即席のテストステロン上昇法:「エロ禁の解除」の注意点

亀仙人長期間の禁欲をしていると、逆にテストステロンが減少して、何もやる気が起きない「無気力状態」になる場合がある(詳細はこちら

精力的な人生、つまり生きるのが楽しい人生を送るためには、ある程度の性欲は必要だ。

ドラゴンボールの亀仙人みたいな常にパワフルなエロじじいは、絶対にテストステロン値が高いはず。

(出典:ドラゴンボール 第2巻)

 




無気力状態になった場合は、男性ホルモンであるテストステロンを上げる必要がある。

その対策は以前の記事でもいくつか述べたが、これらの方法の欠点は、習慣的にできるようになるまで時間が掛かるということである(とある研究結果によると、どんな物事でも習慣化するまでの期間について、最低でも半年はかかるとか)。

そこで、無気力状態になった時の対処法で手っ取り早いテストステロンの上昇方法としてよく言われているのが、「エロ禁の解除」。

つまり、オナ禁のために我慢していたAVを見ることが、無気力状態からの脱出に有効な場合がある。

 

ほどほどのエロ閲覧であれば、眠っていた性欲が復活してテストステロンが分泌され、やる気が湧いてくる。

一方で、見すぎると性欲の波に飲まれてしまい、なし崩し的にリセットしてしまう危険性も高まる。

 

その絶妙なバランスを取るために、エロ禁解除する前に決めておかなければならないこと。

それは、「エロ禁解除時の禁止事項をあらかじめ決めておく」ということである。

このルールを事前に決めておかないと、AV見てズルズルと性欲に負けて抜いてしまう結果となるのは火を見るよりも明らかだろう。

 

止まれ

私の場合のエロ禁解除時のルールは、次の通りだ。

音声を出さないようにする。(視覚だけで脳を刺激する。聴覚も刺激すると脳に画像の記憶がこびりついてしまう)

見る時間は5分間までにする。(目的は抜くことではないと自分に言い聞かせる)

・見ている時は下半身に手や物を触れない。(理由は不要)

 

禁欲一辺倒ではなく、脳を少し性的に刺激して性欲を一定に保つというのも、オナ禁の継続には必要と感じる。

エロをオナ禁継続のための道具にして、うまく利用するのである。

ただし、エロ禁の解除はあくまでテストステロンをこれ以上減少させないための「応急処置」に過ぎないということを忘れないようにしたい。

テストステロンは運動や食事によって上昇させるのが理想だ。

繰り返しになるが、やる気がなくなったからと言い訳ばかりして頻繁にエロ禁の解除をすると、脳がエロに支配されてしまいオナ禁の継続のほうが難しくなってしまう。

仕方なしにエロ禁を解除する時は自分なりの「ルール」をきっちりと決めて、禁欲と性欲、うまくバランスを取りたい。




即席のテストステロン上昇法:「エロ禁の解除」の注意点」への2件のフィードバック

  1. エロ禁を解除によるリスクを伴う事無くテストステロンを上げる方法は幾らでもあると思います。

    リアルで魅力的な女性と話す
    筋トレ
    ジョギング
    スポーツ
    亜鉛
    テストステロンを上げる食事
    睡眠
    ギャンブル
    アクション系の映画を見る

    ざっと思いつくだけでもこんなにあります。

    しかもエロ禁を解除する事で一時的に効果が減退しますし、あまり有力な手段では無いのでは?

  2. >匿名さん
    エロ禁の解除はあくまで「即席」で、エロ禁の解除を積極的に推奨しているわけではありません。記事では少し説明不足でしたね、すみません。
    テストステロンの上昇法は、下記の「オナ禁とテストステロンの関係」という記事の中でも一部言及しています。

    http://rainy-sunny.com/2015/11/21/%E3%82%AA%E3%83%8A%E7%A6%81%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A4%E6%9C%AC%E3%80%8C%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%8A%9B%E3%81%8C%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%8D/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です