恋愛商材を買いました。その2

モテ効果その1の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

モテる力の数式と恋愛商材との関係

オナ禁する目的の大多数が「女にモテたい」というものですが、オナ禁だけしたところで多少のきっかけにはなれど、モテるようにはならないということは私が立証しました。

この異性を惹きつける力、「モテる力」というものについて、どういう構成要素でできているか、その数式を次のように定義しました。

以前の記事で述べた掛け算の力でこのモテ力を表すと、

「モテる力 = オナ禁力 × 自己改善力 × モテ学力」

という方程式になります。

モテる力を総合的に上げるには、この3つの力(オナ禁力・自己改善力・モテ学力)をすべて上げる必要があります。

巷にいるモテる人を観察してみると、次のようにいえます。

  • モテる人は、相手に困らないからオナニーをしない(オナ禁力)
  • モテる人は、筋トレや勉強などの自己改善を怠らない(自己改善力)
  • モテる人は、女性心理や会話術等の勉強をする(モテ学力)

モテる人は、この数式の内容すべてを意識的または無意識に実行しています。

このうちのどれか一つでも欠けてゼロになると、掛け算によりその計算結果もゼロになります。

 

オナ禁を継続しているのにモテずに苦しんでいる人、彼女ができずに崖っぷちにいる人に足りないのは、「自己改善力」と「モテ学力」です。

それらの力を充足するためのヒントとなりツールとなるもののひとつが、恋愛のプロ知識が詰まった恋愛商材です。

この恋愛商材のレビューは、記事という形で投稿していきます。

 

恋愛商材をレビューしようと思った理由

「オナ禁でモテたいと考えている訪問者のためにモテるようになるための有益な情報を提供するとともに、自分もモテ力に関する情報のインプットとアウトプットによりモテ力を高めるため」

長いですがこれが理由です。
つまり、ブログ訪問者と私がwin-winの関係(両方が得をする関係)となることを指します。

もしこれが、どちらかが得をしてどちらかが損をするというwin-loseの関係になってしまうと、このブログへの訪問者は誰もいなくなりこのブログの存在意義はなくなってしまうでしょう。ビジネス上の取引でもまったく同じことがいえます。

「このブログは、どうしてもモテたいと考える訪問者に有益な情報を提供する。」

これをブログの信念としました。

オナ禁の継続しただけではモテないため、積極的にモテる方法の情報を提供していきます。

No.1恋愛マニュアルのレビューはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です