オナ禁で「心の余裕」を手に入れる

心の広い人世の中の人を大別すると、「心に余裕のない人」と「心に余裕のある人」に分かれる。

言うまでもないが、心に余裕のない人は損をして、心に余裕のある人は得をする。

あなたの身の回りにもこういう人はいないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

「心に余裕のない人」の特徴

  • 自分の欲が満たされないとイライラして気が済まない
  • 否定的な意見を言われると、すぐに熱くなって頭に血が上り相手を怒鳴りつける
  • 相手の話を最後まで聞かず、話の途中で遮って自分の意見を主張する
  • 何かの物を買いたい衝動や食べたい衝動を我慢できない。特に空腹が我慢できない
  • 舌打ちとため息が癖になっている
  • 自分は謝らず、相手を謝らせる
  • 机の上や部屋が散らかっている
  • 相手のミスが許せない
  • 相手を論破することが好き
  • おまけ:パソコンのキータッチ音が異常にうるさい

これらの項目に複数該当すると、自己中心的で器の小さい人と判断される。

イメージとしては、人目をはばからず店員さんに当たり散らしているクレーマーを想像するといいだろう。

このような人は、周りの人から避けられるばかりか、最悪の場合、付き合うに値しない人と判断され、周りから人がどんどん去っていってしまう。

 

「心に余裕のある人」の特徴

  • 自分の欲が満たされなくても我慢ができる
  • 嫌なことや腹の立つことがあっても、自分を抑えられる能力(スルースキル)がある
  • たとえ相手の話が間違っていたとしても、その話を最後まで聞くことができる
  • 衝動的に物を買ったり食べたりしない。お昼どきの空腹も我慢できる
  • 何事においても、相手の立場に立って物事を考えることができる
  • 積極的に自分の非を認め、自分から謝ることができる
  • 机や部屋が綺麗に片付いている
  • 些細なことや重要ではないことにこだわらない
  • 自分の手柄を相手に譲ることができる
  • 相手のミスを許せる

 

これらの項目に該当すると、信頼するに足る器の大きい人と判断され、人が周りにどんどん集まってくる。

成功している経営者は、これらの項目に該当することが多い。

 

オナ禁して「心の余裕のある人」になる

オナ禁をして目指すところは、もちろん後者の「心に余裕のある人」になることである。

性欲を我慢することとは、苦行をするということではない。

怒りの感情や衝動的な行動を抑え、人間的に成長するためにオナ禁は役に立つのである。

人間的に成長すると、自分の身の回りのことががうまく回るようになる。

誰にでもこのような潜在的な成長能力がある。

その能力に気が付いていないか、ただ能力が眠っていて使われていないだけだ。

オナ禁で潜在的な能力を開花させよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です