それはさておき、大切なことは、リセットした後のこれらのダメージをしっかりと記憶に焼き付けることである。

性欲が襲ってくると、なぜかそのようなダメージの記憶がすべて吹っ飛んでしまい、性欲を満たさずにはいられずになり、同じ過ちを繰り返してしまう。

いいことが全くないにもかかわらず、たった数秒?数十秒の刹那の快楽になかなか勝てず、ついついやってしまう。

子孫を残すために性欲があることは仕方のないことではあるのだが、その性欲に打ち勝ってこそオナ禁の効果があるというもの。

 

・・・前置きが長くなったが、ここではリセットのダメージをなるべく軽減するサプリメントや方法を紹介したい。

 

・エビオス錠

本来は腸を整えるための錠剤(といっても薬ではなく天然ビール酵母)なのだが、オナ禁者に広く愛されている。

飲むと精力が増して、金◯がパンパンになって量がドバドバになるらしい。

私の場合は、気持ち少し増えたかな?という感じであった。

錠剤は安くて量が多く副作用もないので、手軽に始められるのが良い。

 

・亜鉛

精には亜鉛が含まれており、リセットにより亜鉛が消費される。

亜鉛は髪にも使われている栄養であるため、オ◯ニーしすぎるとハゲるというのも頷ける。

リセット後に飲んだところ、確かにリセットのダメージからの回復が少し早くなる感じはあった。

ただし飲みすぎると動悸がして逆に体調が悪くなったので、ほどほどに。

 

・ノコギリヤシ

亜鉛とともに、薄毛に悩む人の間では有名なサプリメントである。

ジヒドロテストステロン(悪玉テストステロンで、リセット後に大量分泌される)による前立腺肥大に効果がある。

リセットした時に亜鉛と一緒に飲んでいたが、飲まない時に比べて回復する効果が増している感じはあった。

ただしこちらも飲みすぎると気持ち悪くなるため、1回1錠までとしていた。

 

・運動

サプリもいいが、リセット後にすべき私の一番のお勧めは、「運動をすること」である。

リセット後にランニングと筋トレをすると、不思議なことに翌朝のダメージはほとんど感じなかった。

個人的には、その運動は激しいければ激しいほどいい。

私はリセット後のランニングでは、ラストの500メートルを全力疾走して、ゴール後に倒れ込むようにしていた。

汗びっしょり息ゼエゼエ切らしながら寝転がって空を眺めていると、リセットの罪悪感などすっかり忘れてしまう。

激しい運動をすると、脳はリセットのダメージよりも体力の回復が先決と判断しているのだろう。

別の言い方をすると、激しい運動をして脳をだましているということかと思う。

体力が徐々に回復するにつれて、また明日から頑張ろうという気持ちになれる。

 

リセットのダメージには「黒にんにく高麗人参」サプリメント。購入体験レビューはこちら。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です