オナ禁初心者の頃は嬉しく感じたプチモテ(?)効果

オナ禁モテ効果先日、オナ禁のプチモテ効果(?)と思わしき出来事が連続して起こった。

いつもなら単なる偶然だと思って気にも留めないのだが、今の自分がオナ禁駆け出しの初心者だったなら、小躍りするような出来事ばかりだった。

「初心忘れるべからず」ということで、私が先日の1日間、異性関係で立て続けに体験した事を記そうと思う。

 

 

 

1日間で体験したオナ禁のプチモテ(?)効果(計4つ)

1.道でアイス食べながら歩いていた若い女性とすれ違った時、その女性から振り返られて私の顔をじーっと見られた。

2.服屋の女性店員さんからニコニコと笑顔で接客をされ、服を試着した時、その女性からサイズ感を見るために私のみぞおちや腰や太ももあたりを触わられた。

3.カフェで若い女の子の店員さんからカップを受け取る時に、その子が私の手を握ってきた。

4.同じく、カフェで私の向かいに座ったタイトミニスカートの女性のパ〇チラが見えた。

 

・・・書いていて自分のことが気持ち悪くなってきた。

こうして客観的に文字にするととても恥ずかしいし、勘違いも甚だしい。

上記のほとんどが自意識過剰だと思うし、4番目は単なる偶然だ。

 

私がオナ禁初心者だった頃は、こういったラッキーな出来事が起きただけでも、

「やっとオナ禁の効果が出てきたぜ!」

と思ってニヤニヤが止まらなかったような・・・そんな記憶がある。

 

良い見方をすると、これがオナ禁によるモテ効果かどうかは別として、異性から見られたり触れられたということに間違いはない。

こういった出来事は、春のそよ風を感じた時のような、爽やかな気持ちになれる。

 

(それにしても、上記の服屋の女性店員さんは、触り方があからさま過ぎだった。

これは完全に私の主観であり、ゲスの極みな見方かもしれないが、

「男性客を接客する場合は、男性が服を試着した時にその男性の体になるべく触れるように!」

という研修や教育を店から受けているのだと(勝手に)推測している。

女から男へのボディタッチをすることにより、私も含むアホな男性客は「こんなに体を触ってくるなんて、この子まさか俺に気があるかも?」と勘違いして、服を買っていく確率が何もしないよりも高くなる。

ちなみに、いつも同じブランド店でこういうことが起きている。

ブランド名は伏せておくが、あからさまなボディタッチには気を付けなければならない、余計な買い物をしないためには。)

 

油断は禁物!

オナ禁初心者向けに敢えてこのような出来事を書いたが、これをモテ効果だと思って一喜一憂してはいけない。

残念ながら、いくらオナ禁を継続していても、毎日こういったことは起きない。

今の私であっても、立て続けにこんなことが起きるのは1カ月に1回あれば多いほうだ。

 

男なら、女性のほうから進んでこちら側に寄ってくるような、もっと高みを目指すのだ。

 

 

 

 

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 

オナ禁初心者の頃は嬉しく感じたプチモテ(?)効果」への2件のフィードバック

  1. 40代、既婚者です。
    家内曰く、男性がマスターベーションをしたら、すぐにわかるそうです。
    自慰行為で抜いた男性は射精後の翌日か翌々日に必ずボーッとしていて、間抜けに見えるそうです。
    女性は自慰行為をしている男性を軽蔑します。
    オナ禁戦士は女性からリスペクトされます。
    オナ禁勇者はモテます。
    さおけんさん、いつも感謝です。

    1. >Elijahさん
      こちらこそ、当ブログへのご来訪と書き込みありがとうございます。
      女性側の意見はとても貴重ですね。
      私から見ても、前日に抜いたと思われる人は目が死んでいたり、口が半開きだったりしていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です