「オナ禁効果」に過剰な期待は禁物

絶対的な真実当ブログも含む、いわゆる”オナ禁サイト”においては、「オナ禁には魔法のような効果がある」とよく言われている。

オナ禁によって魔法の効果が本当に起きるかどうかは、個人差が非常に大きい。

私は、よく言われている「オナ禁の効果」の内容は、ある意味正しく、ある意味間違っていると考えている。

 



オナ禁によって得られる効果には、主に次のようなものがあるとされている。

  • 「女にモテるようになる」
  • 「肌がきれいになる」
  • 「髪が増える」
  • 「目力が増す」
  • 「集中力が増す」
  • 「頭が冴え渡る」
  • 「運動能力が増す」
  • 「声が低くなり通るようになる」
  • 「物事の真理がわかるようになる」 など

 

こういったオナ禁をして得られる効果とは、実は、今までオナニーのし過ぎで自分が失っていたものをオナ禁によって取り戻せるというだけに過ぎない。

つまり、もともとの自分(子どもの頃の純粋な自分)が持っていたものだけである。

 

 

オナニーを覚える前は女の子からモテモテだったのに、オナニーを覚えてからまったく女の子にモテなくなったという人は、オナ禁をすればまたモテるようになるだろう。

子どもの頃は肌が綺麗と言われていたのに、今の自分がニキビだらけの顔になっているのなら、オナ禁をすればまた綺麗な肌を取り戻せるだろう。

 

また、世の中にはごく少数、「オナニーを今まで一度もしたことがない」という人が存在するらしい(ジャニーズ隊に入れるような人の中に、もしかしたらそんな人がいるかもしれない)。

そういった人にとってはもともとオナニーしないので、そもそも「オナ禁効果」なんてものは存在しない。

 

オナ禁をしても、万人に対して直ちにこのようなオナ禁効果が発生するわけでない。

「オナ禁さえすれば人生がバラ色~♪」

・・・残念ながら、こう簡単にはいかない。

元々の能力が低ければ、いくらオナ禁を継続してもその効果は限定されているだろう。

オナ禁に過剰な期待をするのは禁物である。

オナ禁をすると「オナニーを覚える前の自分に戻ることができる」というだけであり、大切なことは、オナ禁を通じて自分の能力をかさ上げすることにある。

オナ禁の効果を最大限に得るためには、オナ禁と自己改善の組み合わせが必須だ。

自己改善とは、筋トレでも勉強でもスポーツでも音楽でも自分磨きでも、何でもいい。

過去の自分が持っていなかったものを身に付けることができれば、本当のオナ禁効果も体感できるはずである。

 




「オナ禁効果」に過剰な期待は禁物」への5件のフィードバック

  1. 「答え」が出てしまいましたね。
    「さすが」としか言いようがありません。
    さおけんさん、「圧巻」です。

    1. >Elijahさん
      お褒めの言葉をありがとうございます。
      この記事の内容については、言うのは簡単ですが実行するのはとても難しいと常々感じます。

  2. オナ禁を続ける事で、長年の悩みだった「どもり」が
    改善してきました。(おかげで、最近は少し喋り過ぎになって、
    それはそれで悩みなのですが…。)

    オナ禁は脳のリハビリと考えています。未だ修復中です。
    さおけんさん、いつも感謝しております。

    1. >nakitoさん
      素晴らしい効果が起きていますね。
      個人的には、少ししゃべりすぎくらいのほうが、ほとんどしゃべらないよりも人間的に魅力的だと思います。
      「オナ禁は脳のリハビリ」
      これは名言ですね、もしかしたらブログのネタに使わせてもらうかもしれません・笑

      1. 名言と言っていただき恐縮です。
        気に入ったのなら、どうぞお好きに御利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です