セクリセ(セックスリセット)の是非

1_Bed-01セクリセ(セックスリセット)とは、セックスで精を出すことにより、オナ禁を一度リセットすることをいう。

 

海外の禁欲サイトを見ると、オナだけでなくセクリセも一切禁止するというオナ禁強者がわらわらといるが(それを「hard mode (ハードモード)」と呼ぶらしい)、




私は禁欲の継続をするうえでセクリセを強く推奨する。
オナ禁を長期的に進めるために、セックスは欠かせない。
なにより、セックスまで禁じてしまったら、男として生きている意味や価値を見失ってしまう。それでは本末転倒だ。

 

「なぜオナは悪いのか」ということについて、肉体的ダメージがあることも理由としてあるが、精神的なダメージ、すなわち自分の手で満足させてしまったという虚無感や罪悪感のほうが影響が大きいと考えている。
逆に言えば、オナしても虚無感や罪悪感を全く感じないのであれば、いくらオナっても問題ないことになる。
(そもそも、そんな方はこんなブログを見ていないと思うが)

 

一方、セックスはオナと違って、心が満たされるという満足感と、やり遂げたという達成感がある。
男として異性に受け入れられ(行為的にも”入れて”いるし)、自分の存在価値が認められたという満足感は生きていくうえで非常に大きい。

仕事や勉強・スポーツでも、自分の存在価値が他の人に認められることは、継続するうえでの大きなモチベーションとなる。それと全く同じである。

オナ禁を進めていくうえでも、セクリセは大きなモチベーションになるだろう。

セクリセができるよう、オナ禁を頑張っていきたい。

 

リセットのダメージには「黒にんにく高麗人参」サプリメント。購入体験レビューはこちら。

 




セクリセ(セックスリセット)の是非」への7件のフィードバック

  1. >禁欲主義者さん
    同感ありがとうございます。
    セクリセの達成感はオナ禁継続にはとても重要ですね。

  2. 将来、女性との関係を持つ気は無い自分はどうしたらいいでしょうか?
    自分にとってオナ禁は女性との関わりを持つ事ではなく、オナニーの呪縛から解放された第2の人生で世界を飛び回って大冒険をしたいからです。
    こういった人生でもオナ禁は続きますでしょうか?

    1. >ゴル猫さん
      大冒険は素晴らしいお考えだと思います。
      私の経験では、オナニーもセックスもしないとテストステロンは減少しますが、それに代わる興奮するような経験(たとえば壮大な景色を見たことによる大きな感動など)でも、テストステロンは発生すると考えています。
      セックスだけに囚われる必要はないかと思います。

      私の主観だと、歴史に名を残すような冒険家はオナ禁状態ですが女好きも多い気がします。「英雄色を好む」ともいいます。
      冒険家の伝記や映画などを見られてみてはいかがでしょうか?
      参考までに、私のおすすめ映画は、キューバの英雄チェ・ゲバラの南米大陸横断を綴った映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」です。この映画はスペイン語の勉強にもなります。

  3. アドバイス頂きありがとうございます、ホッとしました。
    ただ、是非もう一つアドバイスを頂けたら嬉しいです。
    今オナ禁一週間目なのですが、ネットなどで調べ物をしていてたまたま気になる画のエロ広告を目にしてしまい、つい眺めてしまいます。
    その時ちょろっとだけ先っちょに汁が出てしまうので、徐々に脳が甘い気持ちになって危ないと思い広告を消すのですが、その時の前立腺の刺激と言いますか、ムラムラがある程度治っても股間にジリジリとした違和感を感じるせいで「出したい!」という気持ちになってまたムラムラが襲って来ます。
    正直この違和感が治るまではかなりキツいです、何度もオシッコをしても中々治らないので何か早く対処する方法はありますでしょうか?

    1. >ゴル猫さん
      私も初期の頃に同じような経験が何度もありますので、気持ちはよくわかります。
      (「汁遊び(寸止め)はオナ禁リセット扱い」という記事にも、似たような記載をしております)

      対処方法ですが、「冷水シャワー」を試してみてはいかがでしょうか?
      まだ季節的に寒いかもしれませんが、下半身だけでも冷水をあてるとムラムラが収まるかもしれません。

  4. ありがとうございます、参考にさせていただきます。
    我慢汁が出ただけでもリセット扱いになると聞いたので、我慢汁が出たならいっそのことリセットしてもいいですよという答えが返ってくるのを期待していた自分が恐ろしいです。
    オナ禁タイマーやオナ禁名言集などを見ながら何とか耐えて見せます、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です