オナ禁と努力の継続 ~決意した時に感じる高揚感はニセモノ~

地道「これで今までの自分とはおさらば、自分は変わるんだ!」

こう決意した最初の瞬間が、実は一番気持ちがいいと感じる瞬間である。

たとえば、理想の体型を手に入れようとスポーツジムに入会したとしよう。

ジム入会の手続きを済ませた帰り道、すでに自分が変わったかような気になって気分が高揚する。

まだ何もしていないのに、すでに理想の体型を手に入れたかのような錯覚に陥る。

 

だが物事を始めた時に感じるこの高揚感は、時間が経つとともに忘れていく。

そしてモチベーションの低下してジムに行く回数が徐々に減っていき、気が付くとジムの幽霊会員となっていた。。

これはよくあることだろう。

 

大切なことは実行すること

言うまでもないが、大切なことは定期的にジムに行って、トレーニングの実行を続けることである。

だがこの「継続して実行すること」というのは、高揚感を感じたジムの入会当初時は想像できないくらいに困難なことである。

 

この事例をオナ禁にそのまま当てはめてみると、

今までのモテない自分を変えてモテたいと思いオナ禁を決意して、ツイッターでオナ禁用アカウントを作ったり、オナ禁ブログを始めたとしよう。

これらを作った瞬間が、気持ちが高揚しとても興奮する。

「これで自分はオナ禁を成功させて女にモテモテだ!」

という、未来の自分がアマタをよぎるからである。

 

だがオナ禁は性欲という人間の本能と戦うため、最初は日々地道な努力をする必要がある。

今までのインターネットエロ動画の閲覧をガマンし、オナ禁ブログを定期的に更新したりツイッターのオナ禁専用アカウントで生存日数をつぶやくといった、ひじょーに地道な作業が続く。

もし更新しても、最初のうちはブログの読者やフォロワーからの反応はほとんどないだろう。

こういった単調で地味な作業や退屈さ辛さ・反応のなさに耐えきれなくなると、ブログやツイッターのアカウントを消去してオナ禁決意前の自分に戻る。

 

成功の裏には地味で地道な努力あり

これはなにもオナ禁に限った話ではなく、どんなに華やかな世界にいる人であっても、裏では地味で地道な努力を継続している。

歌手であればボイストレーニングと喉のケア、ダンサーであれば練習と毎日ストレッチなど。

プロと呼ばれるような人は、もし体調が悪くても決して足を止めない。

そういった努力を苦労なく継続できる人だけが、成功の果実を手にしている。

 

もしもオナ禁の特効薬(飲むと性欲が一気に静まるような薬)が発売されたとしたら、オナ禁の価値はゼロになるだろう。

周りのみんながオナ禁状態に簡単になれるので、差がつかない。

そういった簡単に手に入るものに価値はない。

逆にいえば、単調な作業や地道な努力の繰り返しをしないと手に入れられないものには、価値がある。

 

偽りの高揚感への対策

では、具体的にどうすればいいか?

それは、まずは「決意した時に感じる最初の高揚感 = 脳が見せるニセの感情」ということをはっきりと認識する必要がある。

ジムに入会しただけでは体型が変わったりしないように、オナ禁を決意しただけでは効果が得られるようにはならない。

繰り返しになるが、大切なことは実行すること。

そしてこの実行するということは、最初は退屈でつまらないと感じることが多いということである。

今までやってたオナニーの快感が今後味わえなくなるのだから、つまらなく感じて当然である。

だがそれでもオナ禁を続けて効果を感じることができれば、つまらないと感じることも面白く感じてやる気も出てくる。

そう感じるようになるまで、ただひたすら継続する。

効果を感じるようになるまでの期間は、数カ月か半年か、場合によっては1年以上かかるかもしれない。

効果をはっきりと実感できるようになれば、あとは転がるように努力の継続が楽になってくるはずである。

 

 

 

 

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です