オナ禁の効果:後悔しないほうの選択肢を選ぶ能力がつく

branch-road「一度きりの人生、後悔しないように生きろ」

とてもよく言われる言葉だが、この言葉を忠実に守ることのできている人は、一体どれだけいるのだろうか?

私も含め、後悔だらけの人はとても多いと思う。

私の人生において最大の後悔は、

「もっと若い時、10代の時からオナ禁をしておけばよかった」

である。

今はインターネットの時代であり、オナ禁を簡単に知ることができる、とても良い時代だと思う。

 

 

Sponsored Link


 

物事を始めるのに遅すぎることはないので、私は20代も後半になった頃から、オナ禁をしている。

もっと歳を取った時に後悔したくないからである。

ここでタイトルの話題になるが、世の中において、「行動」は究極的に見ると下記の選択肢2つに絞られると考えている。

選択肢A:失敗も成功もない行動をする(つまり何も行動を起こさないか、安全な道のみを通る)

選択肢B:失敗するリスクがあるが、成功すれば達成感を感じることのできる行動をする

 

オナ禁することで、

「後悔したくない。だから怖いけど思い切って選択肢Bを選ぶ」

と思えるようになる。

 

このことを実感できたことが最近起きた。

また留学時の話になるが、クラスメイトにとある日本人の女の子がいた。

その女の子は、キュートなタイプで明るくて話好きな雰囲気があった。

だから私は思い切って声をかけてみた。

今声をかけないと後悔すると思ったからだ。

彼女は笑顔で明るく答えてくれた。

声をかけて良かったと思った。

もし無視されたりしたら気まずくなるが、日本帰国後に会う可能性は限りなくゼロだ。

 

残念ながら私は先に留学を終え帰国したので、その子はまだ留学先にいる。

だけど、声をかけなかったら、「あの時に声をかけておけば良かった・・・」と思っていたに違いない。

後悔しなくてよかったと思う。

「もし声掛けに失敗しても、二度と会うことはないし、次がある。」

そう思える時は、思い切って行動することに対するハードルが下がっている。

 

「人生楽しんだ者勝ち」

これは一度きりの人生だから、快楽だけを貪ればいいという意味ではない。

私の場合、楽しむのはオナニーではない。

「楽しむとは、後悔しないように生きる」ということである。

 

アニメ「進撃の巨人」リヴァイ兵長の名ゼリフが頭をよぎる。

「どちらを選んでも結果は誰にもわからない。まあせいぜい悔いが残らない方を自分で選べ。」

 

 

Sponsored Link


 

オナ禁の効果:後悔しないほうの選択肢を選ぶ能力がつく」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。以前にも一度コメントさせていただきました。

    あれから2〜3日のオナ禁を繰り返しては、やぶってしまうことが続いています。
    日々の生活、仕事でも意志力の弱さが課題と感じています。
    原因を完全に断つ、のか、マインドセットの方法が悪い、のか、解決策がなかなか浮かびません。

    試みたこと:
    動画の見過ぎで速度制限に、エロ動画を禁じる→goole検索のサムネイルで頑張ってしまう
    抑制すればするほど、想像力豊かにfapが捗ってしまいます…。

    さおけん先生は、どのようにスタートのストレスを解決されましたか?過去記事も読ませていただいていますが、ざっばらんに教えてもらえると嬉しいです。

    p.s.
    ブログ名、NOFAP〜から変更されましたか?

    1. >オナキン・スカイウォーカーさん
      ご無沙汰しております。
      戻ってきていただいて嬉しいです。

      さて、中長期オナ禁リセット後に2〜3日オナ禁周期となるのは、誰しも通る道だと考えています。
      私も最初の頃はその繰り返しでした。
      ご質問のオナ禁初期時のストレス(イライラ)解消法ですが、私の場合はバテバテでヘトヘトになるまで走ることと、筋トレですね。
      この上ない達成感を味わうと、ストレスも吹っ飛んでいくような気がします。
      あとは記事にはしていませんが、ヒトカラ(一人カラオケ)も有効だったように思います(最近はめっきりカラオケに行かなくなりましたが)

      ブログ名の変更については、こちらの記事をご参照ください。

  2. さおけんさん、はじめまして。らりほーと申します。30代男性のです。
    いつも、公正で鋭い視点の意見、とても参考になります。僕は、中期間のオナ禁を続けていますが、これからは完全断謝生活を数年して行こうと考えております。クンダリーニヨーガも少しやりながら、自己改善や性欲の昇華なども模索中です。よろしくお願いいたします。

    1. >らりほーさん
      当ブログにご来訪いただきまして、またお褒めいただきましてありがとうございます。
      30代ということは私と同年代ですね。

      ヨガやインドの秘法は禁欲の上で本当に参考になりますね。
      ちなみに私は日本でインド人の禁欲者(50代・完全菜食主義者)にお会いしたことがありますが、その目の鋭さは想像以上でした。
      彼の目には、全てを見透かしているかのようなすごみがありました。

      当ブログも、らりほーさんの禁欲生活の一助になれば嬉しいです。
      らりほーさんの完全断射生活の効果も記していただければ、励みになります。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  3. いつも楽しく読ませていただいております。
    22歳です。

    オナ禁、早ければ早いほど良さそうなので思考錯誤しながら進めているんですが、どこかのタイミングで必ず39度に近いくらいの高熱が出ます(大体3週間目くらいです)

    オナ禁を始めるまではこのようなことは起きることは無かったので少し困惑しています。
    やはり並行して筋トレなど、オナ禁で体づくりができやすくなっている時を利用しするべきなんでしょうか?

    1. >ゆまさん
      いつも当ブログを読んでいたでき、ありがとうございます。
      22歳でオナ禁ができるのは、私からすると本当に羨ましいです。

      高熱については、好転反応(身体が良くなっていく時に起きる反動的な悪い症状)だと思われます。
      オナ禁とは別の例で言えば、禁煙にチャレンジしている人が、「禁煙すると頭痛がするようになった」というのをよく聞きます。
      これは元の習慣に戻そうととする脳の命令の一種で、またタバコを吸うと頭痛が止まることが多いらしいです。
      言うまでもないですが、元の喫煙習慣に戻ると禁煙の意味はありません。
      頭痛を乗り越えることが一つの試練になります。

      オナ禁に話を戻しますと、私もオナ禁初期の頃は、気分が落ち込んだり風邪を引きやすかったりと体調を崩しやすかったような記憶があります。
      これは上記の禁煙時と同じ、脳の指令から来ているのと、抜かないストレスが原因だと思っています。
      もちろんここで抜いたら負けなので、ゆまさんのおっしゃる筋トレや、または別のこと(勉強や趣味など)に打ち込んで体調不良を乗り切ることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です