オナ禁の効果:判断力と精神力が鍛えられる

精神力

突然だが、二者択一の質問をしよう。

  • 今すぐに必ずもらえる1万円
  • 3か月待てば必ずもらえる3万円

あなたはどちらが魅力的に映るだろうか?

 

金額だけを考慮に入れた場合、後者の3か月後に3万円もらえるほうがお得であることは言うまでもない。

だが人は、目の前に現金1万円をぶら下げられると、

「いまこの1万円があれば何ができるだろうか?何が買えるだろうか?そういや欲しい物があったな・・」

と頭の中で考え始める。

そしてそうこう考えているうちに、目先の1万円がものすごく魅力的に映るようになってきて、目先の利益を手に入れる事以外の選択肢がなくなってくる。

この状態になると、3ヶ月待って3万円を手に入れるほうが絶対にお得なはずなのに、冷静な判断力を失って目先の1万円に手を伸ばすことになる。

(「3ヶ月も待って3万円じゃ少ないよ」という反論意見があるかもしれないが、ここで挙げているのは単なる例であり、待つ時間の長さや金額の多寡の問題ではなく、”目先の利益を取るか or 将来の利益を取るか”という話である)

 

これをオナ禁に当てはめると、次のようになる。

  • 目の前のPCに入っているお気に入りAV女優のエロ動画で一人孤独に気持ちよくなる
  • 将来、理想的な彼女ができて満足なセックスをする

「目先の1万円」が「目の前のエロ動画」、「3か月後の3万円」が「将来の理想的な彼女」である。

極論になっているかもしれないが、理論を突き詰めるとこういうことになる。

(オナ禁で難しいのは、ここで言う「将来」というのは一体いつの事なのかということであるが)

 

オナ禁でいう目先の利益とは、オナニーによる一時(ひととき)の快楽である。

そしてその一時の快楽には、大きな代償を伴う。

代償とは、罪悪感・倦怠感・喪失感・劣等感・老化・外見の劣化など、その他多数ある。

この代償により、目の前の快楽を我慢していれば将来得られる可能性のある利益(=理想的な彼女)を得られないことになる。

さらに目先の利益の魅力が過剰となり、性欲の抑えがきかず性犯罪を犯した場合は、地位・名誉・家族・今まで積み重ねてきた努力・信頼感・社会的立場その他・・・これらが、一時の利己的な快楽を満たしたがために一瞬でパーになる。

そして、後悔は先に立たない。

 

冷静に考えるとこれほど愚かな行為はないはずなのだが、残念なことに、人は快楽が大好きだ。

脳が快楽物質で満たされてしまうと、簡単に冷静さと理性を失い、後先考えずに目先の快楽を得たい気持ちでいっぱいになる。

 

オナ禁をすると、「目先の利益に安易に飛びつかない」という思考回路が形成される。

つまり、長期的に見て利益を得られるかどうかを考えるようになる。

「将来の自分にとって、何が良くて何が悪いのか」

オナ禁状態にあると、目の前に快楽をぶら下げられた時であっても、まるで何かの文献をじっくりと読んでいる時のように理性が保たれ、冷静に物事を考えられる力が持てるようになる。

これは、オナ禁はオナニーという典型的で簡単に手っ取り早く快楽を手に入れる方法をガマンするという行為なので、考えてみれば当然の事といえる。

 

そしてこの考え方(短期的な利益を無視し、長期的な利益を取る考え方)は、勉強やダイエット、筋トレなど、あらゆることに応用が利く。

勉強もダイエットも筋トレも、一般的には単調でつまらないと感じることが多いが、それでも続けられる人というのは、これらが将来の自分にプラスになることを確信しているからである。

オナ禁は肉体的な健康に役立つだけでなく、精神をも鍛えることができるのである。

 

Sponsored Link


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です