ムラムラを収めるごく簡単な方法

心の広い人

休日に家で一人でいる時、いきなりムラムラしてきたことがあった。

ムラムラしてきた原因はおそらく、前の日にコンビニで並んでいた時、私の後ろをすれ違った女性の胸が私の右ひじに軽く当たったからだろう。

その時はラッキーだと思ったが、後でこんなしっぺ返しが来るとは。。

 

家に一人でいると、いきなりこういった感触を思い出すことがある。

筋トレや瞑想でムラムラを紛らわせようかと思ったが、仕事の疲れがたまっていたので、15分くらい仮眠をしてみることにした。

そして仮眠から目覚めた時、なんとさっきまでのムラムラがきれいさっぱりとなくなっていたことに気付いた。

 

睡眠がムラムラを解消するメカニズム

なぜ寝ると、さっきまであんなにあった性欲が一瞬にしてなくなってしまうのか?

このメカニズムを考えてみよう。

 

ムラムラを感じると、下半身が軽く疼き、下半身に血液が集まり始まる。

そして脳が興奮状態になる。

脳が興奮状態になると、目先の利益を満たすことしか考えられなくなる。

ここから先は、説明不要だろう。

 

この状態で興奮を振り切って寝ると、睡眠欲が満たされることによって興奮した神経が鎮まり、下半身にたまった血液を全身に再循環させることができる。

その結果、起きたら性欲がなくなっているという仕組みだ。

これはあくまで推測だが、睡眠欲を満たすことによって、脳は性欲をも解消したと勘違いしているのかもしれない。

 

ムラムラ時に必ず眠れる環境や状況にあるとは限らないが、もし仮眠が取れるならば性欲は簡単に解消できる。

 

ムラムラ解消の他の(簡単な)方法

眠ること以外にも、トイレで用を足すとムラムラも一緒にスッキリするということがある。

これも、尿道に水分が通ることが射精の感覚に似ており、性欲が満たされたと脳が勘違いすることによるのかもしれない。

いずれの方法も簡単に性欲を紛らわせることができるので、ムラムラが来た時には是非検討をおススメしたい。

 

(注意点)

上記の方法はあくまで対症療法にすぎないので、これらの方法だけでオナ禁が続けられると思わないほうがよい。

オナ禁を続けるためには、根気強い自己改善の意識が必要である。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です