過度のオナニーの影響は顔(特に目)に顕著に表れる

エロ禁

先日は「アヘ顔の弊害」という記事を投稿したが、今回はその続編である。

 

数年前に、どこかのオナ禁ブログか2ちゃんねるのオナ禁関連スレッドあたりでたまたま見かけた画像(写真)がある。

その写真を見て、私はかなりの衝撃を受けた。

それと同時に深く共感したため、その写真をスマホにずっと保存することにした。

その写真とは、これである。

 

オナ禁前後

(プライバシー保護のためモザイク加工)

 

オナ禁サイトをよく見る人にとっては、もしかしたら見たことのある写真かもしれない。

この写真は、オナ禁に苦しむ、とある弟さんの投稿によるものだった。

ネットの情報なので真偽は不明だが、その弟さんいわく、左が弟さんでオナ猿状態、右がお兄さんでオナニーはほとんどしないとのことらしい。

写真の投稿とともに、次のような弟さんの嘆きの書き込みがあった。

「兄はすごいモテるのに、俺は全然モテない。」

 

この写真は、オナ禁前とオナ禁後において、顔(目)に与える効果を表すのに最適だと思う。

もしかしたら兄弟における遺伝の違いがあるかもしれないが、オナニーする人としない人では、目の形と大きさが全然違う。

オナニーする人は目頭が垂れ下がっているのに対して、オナニーしないひとは目がパッチリと開いている。

オナニーの快楽に浸り続けて「アヘ顔」を続けていると、このように目に悪影響が出る。

これほどわかりやすい影響は他にないだろう。

(ちなみに左の弟さんの目は、昔のオナ猿時代の私の目とよく似ている。。もしご本人がこの記事を見ていたらスミマセン)

 

これだけははっきりと言える。

オナニーを断つと、細かった目がよく開くようになる。

逆に言えば、オナニーばかりしていると目が細くなる。

そして女性は、その違いにすぐに気が付く。

「オナニーばかりしている男は、見るとすぐにわかる」

と言う女性は多いらしいが、この写真を見ると違いは明らかだろう。

 

オナ禁界においては、「オナ禁をすると女性からチラ見されたり視線を浴びることが多くなる」とも言われている。

この”視線効果”は私も何度か経験したことがあるが、異性から見られる理由はやはり、「オナ禁で目が大きく開くようになることによって、目に光が多く取り入れられて目の輝きが増すから」だろう。

目の輝きが増すと、目力も増す。

 

この目力(目の輝き)は、目薬などで人工的に作り出すことはできない。

強い目力を得るには、オナ禁をするという他にも、エロ以外で楽しくてしょうがないような建設的なことへの没頭や、十分な睡眠時間を取ることなどによっても得られる。

 

そして、目力の強い人は他の人達を惹きつける。

それが「オナ禁のモテ効果」と言われる所以かもしれない。

過度のオナニーの影響は顔(特に目)に顕著に表れる」への3件のフィードバック

    1. >たくやんさん
      そうなんですね、知りませんでした。
      情報提供ありがとうございます。
      もし問題があれば削除します。

  1. いえいえ、ネットはデマが多いですから。
    僕はさおけんさんのブログ楽しく読ませてもらってます☺
    またコメントさせてもらうかもしれませんのでよろしくおねがいします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です