オナ禁継続のコツ:たまに「アナログ人間」になる

analogインターネットはこの世に無くてはならない存在になった。

インターネットがなければこの世界自体が成り立たなくなったと言ってもいいくらいだろう。

インターネットは人類最大の発明のうちの一つだと思う。

だが人間としての成長という観点から考えると、インターネットさえなければ・・」と思うような側面もある。

 

 

今やありとあらゆるものがインターネットを通じて行われ、欲しいものはインターネットを通じて手に入れることができる。

だがインターネットの便利さとは裏腹に、オナ禁リセットのきっかけとなるのも、インターネット・ポルノ(ネット上のエロ動画)であることが非常に多いことだろう。

 

その一方で忘れ去られたものは、インターネットのない「アナログの世界」である。

この現代において、インターネットのないアナログの世界を存分に享受している人種がいる。

その人種とは、パソコンやスマホに触れることを親から許されていない小さな子供である。

この世の中では、小さな子供のみが、アナログの世界だけに生きている。

だがその世界も、”子供用スマホ”等のツールの登場によって、いずれ駆逐されていくことだろう。

 

また大人でも、アナログの世界に生きている人もいる。

たとえば将棋の羽生善治名人は、パソコンや携帯電話といったツールを持たないらしく、その代わりに大量のテレホンカードを持っており、外出中に誰かに連絡するときはそれを使って公衆電話で連絡しているらしい。

このような一部の天才のように、完全にアナログ人間になる必要はないと思う(というよりこのブログを見ている時点ですでにネット接続しているため、一部の天才にはなれない)

 

 

私はオナ禁の奮闘時代に、1ヶ月に1日間だけ、パソコンやスマホを持たないで外に出かけるという日を作っていた。

目があまりよくないのでいつもはコンタクトか眼鏡をしているのだが、ついでにそれも外してみた。

 

すると、その日だけは世界がガラリと変わった。

その日は頭がよりクリアになり、創造力が増したように感じたのである。

スマホやパソコンなどを一切持たず、大きな公園をぶらぶらと歩いたり、喫茶店で読書をしたり、神社にお参りしたりしていると、昔忘れていた少年の時の心を思い出せるような気がする。

思い返せば、子どもの頃は自転車で知らない道や公園に行くのが大好きだった。

インターネットの世界を離れることによって、そういった遠い昔に忘れてしまっていたことを思い出せるのかもしれない。

高度に発展した社会では、これが人間の本来あるべき姿ではないのかと思うようになった。

 

パソコンやスマホに触らない日を作ることによって、自分たちが子どもの頃に経験していた「アナログの世界」をその1日だけ再び取り戻すことができる。

この世界にいる時の気持ちは、言うなれば、子どもの頃に雨に打たれても泥だらけになって遊んだ「性の世界を知らない頃の純真な気持ち」と言えるものかもしれない。

この純真な気持ちを定期的に持つことが、オナ禁の継続に役に立っていたと思う。

 

その世界も、残念ながら翌日にはすぐに”現実”に引き戻されてしまう。

パソコンやスマホがないと仕事にならないし生きていけないからである。

メールの返信や携帯での連絡が取れないと、友人からも心配される(それはそれで有り難いことかもしれないが)。

将来、インターネットがなくなる日は来るのだろうか。

 

 

 

 

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 

オナ禁継続のコツ:たまに「アナログ人間」になる」への2件のフィードバック

  1. 実はまだオナ禁をしていなかった頃の話ですが、「なぜ子供の時はあれほど好奇心や冒険心が豊かだったのだろう、今でもそうした気持ちを持っていれば毎日が充実して楽しいはず」とずっと思っていました。大人になるにつれてそうした子供の持つ感受性が薄れてきたから仕方ないのかなと年齢のせいにしていましたがその感覚をオナ禁して取り戻せることが身をもって実感できました。
    オナ禁をすると様々な効果が期待できますが私にとっては年を重ねてもこの好奇心や冒険心を呼び戻せるということが一番大きな発見でした。

    1. >Masaさん
      そうですね、子どもの頃は何をしても面白くて楽しかったという記憶があります。
      オナニーを覚えてから、何事に対しても無気力になっていった気がします。
      「大人になる」とは、こういうこと(好奇心を忘れること)なのかもしれません。
      故スティーブ・ジョブズ氏は、大人になっても子供のような好奇心を持っていたと言われていますが、これがMacやiPhoneといった発明品を生み出した秘訣なのかもしれません。
      私は、オナ禁することで子どもの頃に持っていた好奇心や冒険心を取り戻せるのだと確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です