~コラム~ 顔と目が引き締まる瞬間

オナ禁をすると顔が引き締まる。

だが、仮にオナ禁をしていなくても、オナ禁者のように”自然と”目と顔が引き締まる瞬間がある。

これらの瞬間は、自然とテストステロン値が上がっている状態にあると思われる。

その瞬間について、一般論と個人的な話を混ぜて話そう。

(出典:「こちら亀有公園前派出所」本田速人巡査)

 




 

・仕事服(=戦闘服)に身を包んだ瞬間

サラリーマンであればスーツとネクタイ、工場勤務であれば作業着、パイロットであれば制服、医者であれば白衣、スポーツ選手あればユニフォームなど。

「これから戦う」という気持ちが出てくる。

もし仕事に気が向かなかったとしても、こういった服を着ることでやる気が出てくる。

 

・バイクにまたがった瞬間

私は昔バイカーだったのだが(今は降りた)、バイクにまたがった瞬間は目がキリっとし顔が引き締まっていたような感覚があった(喩えるなら、まさにこち亀の本田速人巡査のような)

バイクは車と違ってバランスを保たなければ転んでしまうし、もし何かにぶつかったら自分が大けがをする。

だからバイクにまたがった瞬間、否が応でも真剣になる。

(自慢話をするが、過去に「私がバイカーだったから好きになった」という女の子がいる。ちなみに当時の私はオナ猿だった。)

 

・大舞台の前にタバコを吸う瞬間

「さあやるぞ」という舞台の前に吸うタバコは、気持ちがピシッと引き締まるらしい。

苦いブラックコーヒーを飲むのと似たような感覚だろうか。

私は喫煙を推奨しないものの、こういった感覚になるのは何となく理解できる。

 

・銃を構える瞬間

日本では特定の職種以外は非合法でできないことだが、銃を持つとテストステロン値が上がって顔が引き締まるらしい。

あくまで、たとえということで。

 

・海外の地に降り立った瞬間

治安がとても良い日本と違い、海外は場所によって危険がある場所もある。

そのため、海外にいるというだけで自然と戦闘モードに入り、顔が引き締まる。

そういった場所では、日本のように財布をズボンの後ろのポケットに入れたり、リュックを背中に背負ったり、人通りの多い場所でガイドブックやスマホを眺めたりはできない。

日本語で話しかけてくる現地人もよくいるが、丁重に断るようにしている。

 

・喫茶店などで美人の隣の席に座る(もしくは座ってくる)瞬間

これに詳細な説明は不要だろう。

私は美人を過剰に意識しないが、隣に誰もいないよりかは自然と目が真剣になるのを感じる。

これは別名、「かっこつけ」とも呼ぶ。

 

・走る前に家を出る瞬間

私はランニングの習慣をするようになってからそこそこの期間(数年間)が経っているのだが、ランニングウェアに着替えて家を出る瞬間、いまだに緊張する。

「途中でしんどくなったらどうしようか」とか考えるからだ。

そんな時は無理をせずに歩けばいいだけの話なのだが、目標としている距離を完走して爽快感を味わいたいというプレッシャーが、自然と緊張状態にさせる。

これが良いプレッシャーとなって、真剣な顔になり、呼吸が深くなり、背筋が伸びる。

 

 

(おまけ)顔が目がだらしなくなる瞬間

・エロい動画を見て興奮して鼻の下を伸ばしている瞬間

説明は不要だろう。

 




~コラム~ 顔と目が引き締まる瞬間」への4件のフィードバック

  1. 先日は瞑想についての質問への返答、ありがとうございました。紹介して頂いた本、読んでみようと思います。
    今回は記事にある「かっこつけ」についてです。僕は今受験生なのですが、塾で勉強するとき近くに魅力的な異性がいると、どうしても必要以上に意識し集中も出来ず疲れてしまいます。誘惑を避けるために家から出て塾へ行っているのに、この様な状態が続くなら家の方がいいのではないかと思った矢先、やってしまった前回リセットです。
    元々”緊張しい”だというのもあるのですがやはりオナ禁が続かないことへの自信のなさ、過剰に女性を上に見る考え方もあると思います。こういった状況の打破、意識の変革について何か意見を頂けませんでしょうか?長文すみません。。

    1. >さもとらさん
      カワイイ女の子の近くに座るのはやはり緊張しますよね。
      誰が近くに居ようとも気にせずに勉強に全神経を集中することです。
      もしくは、敢えて近くに誰もいないような場所や、他の受験生がまったく視界に入らない場所に座ることをおススメします。
      私が受験生の時は、よく一番先頭の一番端っこの席に座っていました。
      これだと他の人が目に入りにくく、勉強1点に集中できます。

      受験生にとっての成功は志望大学の合格であり、女の子に気に入られることではないと思います。
      また私の受験時代の話になりますが、ミニスカなどを履いた露出度の高い女の子は「受験勉強の敵」とみなして徹底的に避けていました。
      勉強に関していえば、当時の私は女を下に見ていたと思います。
      「自分のほうがあの女達よりも圧倒的に勉強している」といった、やや自信過剰な面もあった気がします。
      (ただし、当時の私はその代わりにエロ本やエロ動画などの架空の世界にのめりこんでしまっていたので、さもとらさんはこんな私のようにはならないでください)

      1. 環境を変えたり優先順位を思い出したり、基本は何事にも共通しますね。「受験勉強の敵」共感です。「天然のハニートラップ」とでも言いましょうか(笑)
        やや過剰でも自信を抱く根拠があるだけ、受験生時代のさおけんさんは凄いです。僕は”(続かない)オナ禁が中心の生活”といった本末転倒な期間がここ1年弱あり、根拠となるようなものを持てていません。言い訳にすぎませんがこれはオナ禁を知った一つの弊害かもしれませんね。
        来春「オナ禁を知って良かった」と自分に感謝できるよう、頑張っていこうと思います。win-winの関係かは分かりませんが、今後も時々お力を貸して頂けると幸いです。

        1. >さもとらさん
          きわどい格好をしている女の子は「天然のハニートラップ」ではなく「意識的なハニートラップ」かもしれませんよ。
          本試験で、暖房が効いているのをいいことにタンクトップ+ミニスカ(ショートパンツ?)で試験を受けている女の子がいましたし。
          うがった見方かもしれませんが、「自分の席の周りの男を誘惑して集中させなくして少しでも試験に落として自分が優位に立とう」という、ひどい考えの女の子だったのでしょうか。。

          私の受験生時代はオナ禁をまったく知らなかったので、「オナニーはストレス解消の方法」だと割り切っていました。
          結果として志望大学には合格できましたが、もし当時の私がオナ禁を知っていたとしたら、もっと上の大学を狙えたことは確実です。
          さもとらさんが受験される今の時代はオナ禁の情報が簡単に手に入る良い時代だと思いますので、それを生かすか殺すかは自分次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です