「もう続けられそうにない」と感じた時に思い出すこと

欲望物事をするのがめんどくさくなる時もある。

やる気がなくなる時もある。

体調が悪い時もある。

効果ないしもうやめてしまおうかと考える時もある。

これらは自分だけに起きることではない、あらゆる人が同じように考える瞬間がある。人間だから。

これらを乗り切るためには、どうすればいいか? (さらに…)

続きを読む

物事を継続させる方法~「偽りの高揚感」の否定~

限界疲労何事も、物事を始める一番最初の”初日”は、やる気に満ち溢れる。

新しい物事を始めることで、変わることのできた将来の自分が見えるような気になって、気分が高揚するからである。

ところが物事を始めてしばらくすると、目新しい出来事はなくなり、物事を行うのに徐々に嫌気がさしてくる。 (さらに…)

続きを読む

~コラム~ オナ禁効果などのマンネリ化

skyどんな夢のような出来事であっても、時間が経てばマンネリ化することは避けられない。

極端な例だが、仮に人が空を飛べるようになったとして、最初のうちはものすごく感動することだろう。

だが、年がら年中空を飛んでいると、空を飛ぶことが当たり前となって、最初に感じた感動も徐々になくなってくる。 (さらに…)

続きを読む

(日記)オナ猿だけどモテ効果

昔話になるが、私が18歳のクリスマス時、彼女はおらず独り身だった。

独り身の寂しさ(=自分が男として認められない悔しさ)から、クリスマスの2日間とも部屋で自慰行為にふけっていた。

当時はインターネットはあったものの、今ほど回線は速くはない。

ダイヤル回線でテレホーダイ(23時以降定額)の時代である。(これが分かる人は年代がバレるだろう) (さらに…)

続きを読む

オナ禁継続のコツ:(性欲解消以外で)達成感を得る

ゴール私が自慰行為の呪縛から自由になることができたのは、このタイトル(性欲解消以外の達成感)によるところが非常に大きい。

私はオナ禁を始めてからというもの、「今の自分には少しハードルが高いかも?」と思われるようなことにも、臆することなくチャレンジするようになった。

もちろん、そのすべてが成功するわけではなく、中には失敗することもある。
(さらに…)

続きを読む

モテるコツ:得意分野で勝負する

モテるためには、自分の得意分野で勝負するべきである。

経営学者ピーター・ドラッカーの言葉を借りると、「強みの上に築け」である。

弱点を克服するよりも、強みを伸ばしたほうが、結果として成功するのが早いという理屈だ。

これはビジネスだけでなく、日常生活においても使える言葉である。 (さらに…)

続きを読む

長期オナ禁の効果:他人にやさしくなる(平穏な気持ちが手に入る)

賢者タイム個人的には、この効果(人にやさしくなる)というのは、長期間のオナ禁が成功している一つのメルクマール(指標)だと考えている。

例えば、混んでいる駅のホームで誰かにぶつかられた。

そして、その誰かは謝らなかった。

こういったことが起きた場合、その人に怒りを感じるか、何事もなかったかのように見過ごすかの違いだ。 (さらに…)

続きを読む