”絶対的なオナ禁効果”は存在するか?

絶対的な真実「オナ禁すると、女にモテモテになる」

「オナ禁すると、ギャンブルに勝てる」

「オナ禁すると、人生のあらゆる事がうまくいく」

ネット上には、こういった華々しいオナ禁効果の内容が並んでいる。

この効果に真実性はあるだろうか?

 

 

 

オナ禁に”絶対的な効果”はあるか?

ネット上に数多くあるオナ禁の効果と呼ばれるものは、あくまでオナ禁者個々人の体験談の集まりに過ぎない。

(もちろんこのブログ内容も例外ではなく、私の一体験談である)

オナ禁の効果が発生するかどうかは、個人差が非常に大きい。

オナニーをしていた期間や、食生活、運動やトレーニングなどの他の自己改善もしているかどうかなどによっても、オナ禁の効果は変わってくる。

 

そのため、オナ禁には”絶対的な効果”、つまりどんな条件であっても必ず実現する効果というものは存在しないというのが私の考えである。

平たく言うと、オナ禁しても女にモテモテになるとは限らない。

 

オナ禁の”絶対的な真実”

オナ禁には絶対的な効果はない、これが私のオナ禁の結論である。

だがネット上ではどこでも、「オナ禁するとモテる」と断言されている。

そのため、オナ禁中に失恋したなどの挫折感を味わうと、”辛いオナ禁をしたって人生うまくいかない”といった、オナ禁を悪者にするような考え方に繋がる。

(詳細は「オナ禁に挫折する理由のNo.1」の記事で述べた)

オナ禁に絶対的な効果はないのだから、当然ながらオナ禁しても人生がうまくいかない可能性だってあり得る。

このことは、オナ禁するうえでしっかりと頭に入れておく必要があるだろう。

 

だがオナ禁の絶対的な効果はないと言ったものの、2点だけ、”オナ禁に関する絶対的な真実”と言うべきものが存在する。

1点目は、過度のオナニー行為は肉体的かつ精神的に悪影響を及ぼすということである。

そして2点目は、オナ禁することによって初めてオナニーに悪影響があるということに気がつくということである。

これらだけは、胸を張って言える揺るぎない事実である。

毎日オナニーにふけっていた過去の自分がそうだったように、”体ダルい頭重いやる気出ない結果として女にモテない”といった症状は、過度のオナニーがその一因である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です