オナ禁と異性との出会いの関係:「出会いがない」は言い訳

出会いオナ禁すると出会いは増えます。

ですが、それは出会うための行動を起こした結果です。

正確には、「オナ禁をすると出会いを増やす行動ができるようになる」と言ったほうが正しいでしょう。

 

 

 

「出会いがない」は言い訳

オナ禁だけして待っていても行動を起こさなければ、出会いは勝手には増えません。

「出会いがない」とぼやいている人がいます。私の周りにもいます。

たとえば「職場が男ばかり」「女がいても既婚者しかいない」など理由は様々です。

「出会いがない」と言うのは異性に出会うための行動を起こしていないだけであって、自分に対する言い訳にすぎません。

 

オナ禁と出会いの関係

オナ禁を長いこと続けていると性欲が満たされないので、脳が危機感を感じて異性との出会いを自然に求めるようになります。

私の場合、オナ禁開始からしばらくして、取引先の女性をサシ飲みに誘ったり、合コンをセッティングしてもらったりしていました。

どうしてもベッドに持ち込んでヤリたいというわけではないのですが(” あわよくば ”という受け身な感じです)、元気な女の子とたわいもない会話がしたいという気持ちが強くなり、体が自然と行動を起こしていました。

 

もちろんサシ飲みを断られたこともありますが、オナ禁を継続してる自負もあり、そんなことではめげません。

「あー今日は飲みたい気分じゃなかったんだな」
「もしかしたら生理で体調が悪かったのかな」

なんてポジティブに考えて、数週間くらい経ってからまた誘っていました。その時はたいていOKでした。

 

異性と出会う方法

出会いは作ろうと思えばいくらでも作ることができます。たとえば

  • 友人に合コンをセッティングしてもらう
  • 趣味の集まりに参加する
  • 友人に紹介してもらう
  • 夜の街(クラブやバー)に繰り出す など

中でも、合コンはすぐにでも行動が可能です。

周りにいる合コン好きな人に「今度合コンに誘ってください」と言うだけです。

そういった人がいない場合は、まずは出会いが欲しいと考えている”志”を同じくする友達を探しましょう。

WMP出会い

 

日常的にできることは、「誰かいい人がいたら紹介してほしい」と男女問わず周りの人にこう言い続ける、たったこれだけです。

本心では出会いが欲しいのにこのセリフが言えないのは、硬派なイメージを保ちたいという余計なプライドがあるからです。

一生独身でもいいならそれで問題はありませんが、出会いが欲しいのであればそんな不必要なプライドは捨ててしまいましょう。

「紹介してくれ」

こう言い続けていると、自分が誠実に生きている限り、手を差し伸べてくれる人が必ずいます。

どこの世界にでも世話をするのが好きな人はいるものです。

 

何事もまずはベビーステップ(はじめの一歩)で行動を起こす、これが後になって大きな違いとなります。

 

No.1恋愛マニュアルのレビューはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です