困難を乗り切るコツ:「鉄の意思」を持つ人の事を考える

accountability-partner辛い時や何かにくじけそうな時、困難なことなどの難局に出くわした時は、「鉄の意志」を持つ人のことを考えると、その難局を乗り切れる場合がある。

”鉄の意思を持つ人”とは、何事にもブレない確固たる信念を持っている人のことである。

「鉄の意思を持つあの人なら、この難局ではどういう行動を取るだろうか?」と自問し、そして答えを想像する。 (さらに…)

続きを読む

(日記)オナ猿時代になぜモテなかったか

7巻「賭博黙示録カイジ」

私のオナ猿時代は、女の子からキモイと避けられ、極めつけは、街行く見も知らない女の子たちからすれ違いざまにキモイと言われていた。

当時の私は、「嫌うほうの性格に問題があるんだろう」と、冗談はでなく真剣にそう思っていた。

もちろん、その考えは間違えだったと気がつくことになる。

当時のオナ猿時代の私が女の子に避けられていた原因を真剣に考察してみようと思う。

(出典:「賭博黙示録カイジ」7巻) (さらに…)

続きを読む

1年間の完全断射の期間を振り返る

断射私は2014年の1年間を完全断射の期間としていた。

完全断射とは、オナニーだけでなくセックスでも射精を禁じることである(ただし夢精は除く)。

海外でもこれと同じような考え方があり、ハードモードと呼ばれている。(さらに、セックスをも禁じるモンクモードもある)

皮肉なもので、ハードモードをして完全に射精を禁じると、これを邪魔しようとする者や物事がたびたび現れるようになった。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁継続のコツ:オナ禁挫折者の声に耳を傾けない

オナ禁挫折者の声インターネットのおかげで、オナ禁は爆発的な広がりを見せた。

オナ禁の情報はネットで簡単に手に入り、簡単に実行することができる一方で、簡単にオナ禁をやめていく人が多いのも事実である。

ここでは、オナ禁を止めていく人を便宜的に「オナ禁挫折者」と呼ぶことにする。

 

ネット上では、オナ禁挫折者がこういったセリフをよく言っている。

・オナ禁なんてやっても意味はない

・長期間射精しないと前立腺がんになる

(さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:アイコンタクトが積極化する

アイコンタクトアイコンタクト、すなわち誰か話すときにその人と目を合わせることは、ビジネス上・交友関係上・さらには異性にモテる上で、とても重要なことだと思う。

私は、オナ禁することによってアイコンタクトが自然で、かつ確実にできるようになった。

周りの人が優しくなったのも、このアイコンタクトが役に立っているはずである。
(さらに…)

続きを読む

ムラムラを収めるごく簡単な方法

心の広い人

休日に家で一人でいる時、いきなりムラムラしてきたことがあった。

ムラムラしてきた原因はおそらく、前の日にコンビニで並んでいた時、私の後ろをすれ違った女性の胸が私の右ひじに軽く当たったからだろう。

その時はラッキーだと思ったが、後でこんなしっぺ返しが来るとは。。

(さらに…)

続きを読む