オナ禁継続のコツ:アカウンタビリティ・パートナーを見つける

accountability-partnerアカウンタビリティ・パートナー(Accountability partner)とは、直訳するなら”責任感のある仲間”という意味である。

「オナ禁のアカウンタビリティ・パートナー」とは、つまるところオナ禁の継続状況や効果を報告し合う「オナ禁仲間」のことである(以下、「オナ禁仲間」とする)。

海外のオナ禁サイトでは、オナ禁仲間を募集する掲示板などが提供されている。 (さらに…)

続きを読む

女がオナ禁しても効果はあるか?

女性版オナ猿このブログの問い合わせフォームを通じて、初めて女性からオナ禁に関するメールをいただいた。

メール内容の詳細は伏せるが、内容をひとことでいうと、「自分の将来のためにオナ禁したい」というものであった。

そこで、ここでは女のオナ禁について考察してみたい。 (さらに…)

続きを読む

リセットの有効活用法 ~欲の定量化~

リセットから学ぶもしも性欲との壮絶な戦いに負けてしまい、リセット(=オナニー)を決意した時・・・

負けるときには、まな板の上の鯉のごとく、堂々と負けよう。

「あ~あ、またやっちまうのか・・」ではなく、「今後に向けてリセットを有効活用してやる!」という考え方にシフトするのだ。

(注:リセットを推奨しているわけではないので、くれぐれも誤解のないよう) (さらに…)

続きを読む

女は男に何を一番に求めるか(オナ禁してみてわかったこと)

甲斐性「女にモテたい!」と思ってオナ禁を始める人はとても多いはず。

もちろん私もそのうちの一人だ。

オナ禁をする前と達成した後で、”女が男に何を求めるか”、言い換えると「女にモテるとはどういうことか」について、考え方が変わった。

(以下、完全に私個人の主観的な話であり、異論があることは重々承知の上で記事にしている) (さらに…)

続きを読む

あるべきオナ禁者の姿 ~他人との競争からの解放~

比較しない

オナ禁が続けられる人の中には、オナ禁していない人に対して優越感を感じることもあるだろう。

時には、性欲に溺れる者を見下すような感情が出ることもある。

オナ禁は努力を要することなので、その努力が続けられているという自負があるというのはわかる。

だがそういった他者への優越感を感じている時点では、まだまだ志半ばと言わざるを得ない。

(これはもちろん私も例外ではないので、記事の執筆において不必要な優越感を持たないよう、日々気を付けるようにしている) (さらに…)

続きを読む

オナ禁継続のコツ:性欲に支配されるのではなく支配する

家を出るムラムラした時やストレスを感じた時、その不快感を解消しようと思ってすぐにパソコンやスマホを開いてオナニーに飛びつく。。

この状態は、”ベルの音を聞いたら、涎を垂らす”というパブロフの犬の条件反射である。

そしてこの条件反射は、「脳が性欲に支配されている状態」といえる。

オナ禁を続けるためには、性欲に支配されるのではなく、こちらから主体的に性欲を支配しなければならない。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁継続のコツ:日々限界まで疲労する

限界疲労このブログで繰り返し述べているが、私は仕事スケジュールが過密だった時期があり、疲れ果てて家に着いたらすぐに寝るということを数週間ほど繰り返していたら、自然とオナ禁状態になった。

その時、頭が冴え渡って仕事が面白いように捗るようになり、”オナ禁効果”に初めて気が付いた。

これは偶然の産物であったが、今思うと生涯の宝物となる出来事だった。 (さらに…)

続きを読む

(日記)オナ禁していて良かったと思う瞬間リスト

心の広い人日常生活を送る中、「オナ禁してて本当によかった!」と思えた瞬間を箇条書きにしてみた。

これがオナ禁戦士たちのモチベーションアップに繋がれば幸いである。

(個人的で自慢っぽく聞こえるものがあるかもしれないので、興味ない人は読み飛ばしてほしい) (さらに…)

続きを読む

オナ禁に挫折する理由のNo.1

欲望私はオナ禁に奮闘していた時代に、オナ禁に対するモチベーションを上げるため、インターネット上にあるオナ禁に関するブログや掲示板の書き込みをよく見ていた。

(今は海外のオナ禁に関するForumをたまに覗く程度で、ほとんどそういった情報を見ることはなくなってしまったが)

そういったブログや掲示板では、オナ禁をやめる時にオナ禁の効果自体を否定するような、いわゆる”捨て台詞”を残して去っていく方々を数多く目にした。 (さらに…)

続きを読む