オナ禁をするとEDになる?ED対策の方法

EDEDとは勃起不全(Erectile Dysfunctionの頭文字略)の事であり、平たく言えばチ〇コが勃たなくなることである。

反オナ禁派(オナニー肯定派)の意見として、「定期的にオナニーをしないとEDになる」というものがある。

ここではこの意見について、私の見解を述べる。

 

 

スポンサードリンク




たしかに、オナ禁とエロ禁を徹底させることによって勃起する機会が減ってくると、下半身に血流が行きにくくなったり、女に対して興奮しなくなったりして、EDとなる可能性があることについて”完全には”否定できない。

ただし!

反オナ禁派(オナニー肯定派)の意見はどれも概して、「オナニーしたいがため(もしくはオナニーしなくなると困る産業の)の後付けの理由で、オナニーする自分の正当化である」と考えている。

 

私の今までの経験では、オナ禁でEDになるどころか、逆に若々しさを取り戻してくれている。

自慢ではないが、私の”戦闘態勢時”の下半身は、10代の頃並みに反り返っており、オナ禁後に”中折れ”というものを経験していない。

それはテストステロンを取ることを常に意識しているというのも理由としてあると考えられるが、EDにならないためのある対策もしている。

 

普段の私がやっているED対策は、次の2つである。

  1. たまにエロ禁の解除
  2. 風呂入浴時に過去の刺激的なセックスを妄想して勃起させる

 

1.について、オナ禁初心者はエロ禁の解除をやってはいけない(リセットの原因となる)。

元気が出ないときにエロ動画を見ると、少しだけ元気が出てくることが多い。

(だが最近では、どんなエロ動画であっても見ていて3分もしないうちに飽きてしまい、この程度の視的な刺激では下半身もほとんど反応しなくなってきた。さらに、インターネットの検索ワードに”エロワード”を打ち込むのもなんだか虚しく感じてきた。)

 

2.について、ED対策としては割と役に立っていると考えている。

勃起するととても安心する。「ああ、不能になっていなくて良かった」と。

ただしエロ妄想をするので、長い時間をやっていると脳に良い影響はないだろう。

私はいつも長くても5分くらい。

言うまでもないが、妄想時に下半身に触れることは絶対にNGである

モットーは、”ノーハンドでエレクション”である。

 

こういったED対策をすることで、勃起不全となることを防いでいると同時に、10代の頃のヘソまで反り返る(ピー)までもが実現できていると考えている。

ちょっと過激な方法なので、オナ禁に慣れていない方がマネをするなら、常にリセットのリスクを頭に置いておく必要があるだろう。

 

スポンサードリンク



 

オナ禁をするとEDになる?ED対策の方法」への6件のフィードバック

  1. 一ヶ月間オナ禁を続けて本日久しぶりにエロ禁を解除しました。数分間観るだけという制限を課しつつもリセットしてしまいました。性欲とテストステロン値は比例するということであくまでオナ禁を継続していく上でのテストステロンの低下を避けることを念頭に置きましたが油断大敵でした。このところオナ禁を続けてから一ヶ月間毎日のように朝勃ちがあったのでテストステロン値は高い方だったのかもしれません(サプリも飲んでいたので)。
    この方法は私にはまだ早すぎたようなのでこれから暫くは徹底的にエロ禁もしていきます。

    1. >Masaさん
      リセット報告は残念です。
      オナ禁1ヶ月であれば、まだエロ禁も継続したほうがいいです。
      私はオナ禁1年を超えるまで完全エロ禁をしていました。
      そうすると、日常生活のエロも自然と避けるようになっていましたので、オナ禁継続にとても役に立っていました。
      テストステロンはエロを見ても出ますが、リセットの危険も一緒に伴うので、エロ禁を解除するならルール化が必要だと思います。
      少し古い記事になりますが、こちらの記事もご参考になると思います。

      1. ありがとうございます。
        私は日頃から格闘技も継続しているのでテストステロンは高く保ちたいのですが性欲はリセットの引き金になるので無くしたいと思っています。ですがそれは本能的にも無理だと思うので上手に抑えていくしかないですね。
        余談ですが私は少しでもムラムラすると体が熱くなり頭が麻痺するのを感じます。そうなったらもう取り返しがつきません(我慢汁が出た時点でリセットだと思うので)。

        1. >Masaさん
          格闘技をされているのですね、格闘技とテストステロンとは切っても切れない関係ですね。
          私の考えですが、テストステロンと性欲は一つでセットだと思っています。
          つまり、テストステロンと性欲とどちらかが欠けてもダメで、両方あるか、両方ないかのどちらかだと思っています。
          問題は、その強い性欲を無駄な方法(つまりオナニー)に使うことだと思っています。
          性欲を抑えつつも完全に無くすことなく、かつテストステロンを高く保つ・・というのはとても難しいので、議論が絶えないのだと思います。

          ムラムラすると頭がマヒするというのは私も経験があります。
          昔の私はムラムラを鎮めるために抜いていましたが、オナ禁後は「またムラムラが来たか、ほっとけばそのうち鎮まるだろう」と冷めた目で見れるようになりました。
          実際に、時間が経つとムラムラも鎮まっています。
          参考になれば嬉しいです。

          1. これからも自分がオナニーフリーできるまで参考にさせていただきたいと思います。
            オナ禁を始めてから最近になって大きく変わったことがありました。私はスーパーでアルバイトをしているのですが親子連れのお客さんで子どもがよく話しかけてきたり物心がついていないベビーカーに乗った赤ちゃんも帰り際に手を振ってくれたりもします。以前はそうしたことはほとんどありませんでした。子どもも何か感じていることがあるんですかね。いずれにせよ私にとって大きな変化でした。
            こうした変化をバネにしてオナ禁継続に繋げていけたらと思います。。

          2. >Masaさん
            子どもに好かれるのは、優しい人と思われているのだと思いますね。
            ちなみに、私もよく幼女からはガン見されたりイケメンと言われたりします(笑)
            これは、オナニーを止めることで、邪気(負のオーラ)のようなものがなくなったからではないでしょうか。
            子どもや赤ちゃんは自分が弱いことをわかっているので、人を見る時に「この人は怖い人か、そうでない優しい人か」といったところにとても敏感だと思います。
            こういった変化をもっと感じ取ることができれば、オナ禁のモチベーションになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です