あなたはなぜ辛いオナ禁をするのか?目的の重要性

継続は力なりオナ禁をするきっかけは何でも良いのだが、オナ禁を継続するためには、オナ禁をする目的を明確にしなければならない。

オナ禁をする目的が「ネットではみんなオナ禁してるから」といった曖昧で他力本願なものでは、まずオナ禁は続かないだろう。

「○○になりたい。そのためにはどうしてもオナ禁をしなければならない」

といった具体的かつ自分の確固たる意思によって、オナ禁の目的を決める必要がある。

 

目的設定の体験談

私がオナ禁を本格的に始めたきっかけは、

「オナ禁すると女にモテるようになる」

というネット上の情報を信じたからだった。

”オナ禁すると、他のオナ禁してない男と比べて差がつくから、結果としてモテるようになる”

という理屈も、一見すると理に適っているように見えた。

 

現在、私がオナ禁をする目的は、オナ禁を知った当初とは違う。

モテたいという意思は残っているものの、”オナ禁だけをしたところで簡単にモテるようにはならない”という事実に気がついてから、違う目的を持つようになった。

オナ禁を続けていく中で、「自己実現」、つまり「何かを達成して成功したい」という意識のほうが、モテたいと思う心よりも強くなった。

 

具体的には、オナ禁の目的の一つとして、「英語などの外国語を習得して、インターナショナルな仕事がしたい」という目的ができた。

外国人を相手に外国語を駆使して華麗にビジネスミーティングを進める自分・・・

そんな姿に強い憧れを抱くようになった。

 

その目的を達成するためには、オナニー行為自体が邪魔になった。

オナニーすると、集中力が欠けて勉強のやる気もなくなる。

オナニーは目的の達成や目標実現の邪魔になると感じた。

だから何としてもオナ禁を続けるようになった。

(オナ禁を続けるため、外国語より前に「性欲とは?」から勉強することなったが、テーマが違うのでここではその話は省略する)

 

苦労の甲斐あって、今はオナ禁に苦労することもなくなった。

今の私の課題は、「外国語の勉強を毎日続ける」ということである。

オナ禁はあくまで目的達成のための手段に過ぎない。

 

目的の設定のためには

まずは「今の自分を変えたい」という欲が必要である。

オナ禁をするからには、大なり小なり、誰しもがそういう気持ちを持っているはずである。

「今の自分を変えたい」 → 「そのためには、今の自分に足りないところは何か?」と考える。

そうすれば、おのずと目的は見えてくるはずである。

大切なことは、冒頭でも述べた通り、「自分の意思で目的を決める」ということである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です