射精後のダメージ回復方法(肉体面+精神面)

 

オナ禁リセットはしなくても、夢精やセックスなどで射精することはあるだろう。

射精は生命の源となる性エネルギーを放出する行為なので、仮にどんなに精神的に満たされた性行為をしたとしても、射精後から数日間は少なからず肉体的にダメージが残る。

 

ここでは、私の経験から、射精後に肉体的かつ精神的にダメージが少なくなると感じた方法を紹介しよう。

 

 

 

・走る(全力疾走)

体育の授業が必須の高校生以下には関係ない話だが、義務教育を終えた後は、全力疾走をする機会が徐々になくなってくる。

社会人で、「最後に全力疾走をした時は学生の時」という人も多いはずである。

放出後、その日の夜寝る前までに外に出て全力疾走をしてみよう。

走るのはたった100mでもいい。

これをやると翌日以降のダメージが全然違うはずである。

もし全力で走るのが恥ずかしければ、夜に人目の付かないところで走ればいい(ただしあまりに夜遅いと警察官から職務質問される可能性があるが)

また、走り終わったあとに息絶え絶えになっていると爽快感を得ることができ、モヤモヤした気持ちも吹き飛ぶだろう。

(長い間運動不足の場合は、いきなり全力疾走をすると心臓に大きな負担をかけることになるので、準備運動は念入りに)

 

・サウナに行く

これも放出対策としては非常に有効な方法だと感じた。

汗を大量にかくことで、射精後に分泌されると言われているジヒドロテストステロン(悪玉テストステロン)が体外に流れ出ているような感覚がある。

また、デトックス効果によって射精後の体臭の発生も少なくなる。

いいことばかりだ。

(ただし、長い間サウナに入っていると脱水症状を起こすので、サウナ室に1回入るごとに10分、どんなに長くても15分までにしておいたほうがいいだろう)

 

・サプリメントの摂取

リセットのダメージを軽減するようなサプリメントとしては、「亜鉛」「ノコギリヤシ」「エビオス錠」などが有名である。

ただし、「出した後にサプリメントを取れば失った栄養を補えるから、オナニーしてもいい」と考えることは、単なる自己正当化であり自分に対する甘えである。

さらに言うなら、精子を構成する成分には、こういった外部からの栄養補給だけでは補うことのできない成分も含まれている。

サプリメントの摂取は、あくまで”気休め程度”に考えたほうがいいだろう。

 

・リセット(射精)したことを忘れる

オナ禁リセットの場合、リセットしたことは反省しなければならないし、将来において同じことを繰り返さないためには、その原因をきっちりと考える必要がある。

だが、リセットしたことについていつまでもウダウダと引きずっていてはいけない。

この負の感情に持ったまま放置しておくと、そのうち「どうにでもなれ効果」が発動してしまう。

精神面でポジティブに保つためには、リセットしてしまったことをきっぱりと忘れてしまうことが重要である。

リセットしたことは過去の事であり、オナ禁効果が得られるかどうかについては、現在の自分がどう考えるかにかかっている。

 

 

海乳EX【定期ロングバージョンバナー】 発酵黒にんにく酢卵黄

 

 

 

 

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です