自己改善のコツ:「毎日何かを達成する」

名言集2“Accomplish something every day.”の日本語訳である。

この言葉は、とある洋書のペーパーバックから引用した。

本は失くしてしまったので今となっては著者やタイトルはわからないが、この言葉だけは私の心に深く刻まれている。

 

休日に朝からムラムラしたのでオナニーして、眠くなってきたのでゴロゴロと寝て、目が覚めて気が付けば夕方で1日が終わろうとしていた。。

これは完全に人生の無駄遣いだ。

1日を無駄に過ごすことは、退化することと同じ。

とにかく1日何もしないで過ごすことを止めて、何でもいいので必ず毎日前に進むことを続ける。

 

「そんなこと言われなくても当たり前だ」と思われるかもしれないが、この「毎日」というところがポイント。

いざ「毎日」何かをやってみようとしても、それが日常生活の習慣になっていなければ、3日坊主で終わってしまうだろう。

さらに、人間なので風邪で寝込んだりする場合もあるだろうが、そんな時に前に進める気力があるだろうか?

やってみると、「毎日」前に進むことはとても難しいということがわかる。

 

毎日達成すべき「何か」とは

ここで言う「何か」とは、将来の自分にとってプラスとなる良い習慣や物事である。

勉強する、運動する、仕事する、オナ禁する・・など

さらに、プラスになる物事は大げさなことである必要はなく、小さなことでも全く問題ない。

たとえば、小難しい本を1ページ熟読しただけでも、何かを達成したと言える。

ここでは、達成する何かよりも、「毎日」することのほうが重要だからだ。

 

「毎日」を続けるコツ

この習慣を続けるためには、毎晩寝る前に1日を振り返るクセをつける方法が非常に有効である。

今日1日、自分は何を達成したのか」と、寝転んで天井を見上げながら考えてみる。

もしこの問いに答えられない日があれば、深く反省しなければならない。

そして、そうなってしまった原因をよく考え、同じ過ちを繰り返さないようにする。

 

「毎日」続けるとどうなるか

毎日何かを達成することで、今日の自分が昨日の自分よりも良くなる。

今日の自分が昨日の自分よりも良くなれば、明日の自分は今日の自分よりももっと良くなる。

その積み重ねが、将来の自分となる。

数式で表すとこのようになる。

昨日の自分 < 今日の自分 < 明日の自分 < 将来の自分

 

結局のところ、将来の自分を良くするためには、毎日何かを継続するしか方法がない。

記事の最後に、イチローの名言で締めようと思う。

「小さなことを毎日積み重ねることが、とんでもないところに行けるただ一つの道である」