エロ情報とどこまで向き合うか? オナ禁初心者 vs オナ禁上級者

エロ禁「オナ禁の継続とは、すなわち、エロ禁の徹底である」

このことについては、ブログ上で何度か述べている通りである。

エロ動画を見て性欲を刺激するからこそ、自慰行為がしたくなる。

だったら、オナ禁を継続するにはエロ禁をしてエロ動画を見なければいい。

でもそれは簡単ではない。普段お目にかかれないような美女がエロいことをしているのを見たい。

だけれども、オナ禁の効果も欲しい。

堂々巡りが発生する。

 

 

エロ動画を観たくなるのは男の性(さが)と呼べるものであり、その誘惑はとてつもないものがある。

もし最初から、”エロ動画はフェイクセックスであってつまらないもの”という認識があるならば、見たくはならないだろう。

だがそのような男は非常に少数派であり、大部分の男は思春期にエロ動画などを見て自慰行為の快感を味わってしまう。

すると、簡単には元に戻れなくなってしまう。

 

私はエロ動画との付き合い方について、オナ禁者のレベルによってこう結論付けたい。

・オナ禁初心者 → 半年間の完全エロ禁(できれば目標は1年間)

・オナ禁上級者 → 部分的なエロ禁解除も可

 

オナ禁初心者がエロ禁必須なのは言うまでもないが、1年間はエロ禁を徹底すると世界が違って見えると思う。

 

オナ禁上級者を「部分的なエロ禁解除も可」とした理由は、次のとおりである。

上級者の場合は、オナ禁初心者の頃よりもエロのレベルが上がっている。

初心者の頃にムラムラしたことであっても、上級者ともなるとまったく反応しないことが多い。

また仮に少しムラムラしたとしても、上級者は湧き上がる衝動をうまく抑える術を知っている事が多い。

昔はエロ本で十分だったのに、AVを知ってから静止画では刺激が足りなくなったのに似たようなものだろうか(少し違うかも)

さらに上級者の場合は、エロ以外にも自分のしたいことがすでに見つかっていることが多い。

(逆に言えば、したいことが見つかっているからこそ、オナ禁を長期間にわたって継続できるとも言い換られる)

 

かといって、完全エロ禁を長い間していると、男として致命的な弊害が起きる。

これは私の体験談だが、1年間の完全エロ禁で得たものは、オナ禁の継続力とともに、次のようなものだった。

「女という生き物に対する関心の低下と、物事に対する無気力化」

エロ禁1年を超えた頃になって、女に関心がなくなってきた。

気が付けば、遠くに綺麗な女性を見かけても「禁欲の邪魔だ」と考えて、目を向けることがなくなっていたのである。

また、物事に対するやる気がなくなり、勉強や筋トレ等にもあまり身が入らなくなっていた。

いくらオナ禁が継続できたとしても、これではあまり意味がない。本末転倒だと思った。

 

そこで、何があってもリセットは絶対しないと心に誓ったうえで、エロ禁を少し解除してエロ動画を見てみることにした(もちろんズボンは履いたままで、チャックもおろしていない)。

最初のうちは、画面の中の行為がとても気持ち悪く感じた。

ところが、15分くらい見ていた頃だろうか、脳の性欲を感じる部分が刺激されたためか、少しだけ元気が出てきたような気がした。

このままエロ動画を見続けるとリセットに繋がると考えたため、そこでやめた。

そしてまたエロ禁に戻った。

 

そうこう繰り返しているおかげか、私はいつの間にかリセットしなくてもエロ動画を見られる状態になった。

今はエロ動画すら面白いとは感じなくなっているが、街角のエロ光景(チラリズム等)はガン見することが多い。

これは春に吹く爽やかなそよ風のようなもので、有り触れた言い方をすれば、「目の保養」である。

街角でエロ光景を目にした時は、まるで中学生の頃のように心がウキウキする。

今と中学生の時との大きな違いは、それをオカズにして抜くということがなくなったことだ。

エロ光景を見放題で、オナニーをするリスクに悩むこともない。

なんと素晴らしい世界か。

 

