体内にある精子量の測り方

金体内の精子量は、オナ禁の効果に大きく影響する。

この精子量が多いか少ないか、射精することなく大まかに測ることのできる簡単な方法がある。

その方法とは、
「金○を片手で包み込むようにして軽く握る」

・・・言葉にするとなんだか気まずくて恥ずかしいが、写真で伝えるわけにいかないのでしょうがない。

 

この方法は、昔に夜を共にしたことのある女の子からヒントをもらった。

行為の最中に当方のを軽く握られて、

「最近自分でやってないでしょ~?」

とニヤニヤした顔で言われ、当時の私はとても焦った。

その時は、たまたま1週間くらいオナニーをしなかった記憶がある。

どうやら金○の大きさでわかったらしい。

 

最初のうち、自分でこれをやるのに抵抗があるかもしれないが、慣れてしまえば何ともなくなる。

一定期間、大きさを測定してみるとわかるが、数日間の周期で精子の量が変動する。

昔の自分よりも射精量が激減した今の私でも、この方法によって体内の精子量が変動していることがわかる。

 

金○を握ってみて、パンパンな状態であれば、睾丸内に精子が充填されており精子量は多い。そんな時は体の調子も良い時が多い。

逆に少し萎んでいる時は、心なしか体も少し重かったりする。

 

私の経験上、テストステロンを増加させるというアボカドやニンニクを食べた後、またはエビオス錠などを飲んだ翌日~2日間くらいは、金○がパンパンになっていることが多い。

オナ禁を続けていくと徐々に金○がパンパンになってくるので、オナ禁継続のモチベーションにもなる。

毎日風呂に入る前など、ぜひ試してみてほしい。

 

注意:もし金○オナニーをする性癖のある人にとっては、この方法はリセットに繋がるのでおススメしない。

金○オナニーなんてどうやるのか私にはわからないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です