オナ禁継続のコツ:自分の「挫折ポイント」を正確に把握する その1

failure-point「自分の挫折ポイントがどこにあるか完全に理解している」

このことは、オナ禁に限らず、禁煙やダイエットでも何でも、自分にとって有用な物事を継続するためにはとても重要な事である。

だが、これは口で言うほど簡単な事ではない。

現在のところ、オナ禁とともにこのブログを継続して投稿している私でも、オナ禁以外で新しく始めることについては、挫折ポイントがどこにあるかがすぐには分からない。

物事の種類によって、挫折ポイントの位置は違うらしい。

 

 

何か新しい物事を始めて、しばらくした時に、

  1. 「もうダメだ。〇〇がしたくてたまらない!」
  2. 「あまり効果出てないし、もう●●なんてやめちまおうか・・・」

と思う瞬間が、一度は必ずやって来る。

代表的な例としては、1.の〇〇には、オナニー・喫煙・甘いものを食べること(または大食い)などが入り、2.の●●には、オナ禁・禁煙・ダイエットなどが入る。

上記1.と2.のように思ったその瞬間こそが、「自分が挫折ポイントに立っている」と考えて間違いない。

 

この挫折ポイントを乗り切ることができるかどうかが、物事を継続できるかどうかの大きな分かれ目となる。

オナ禁初心者であれば、リセット後3日目に、こう思う時が来ることが多いだろう。

 

物事を継続することのできる人は、この「挫折ポイント」をうまく乗り切るコツや方法を知っている。

だが残念ながら、「これをやれば絶対に継続できる!」といった画一的な方法はない。

物事をやる目的やモチベーションが、個人によって違うためである。

 

だが、この「挫折ポイント」に至る時の気持ちは、たいていの物事に共通している。

人間というもの、物事を始める一番最初の時はとても張り切っており、楽しいと感じる。

だが毎日同じことを繰り返していると、マンネリ化してだんだんと飽きてくる。

ブログでいえば、開設当初のうちは頻繁に更新するものの、時間が経つにつれて徐々に更新の頻度が少なってきて、いずれは更新が途絶えてしまっているといった場合である。

(当オナ禁ブログは今のところそうなってはいないが、私の考え方や気持ち次第でいずれそうなるリスクもある)

またオナ禁かつエロ禁中に、もし男友達がエロ話に花を咲かせていたとした場合、「なんで俺だけ話に入りきれないんだ」と思うこともあるだろう。

ここで男友達との会話に入りたいという誘惑に負けてエロを見ると、リセットのリスクが飛躍的に高まってしまう。

言うまでもないが、ここでリセットすると、見事までに「挫折ポイント」に打ち負かされた形となる。

 

次回の記事では、私個人の、物事を続けるための工夫や体験談を述べようと思う。

その2につづく)

 

 

 

 

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 

オナ禁継続のコツ:自分の「挫折ポイント」を正確に把握する その1」への2件のフィードバック

  1. 今回の記事を読ませて頂いて、まさしく今自分が挫折ポイントにいることを自覚しました。現在はまだわずかに5日目ですが、特に目に見えた効果もなく、早くエロ動画を見てオナニーをして気持ちよくなってしまえという悪魔の囁きに心を支配されています。ただ、本日のさおけんさんのブログをしっかりと読み直して思いとどまることができました。
    さおけんさんのおっしゃるように、挫折ポイントを乗り切る王道は存在しないんだと思います。挫折ポイントに向き合い、思い通りの効果が得られなくとも(苦労に見合う確実な効果を欲しがるのは人間の傲慢さの表れだと思いますが。)、日々繰り返すエロに対する衝動と向き合い、愚直で単調な努力を続けていくことが大切だと感じました。

    1. >サトシさん
      「挫折ポイント」に気が付けて良かったです。
      悪魔のささやきはしばらく続くと思いますので、十分に注意してください。

      多くのオナ禁挫折者に共通していることは、「最初のうちの単調な努力(=エロ禁など)が続かない」ということにあるます。
      最初のうちは単調な努力が必要ですが、これを続けていさえいれば、エロの衝動も弱くなってきて、いずれは特段の努力をせずともオナ禁エロ禁ができるようになります。
      それが見えるようになるまでは少々の時間がかかると思いますが、諦めずに続けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です