女は男に何を一番に求めるか(オナ禁してみてわかったこと)

甲斐性「女にモテたい!」と思ってオナ禁を始める人はとても多いはず。

もちろん私もそのうちの一人だ。

オナ禁をする前と達成した後で、”女が男に何を求めるか”、言い換えると「女にモテるとはどういうことか」について、考え方が変わった。

(以下、完全に私個人の主観的な話であり、異論があることは重々承知の上で記事にしている)

 

 

オナ禁前のモテ概念

オナ禁する前は、モテるには外見が一番の要素だと考えていた。

外見が良くないから自分はモテないのだと自虐的になったこともある。

確かに、外見が良いに越したことはないしその気持ちは今も変わっていない。

だが周りを見てみると、イケメンでなくてもモテている人はいる。

それはなぜか?

 

オナ禁達成後のモテ概念

オナ禁が継続できるようになってから、女の立場になって冷静に考えたとき、男が女にモテるためには外見よりももっと重要な要素があるということに気付いた。

その要素とは、ズバリ「甲斐性」である。

平たく言うと、男がお金を稼ぐ能力があるか、またはお金を持っているかどうかということが、女にモテるのに重要な要素の一つと考えている。

その理由は・・・

たいていの女性は、子どもが欲しい欲しくないに関わらず、子どもを産んで育てるということに本能的な使命感を持っている。

そのため、女性は自分の子どもが飢えや貧困・病気などの命の危険に晒されることのないよう、パートナーとなる男を慎重に選んでいる。

男に甲斐性があると、そういった子どもへの危険度が低くなる。

だから甲斐性のある男が選ばれる・・・

 

もし私が女であるとして男を選ぶとなった場合、どんなにイケメンであったとしても、定職についていないなどの甲斐性がない男は選ばないだろう。

「お金を持っている男はモテる」とよく言われるが、これはある意味真実と考えている。

”愛が重要なのであって、お金なんか重要じゃない”といくら綺麗事を言っても、女性としては男に甲斐性がないがために自分の子どもを命の危険に晒すわけにはいかないだろう。

(もちろん男がいくらお金を持っていたとしても、暴力を振るうなど性格に問題があれば話は別)

 

オナ禁によって仕事で成功するようになれば、モテるための「甲斐性」も一緒に得られる。

まあ仕事のできる男は、男から見てもカッコよく見えるが。

 

余談 女目線から見て、「モテる男とはどんな男か」を聞いてみた

私がオナ禁奮闘中の頃、とある女性と「モテるとはどういうことか」という話題で談義したことがあった。

その時その女性はこう言ってた。

「あたしが高校3年生の時に担任の先生(男)を初めて見たとき、本能的にこの人の子どもを産みたいと思った

その先生の外見は、女性から見ても良いとは言えなかったらしい。

だが担当科目の教え方がとてもうまく、学生からの人気も高かったそうだ。

教師として教え方の評判が良いということは、究極的には甲斐性があるということに繋がる。

その女性はこのことを一目で見抜いたのだろう(残念ながら、その女性の恋は実らなかったらしい)。

 

この話を聞いて、女が男を魅力的だと感じる点について、外見以外の要素も多分にあるということを再認識できた。

(私も含む)非イケメンにとっては、希望の持てる話である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です