(日記)オナ禁の効果をどのように使うか(エロ?または自己改善?)

オナ禁をすると、エロに関しては、論理では説明できないような不思議なことが良く起きる。

初対面の女性から好意のある目で見られたり、ずっと疎遠だった異性から突然連絡が来たり(その誘いに乗るか乗らないかは自分次第である)

また、オナ禁をすると意思力・継続力が強化され、仕事や勉強などが飛躍的に捗るようになる。

 

 

Sponsored Link



だが残念ながら、そのエロと自己改善の両方を同時に選択するのは難しいと感じる。女を優先すると自己改善の時間がおろそかとなり、自己改善を選択すると女がどうでもよくなる。

ここで女(カジュアル・セックス含む)を選択すると、オナ禁の効果が薄まってしまうと感じている。これは結局のところ、「なぜ自分はオナ禁をするのか?」という目的論に行きつく。

オナ禁をする目的は、大別すると次の3点だろう

  • オナ禁して女の子からモテたい(あはよくば、毎週末違う女と寝たい)
  • オナ禁して自分の夢を叶えたい
  • その両方(ぜいたく)

10代の若かりし頃であれば、「オナ禁して女の子からモテること、それがオナ禁をする全て」というのもアリだろう

言い寄られる女の数=オスとしての強さの証明だからだ。

だが歳を取るにつれて、女にモテることよりも優先順位の高い、自分の目標を達成したいという、いわゆる自己実欲求(マズロー心理学でいう最終段階の欲求)が強くなる。
私も含む世の中の多くの社会人は、毎日会社に行き、給料を稼ぎ、特別なことはあまりない平凡な毎日を送る

誰かから嫌われるわけでもなく、また好かれるわけでもなく、大きな波もない。

これはこれで見方によっては、理想の人生なのかもしれない。

女性の望む、「安定して平凡な生活が幸せ」というもの、否定はできない。

 

だが、人生は短い。歳を取るにつれて体力も衰え、それと同時に意思力も衰えるだろう。

また、いずれ結婚して子どもが生まれ家庭を持つようになると、家庭を守るために自分の信念を曲げるような”保身”に走るかもしれない。

(保身とは、例えば上司から会社を守るために違法行為をやれと言われて、おかしいと思いつつ断ることができないような)

そうなると、いつの間にか、幼き頃に見た自分の夢を忘れてしまう。

 

私は仕事を休んで留学に行き、本当に良かったと思う。

英語を学習するという共通の目的を通じて、色んな人に出会えた。視野も広がった。

自分は海外だとなぜか少しモテるということにも気がついた。

今まで自分とは違う、自分の知らない世界を見てみたい。

こう考える理由は、時間が限られているからだ。

30代も後半になると、40代・50代はあっという間にやってくるだろう。

オナ禁して女ばかりにかまけていては、自己実現をする時間がなくなってしまう。

気休め程度に遊ぶならいいが、エロのみが目的となると、大切な何かを失ってしまう気がする。

 

今のところは禁欲が継続できている自体には満足しているものの、まだまだ次のステージがあると考えている。

だからこそ、完全射精禁をして、どこまで自分が行けるのかを見てみたい。

一人で海外に行くという経験ができたのも禁欲のおかげだが、まだまだこんなものではないと感じる。

潜在意識化においてはまだまだ自分が未知の能力を隠し持っており、今の自分はそのことに気がついている。

ただその使い方・引き出し方を知らないだけである。

 

一つだけはっきりと言えることは、エロにかまけているとその能力を発揮できることはないということだ。

だけど、女の子にモテたいという気持ちは忘れたくない。

ジレンマである。

 


Sponsored Link



(日記)オナ禁の効果をどのように使うか(エロ?または自己改善?)」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。けんじと申します。

    私は、自分の人生を立て直したいという思いからオナ禁を始め、さおけんさんのブログに出会いました。
    まだ初めて4週間なのですが、表情がしまってきてるな、平穏を感じる時間が増えてきてるななど、わずかではありますが確実な変化を実感し、オナ禁は都市伝説ではなかったのだということを経験をもって知ることができました(笑)

    今日コメントを書かせてもらったのは、さおけんさんのブログから与えてもらった刺激に、どうしても感謝を伝えたくなったからです。
    以前の私には考えられない行動なだけに自分自身でも驚いているのですが、オナ禁の効果なのか「与えてもらった恩恵に対して感謝を伝えたい」という思いが強くなっているようです。

    長々と書いてしまいましたが、さおけんさんのブログをモチベーションに、禁断症状が襲う辛い時期を乗り越えることができました。ありがとうございます。
    これからも、さおけんさんの思慮深くもパワフルな記事を楽しみにしています。

    1. >けんじさん
      はじめまして、さおけんです。
      当ブログへのご来訪とコメントありがとうございます。

      初めてのオナ禁で4週間はすごいですね。
      私は初めてオナ禁を知った時は、3日くらいが限界だった記憶があります。
      顔が引き締まるなどの効果も出ているようですし、けんじさんは私よりもかなり早く自慰行為から解放できると思います。

      与えたものを返したくなるお気持ちと言うのは、難しい言葉で言うと「返報性の法則」といいますね。
      当ブログがけんじさんの禁欲生活のお役に立っているようで、とても嬉しいです。
      今後ともご期待にそえるような記事を提供できるように、努力いたします。

  2. お久しぶりです。らりほーです。先日はコメントありがとうございました。本日で68日目です。いつも、50日前後からムラムラが来てますが、若い証拠と感謝の気持ちで受け止めております。僕の仕事は、ヒューマンサービスの面が強いのですが、ここ1ヶ月、元気のない人や落ち込んでいる人の対応が上手くなってきたと感じています。(うぬぼれかもしれません。)自分のエナジーが増えているのかなと思っております。

    1. >らりほーさん
      オナ禁2ヶ月突破ですね。おめでとうございます。
      転職関係やメンタルカウンセラーのお仕事をされているのでしょうか?(←余計な詮索だと思いますので、無視してください)
      気分はその場にいる人に簡単に感染しますので、元気のない人に元気がある人が対応すると、素晴らしい効果が生まれると思います。

      らりほーさんの仕事では、落ち込んでいる人と話すことが多いようですので、オナ禁はうってつけだと思います。
      決して自惚れではないと思いますね。(たとえば松岡修造さんのような)エネルギッシュな人は、とても魅力的に見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です