「オナ禁効果」体験の再検証(2年超の長期オナ禁を振り返って)~その2~

長期オナ禁効果2前回に引き続き、オナ禁効果の再検証その2である。

ちなみにここで挙げたオナ禁効果は、他の複数のオナ禁まとめサイトから借用して取捨選択した。

 

 

 

 




 


 

<「オナ禁効果」体験の再検証(2年超の長期オナ禁を振り返って) ~その2~>

マークの意味 → :絶大な効果あり :効果あり :あまり効果なし X:効果なし :不明

 

・逆ナンされる X

オナ禁の開始以降、1度も女性から逆ナンされたことはない。

おじさんからはしょっちゅう声をかけられるが。。

 

・女の子から誘いがくる 

ここ2年間の記憶では、1度だけ一緒に演劇を見に行かないかと誘われたことがある。

が、他に予定があったので断った。

 

・思慮深くなる 

「人生とは何か」「生きているという事は、不慮の事故で死んでしまった人からみたらとんでもなく羨ましい事ではないか」とか考えるようになった。

 

・思考が変わり別人になる 

そういばオナ禁を開始して1年後くらいに、「お前なんか変わったな、どうした?」と周りの人によく言われていた。

当時の自分は外見以外の変化には気がつかなかったが、今思えばオナ禁効果で昔と違ったものの考え方をするようになっていたのかもしれない。

 

・人を見分ける能力が開花する 

男の外見でオナ禁してるかしてないかは大体判別できていると勝手に思っているのだが、それを確かめる術は直接本人聞く以外にないので、その判別が正しいかどうかまではわかならい。

良い人か悪い人か、自分にとって付き合いたい人か付き合いたくない人かという主観的な二元論であれば、ある程度は見分けられる。

 

・女性の気持ちが理解できる 

「理解できる」というよりも、「理解しようとするようになる」のほうが正しい。

オナ猿だった時は、女性を性欲解消の対象としか見ておらず、女性側の気持ちなんてお構いなしだった気がする。

だがオナ禁の継続で性欲が抑えられるようになってからというもの、女性側の立場や気持ちを理解するよう努めるようになった。恥ずかしいけど美容院でAne Canとか頼んで読んだりして。

だがまだまだ女性の気持ちはわからないことだらけである。

 

・勘が鋭くなる 

自分にとって最良の選択をするのに時間がかからなくなった。

これは勘が鋭くなるというよりも、「姿勢が良くなって視野が広くなり、今までは見えなかったものが見えるようになった」のほうが近い。

 

・良い女性の見分けがつく 

「良い女性」の定義にはかなりの個人差があると思うが、オナ禁によって性欲を満たすことの重要性が下がったので、外見やスタイルよりも「性格や価値観が自分と合う女性 = 話していて楽しい = 良い女性」という考えになった。

 

・遂に男からもモテだす 

そっち方面に興味はない。

 

・長年の謎が突然解ける X

世の中には謎だらけだ。

 

・悲観的にならない 

何が起きても「ま、いっか」の精神でポジティブ・シンキングができるようになった。

辛いことがあっても、長い期間で振り返ってみればたいしたことはない。

 

・交渉が全て上手くいく X

最近交渉に失敗していることが多いので、オナ禁しただけで交渉能力が増えることはない。

オナ禁以外の別の方法で交渉能力を磨く必要がある。

「失敗から学ぶ」「同じ過ちは二度と犯さない」という考えは身に付いたかな。

 

・カリスマ扱いされる X

されたことはない。

 

・頭が冴える 
これはかなりの実感がある。おそらく瞑想の効果も含まれている。

頭の回転速度がオナ時の5倍速、仕事の生産性も段違い。自転車とロケット砲くらい違う。

 

 

 No.1恋愛マニュアルのレビューはこちら。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です