上記をまとめると、最初のうちはエロ禁必須だが、エロ禁を長い事ずっとやっていると女に興味がなくなってくるリスクもある。

ホ〇に間違われないようにするためには、”ほどほどの”エロ情報に触れる必要があるだろう。

(実際、この”ほどほど”というのが難しいのだが)

 

 

 

エロ情報とどこまで向き合うか? オナ禁初心者 vs オナ禁上級者」への6件のフィードバック

  1. こんばんは。
    ブログ拝見させてもらってます。
    私も去年の7月頃から390日のオナ禁を実施しました。オナ禁が継続してきて、もうオナ猿に戻らないだろうと思っていました。私も無気力状態が続いて動画を見ることがあり、そこでリセットしてしまいました。

    そこから二週間続けてはリセットしたりなどです。リセットの際は1日4回する時もありました。続けることの難しさを非常に感じました。
    また頑張りたいと思います。

    1. >イニシャルDさん
      ブログに来ていただきありがとうございます。
      390日は一般的に見てもすごい記録だと思いますが、油断は禁物です。
      魔物はどこに潜んでいるかわかりません。
      イニシャルDさんの1日4回リセットは、「どうにでもなれ効果」が発動しています。

      私の場合は、1年のエロ禁後にエロ禁を解除した時に感じたことは、
      「エロ動画を見たって自分が性行為してるわけじゃないし、こんなんで気持ちよくなっても虚しいしつまらない」という考えでした。
      今では、どこか冷めた目でエロ動画を見ている気がします。
      こういった気持ちは、オナ禁上級者(長期オナ禁者)に共通しているのではないかと思っています。
      (あまり関係ないですが、次に出てくるであろうアダルトVRは未知の世界で脅威に感じます。)

      イニシャルDさんはオナ禁の効果を十分に実感できていると思いますので、また簡単に長期オナ禁ができると思います。
      まずは初心に帰って、エロ禁の徹底が必要だと思います。
      無気力状態の対策は、少々古い記事ですが、こういった記事も執筆していますので参考にしてみてください。

      1. お返事ありがとうございます。
        参考にしてみます。

        アダルトVRは読まさせてもらった記事の中で知りました。多分一度手を出したら快楽に使ってしまうと思います。なので手を出さないと決めています。

        酒やタバコなど簡単に快楽を手に入れてしまう事が出来てしまう世の中です。快楽に惑わされる事なく良き人生を歩みたいですね。(若干20代ですが…。

        1. >イニシャルDさん
          私の考えでは、酒・タバコ・オナニー・性行為などの快楽自体は悪い事ではないと思うのですが、こういった快楽に過剰に依存することは大きな問題だと思っています。
          「快楽なしでは生きていけない、やっていられない」という精神状態になると、日常生活に支障を及ぼすことになります。
          当ブログはオナニー依存症の方向けに書いていることが多いのですが、オナ禁することで、他の快楽に対する過剰な依存も防げると思っています。
          私がオナ禁を始めたのもイニシャルDさんと同じ20代の時でしたので、将来オナニーフリーになれる可能性は十分にあると思います。

  2. エロ禁とはどこまでの範囲のことを言うんですか?
    ポルノ画像や動画はダメだというのは分かるのですが・・・。
    テレビやネット、アニメなども禁止しないといけないのでしょうか?

    1. >えいじさん
      エロ禁の範囲は人それぞれだと思います。
      私の場合は、接しても漏らさないために完全エロ禁をしているというだけですね。
      もし街角のエロ光景チャンスがあったとして、そこから目を逸らすことができたなら、エロ禁が成功していると考えています。

      テレビ・ネット・アニメまで禁止することは、現代社会に生きている限り極めて難しいと考えられます。
      現に私は今ネットをしていますし、家にテレビもあります。(アニメはあまり見ませんが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です