なぜオナニーすると体から不快な臭いが出るのか?

嗅覚以前の記事にも書いたことがあるが、私は極度のオナニー依存症と思わしき人と仕事をしたことがあった。

なぜそう感じたのかというと、その方はオナニーの弊害を絵に描いたような人だったからである。

 

 

 

 

 

そう感じた理由として、具体的には、

  • 髪と頭皮が脂ぎっている
  • まぶたが下がっており目が極端に細い
  • いつもボーっとしている
  • 仕事でミスを連発(さらにミスをしても謝らない)

など理由を挙げればキリがないが、オナニー依存症だと確信した決定打は、当の本人が飲みの席で「オナニーが趣味」と公言していたことである(わかりやすい・・)

(テーマが違うので、オナニー依存症の症状はこれくらいにしておこう)

 

その方との仕事でミスが多いことも頭を抱えたが、一緒に仕事をしていて一番つらいと感じたのは、

「体全体から油が腐ったような臭いをいつも発していたこと」である。

 

取引先の女性達もドン引きで近寄らないくらい臭いがひどかったので、明らかに業務に差し支えが出ていた。

そのため、私はこの状況を少しでも改善すべく、仕方なく本人に遠回しにひどい体臭のことを指摘させていただいた。

すると、その方は自分では自分から発する臭いにまったく気が付いていなかった。

慣れとは恐ろしいものだと感じたとともに、”人の振り見て我が振り直せ”であり自分も気を付けようとも感じた瞬間だった。

 

射精後に体から臭いが出る理由

これは私の完全な主観だが、射精後に体から臭いが出る理由としては、

”射精すると種の保存行為を完了したと脳が勘違いし、精子を再生成するための体力を温存するため、一定期間、異性の嫌がる腐臭を体から発生させることにより射精原因となる異性を遠ざけている”

と考えている。

「オナニーすると女性に避けられる」と言われる理由の一つとしては、女性が射精後に放たれる臭いを感じ取って避けているという理由もあると考えている。

もちろん、この真偽は不明であり、立証する方法も術もない。

だが何にしても、過度のオナニーは体からひどい臭いが発生することは事実なので、臭いを消すには一定期間オナ禁するしか方法がない。

 

匂い(臭い)と異性との相性

前日の記事にも記載したが、相性の良い人には良い匂いがするように感じる。

女の子が「彼氏の匂いが好きだから付き合ってる」と言うのもよく耳にする。

逆に、女性が良く言う「あの人、生理的にムリ」というのは、匂いが自分に合わないということも原因としてあるのではないかと推測している(もちろん他にも理由はあるとは思う)。

 

前日記事のおさらいになるが、これを科学的(遺伝子学)に考えると、配偶者とのDNAの配列が近いと、産まれてくる子どもに先天的な異常が発生するおそれがあると言われている。

さらに近親同士の子供は、何らかの障害を持って産まれてくる危険性がそうでない場合と比べて高くなるらしい。

そこでDNAの配列が近い人同士で交尾しないよう、脳はDNAの近い人同士の臭いは不快な臭いと感じるようにして、種を保存するというわけである。

 

少し理屈っぽくなっきたので、まとめ。

DNAの配列は自分ではどうしようもないが、オナニーし過ぎによる腐臭の発生は自分の意思力で制御できるはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です