長期オナ禁者向けリセット回避法:今の自分が持っているものに気付く

誘惑現在の私はリセットの誘惑にかられることはないのだが、オナ禁を知って始めてから2~3年後くらいの頃、

2~3ヶ月オナ禁継続 → しばらくオナ猿かオナ減 → また2ヶ月くらいオナ禁継続 → またオナ猿

というのを繰り返していた。

ここでは、「2~3ヶ月もオナ禁が継続できいて、なぜリセットをしてしまったのか」ということについて述べたい。

 

毎日同じことを繰り返すことによって、脳には「物事の自動化プログラム」が生成される。

オナ禁でいえば、エロ禁をする、筋トレやランニングをする、ムラムラしたら冷水シャワーを浴びるなどが、このプログラムによって習慣となる。

このプログラムの稼働によって、「苦労もなく物事ができるようになる」というメリットがある反面、「目立った効果が見られなければマンネリ化してだんだんと飽きてくる」というデメリットも発生する。

特に男は本能的・遺伝的に刺激と成長を求めているため、同じことの繰り返しでかつ大した変化が現れない時に、「やめたくなる」という衝動に襲われる。

この衝動に負けると、リセットとなる。

 

オナ禁を始めた当初は劇的な効果があれども、長く続けているとその効果は徐々に薄れ、いずれは頭打ちになる。

これは、単純に脳がオナニーしない体に適応しただけなのだが、それを「飽きた」と感じてしまう時がある。

そんな時にリセットの誘惑が襲ってくると、

「しばらくオナ禁してるけど全然女にモテないし大した効果も出てない。もし今リセットしたら、また何か違った効果が出てくるかもしれない

と勘違いして、リセットをしてしまう。

 

だがいざリセットしてみると、翌日、朝の目覚めが悪い、体が重い、体臭がする、頭にもやがかかったかのように回転が遅い、日中ボーッとする、普段は親しい女性から距離を置かれるなど、リセットの弊害に襲われる。

こうなって初めて、オナ禁には効果があったことに気付いてそのありがたみを理解するとともに、リセットしたことを後悔する。

そして改めてオナ禁を始めるのだが、時間が経つとまた飽きてきてリセット・・・この繰り返し。

 

上記は、過去の私の経験談である。

大切なことは、失ってから気がついても遅いということである。

人間は、近くにあるものほど、そしてすでに手に入れているものほど、そのありがたみに気が付かない。

 

数カ月のオナ禁が継続している人でリセットの誘惑に駆られている人は、オナ禁で得ることのできた今の自分が持っているものを見つめなおしてみるとよい。

その持っているものに気が付けたなら、リセットの誘惑を断ち切ることができるはずである。

私は、人間の性質は「忘れっぽく、飽き症」だと思っている。

初心を忘れることなく、また効果が出なくても飽きることなく、オナ禁を続けていきたい。

長期オナ禁者向けリセット回避法:今の自分が持っているものに気付く」への4件のフィードバック

  1. 最近、3か月以上おな禁していました。

    しかし、夏休みの開放感から、リセットしてしまいました。

    ただいま、6日目です。

    この記事は自分にとって、タイムリーで共感です。

    1. >kさん
      忙しいとやらない、時間ができるとやってしまうのは、しょうがないことです。
      過去の私もそうでしたので、あまりエラそうなことは言えませんが。。

      一番問題なのは、ここで諦めてオナ禁をやめてしまうことです。
      めげることなくまた始めていきましょう。

  2. 今まで196日とオナ禁を続けてきましたが、急に暑くなってきたからか最近ムラムラがひどくなって今日リセットしてしまいました。気候が暑くなるとむらむらしてしまうような気がします。でも諦めずにオナ禁(エロ禁)をこれからもやっていこうと思います。管理人さんはあえて日数を意識されていないようですね。自分は今までばりばり日数を意識していました。自分もオナニーフリーの状態を目指して頑張ろうと思います。

    1. >団長さん
      はじめまして、BLOG NOPMO管理人のさおけんです。
      ブログへのご来訪とコメントありがとうございます。

      とても奇遇な話ですが、私も「夏にかけてリセット注意」という記事を書いたばかりです。
      やはり気温が熱くなってくると、リセットのリスクは高くなってくると思います。

      オナ禁の日数ですが、私にとっては完全に意味のないものとなっています。
      敢えて言うならばだいたい1200日?くらいだとは思いますが、私にはTOEICのスコアのほうが遥かに大切です。
      日数を完全に意識しなくなれば、オナニーフリーになったと言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です