オナ禁の効果:空気がおいしく、景色が明るく見える

心の広い人この感覚、体験した事のある人にはわかるだろう。

オナ禁をすると、心が清々しくなり、目の前の視界がパーッと開けるようになる。

空気がおいしく景色が明るく見えるのは、オナ禁によって得られる次のような効果(特徴)の副産物であると考えている。

 

 

 

 

  • 目が大きくなる
  • 目力が宿る
  • 姿勢が良くなり下を向いていた視線が前を向くようになる
  • 視野が広がる
  • 姿勢が良くなったことにより気道が広がり、取り込まれる空気の量が増える
  • 浅い呼吸から深い呼吸になる
  • (精神的なものとして)ポジティブシンキングになる

 

私がオナ猿だった頃は、近しい友人(欠点もきっちりしてくれるような親しい間柄の人)から、たまにこのように言われていた。

「なんだか目が死んでいる」

「目つきがちょっと怖い時がある」

「いつも下を向いて歩いてる」

「目を合わせてもすぐに逸らしている」

 

当時の自分としてはこれが普通だと思っていたのだが、他の人と比べて、全体的に性格が暗かったのだろう。

(このような欠点を指摘してくれる友人がいたことは、今思えばとても幸せなことだったと思う)

オナ禁を始めた頃から、自分に強い目力を感じるようになり、鏡を見るのが楽しくなった。

そしてオナ禁開始後しばらくしてから、空の青さや空気のおいしさ、景色の綺麗さや明るさに気が付くようになった。

その時に感じた感覚は、「世界はこんなに素晴らしいものだったのか」というものだった。

 

そして、自分に自信が出て誰かの人の目をまっすぐに見るようになり、逆に目を合わせてこない人に気がつくようになった。

オナニーに重度に依存している状態だと、冒頭で挙げた効果(特徴)の正反対のことが言える。

  • 目が細く小さい
  • 目力がない
  • 姿勢が悪い
  • 下を向いて歩いている
  • 視野が狭い
  • 呼吸が浅い

 

今の私は、仕事で初対面の人に上記のような特徴があると、オナニー依存症ではないかと疑っている。

(もちろん、直接本人の口から「オナニーの趣味がある」と言われない限り、その確証はないが)

オナニー依存症だからといって、その人の人格に問題があるというわけではない。

だが、オナニーに限らず何かの存状態にあると、仕事に悪影響を及ぼしトラブルの元となることがあるため、ビジネスで初めて会う人は注意して観察するようになった。

 

目が死んでいたり、姿勢が悪い状態で、良いことは一つもない。

このような負のオーラを纏っていると、はっきり言ってちょっと怖い。

男の私から見ても怖く感じるのだから、女性から見たらもっと怖く見えることだろう。

私は、負のオーラを纏うような日々に逆戻りすのはまっぴらごめんである。

オナ禁で晴れやかな気持ちになれるのなら、それに越したことはない。
 

 


?
 

 

Sponsored Link


 

 

オナ禁の効果:空気がおいしく、景色が明るく見える」への2件のフィードバック

  1. 最近思いますが芸能人のオナ禁率は相当高いといった印象を受けます。特に俳優やジャニーズなど(嵐なんて30過ぎてるようには見えません)。彼らは元々がカッコいいというよりおそらくオナ禁で無駄なエネルギーを消耗していないため一般の人とは違ったオーラを放っていると考えてます。その証拠として俳優などは総じてテストステロン値が高いと聞きます。

    1. >Masaさん
      そうですね。芸能人は夢中になって打ち込めるものがありますし、それがそのまま人気に繋がりますので、その影響が大いにあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です