器を大きくするモノの考え方5つ

器オナ禁することによって得られる大きな効果の一つは、「人間としての器が大きくなる」ということです。

器とは器量のことで、言い換えると「人徳」のことです。

社長など組織の指導者も、自然と人が周りに集まってくるような、器の大きい人が選ばれます。

 

器が小さいと思われると、周りに人が集まりません。
例えばいつも怒りに任せて怒鳴り散らしているような人は、器の小さい人とみなされて、周りの人から見放されてしまうでしょう。

 

器の大きい人は人間的にも魅力的であり、結果として異性にもモテます。
「オナ禁で異性にモテる」と言われているのは、器が大きくなったからというのも理由としてあるでしょう。

 

人の器の大きさがわかるのは、人間関係でトラブルが起きた時や起きそうな時に如実に表れます。
ここではそのような場合に器が大きくみえる具体的な考え方を紹介します。

 

1.相手の言うことを否定しない

あの人は何を言っても否定するという印象を持たれると、悩みを相談するような人は誰もいなくなるでしょう。
人の考え方は三者三様です。
相手の言うことを全て肯定する必要はありませんが、「そういう考えもあるんだ」というように理解すると、心に余裕が生まれて人間関係がスムーズになります。

 

2.話題を変える

このまま今の話題を続けるとケンカになりそうだと感じた時は、話題をサラッと変えましょう。
この方法はスルースキルとも呼ばれます。
相手が空気の読める人なら、話題を変えた瞬間にケンカになることを避けたんだと理解してくれます。

 

3.相手の話を最後まできちんと聞く

相手が話をしている最中に話を遮って自分の意見を主張すると、ほぼ確実に人間関係がこじれます。
たとえどんなに相手の話が間違っていると感じても、そこはぐっとこらえて、相手の話を最後まできっちりと聞く・・・
この方法は、コーチングの用語で「傾聴(けいちょう)」と呼ばれます。
人の話を最後まできっちり聴くことにより、人望を厚くします。

 

4.自分にも非がないかを確認する

なにか問題が起きた時に、たとえ状況的に相手が悪い場合であっても、100%の割合で相手が悪いということはあまりありません。
程度の差はあれど、どこかしら自分のほうにも非となる部分、つまり自分が悪かった部分があるのが普通です。
自分の悪かった部分を探して、先にそのことを相手に謝ることによって、相手はあなたに器の大きさを感じるでしょう。

 

5.間違ったら素直に謝る

話している時に自分が間違っていることに気づくことは多いですが、それを謝ることはなかなかできないことです。
それは「謝る=負け」という間違った認識があるためです。
謝ることは自分の非を認めることであって、決して負けではありません。
負けるが勝ち」です。
自分から謝ることのできる人は、それでけで器が大きくみえるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です