オナニー依存から自己実現者(禁欲者)になるまでの5段階

オナニーに依存している状態(いわゆるオナ猿)から、禁欲者になるにまでには、次のような段階があると考えている。

マズローの5段階欲求にちなみ、私の完全なる主観により5ステップとした。

(「マズローの5段階欲求」はとても有名な考え方なので、ここでは説明を省略する。詳細はこちら wikipedia

 

 

<オナニー依存状態から自己実現者になるまでの5段階> 

  1. オナニー依存状態(オナ猿)
  2. 妄想癖
  3. 風俗利用
  4. カジュアル・セックス
  5. 自己実現(性欲からの解放)

 

Sponsored Link


 

1.オナニー依存状態(オナ猿)

パソコンやスマホ、個室DVD店などでアダルトビデオ(エロ動画)を見て、現実ではなかなか存在しないような超絶セクシーKawaii美女が誰かとセックスをしている姿を見て、興奮しながら自慰することにどっぷりとハマっている状態である。

この段階については、多くを語る必要はないだろう。

この段階にある人は、オナ禁の存在を知らないか、たとえ知っていたとしてもオナ禁できない人が大多数である。

またこの状態にあると、女性から見てキモいと思われても仕方ない状態と言える。

 

2.妄想癖

オナ禁の存在を知っており、ある程度オナ禁ができるものの、ついリセットを繰り返してしまう状態である。

オナ禁を通じてエロ禁の重要性を知り、エロ動画の依存からは少しずつ脱却しつつある点は、上記1の状態とは異なる。

だが、好きな女性との未体験のセックスを妄想したり、街角のエロ光景(チラリズムなど)をおかずにしてオナニーするなどの癖が残っている。

エロ動画ほどではないものの、現実では起こり得ないシチュエーションで性的な快感を得たいという妄想的な考えが残っている状態である。

 

3.風俗の利用

これはお金を払って現実の付き合っていない女性に射精を手伝ってもらう状態である。

ピンサロやヘルス、ソープなど現実の女性と性的な行為をすることにより、性的な快感を得ている。

彼女や妻がいても風俗に通う人はいる一方で、現実女性に相手にされない男性が風俗に走る傾向も見られる。

風俗利用の欠点は、愛のない性行為という点と、多額のお金がかかるという点である。

(主観だが、風俗に費やすお金を別のこと、例えばファッションや自分磨き、勉学などに投資をすれば、自分がレベルアップして現実の美女とデートできる可能性が高くなるはずだが、どうしても一時的な性的快楽の誘惑に負けてしまう。

ただし、上記1.の状態よりかは、風俗を利用したほうが現実女性との触れ合いもあり、エロ妄想をしないだけマシなので、風俗の利用自体は否定できない。現実女性とのトークも自分のレベルアップに有意義になることもある。)

 

4.カジュアル・セックス

世の「ナンパ師」と呼ばれる人や、ナンパはあまりしなくてもいわゆる「女好き」と呼ばれる人は、この段階に該当する。

街で外見が好みの素人の女の子を手当たり次第にナンパしてラブホに連れ込んだり、また向こうから寄ってきた女性があまり好みでなくても性欲解消のために手を出す傾向にある。

ここまでくれば、オナニーからは完全に卒業している人も多いと考えらえる。

この段階にまで来ると、話題が豊富だったり多趣味だったりと、人間として魅力的な人が多い印象がある。

 

5.自己実現(性欲からの解放)

禁欲することによって自己実現すること(自分の究極の目標を叶えること)を人生の最大の目標としている状態である。

この状態になると、自己実現を妨げるもの(例えば好きになれそうもない女性からの誘いなど)は避けることになる。

女性を性欲解消の対象として見ず、本当に心が通じ合う女性とのみ性行為を行う。

女は彼女(または妻)一筋」と考えている人は、この段階にあると言える。

(余談だが、以前私にメッセージをいただいたxxxx氏は既にこの段階にあると思われる。)

 

以上が、”the 5段階”の説明である。

これを読んで異論がある方もいらっしゃると思うが、完全なる主観ということで、ご容赦をいただきたい。

 

ところで・・・

いつもエラそうにこのブログで講釈を垂れている私は、今、上記のどの段階にいるのだろうか?

風俗は基本的に行かないが、性欲解消のためにパートナー以外の女性とカジュアル・セックスをしたいと思う時もある。

淫夢もよく見るしエロ光景に目を向けることもあるし、モテたいとも思っているので、私の潜在意識化では性欲から解放されているとは言い難い。

その一方で、自己実現すること(=自分の目標を達成すること)だけは最優先しており、場合によって女性からの誘いを断るときもある。

仮に英語のオンライン授業と女性とのデート日程が重なったとすれば、確実に英語の授業を優先するだろう。それだけ英語が好きだ。

だから、自分は4.と5.の間にいると信じたい。

まだまだ修行が必要だ。

 

 

Sponsored Link


 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です