中期オナ禁継続のコツ:”安定期”後の強い衝動を乗り越える その1

中期(1カ月)のオナ禁をすることは、難しいように見えて、実は意外とハードルは高くない。

禁欲に慣れてきて、エネルギーを注ぎ込めるようなやりたいことも見つかり、日々を忙しく過ごしているならば、あっという間に1ヵ月という期間が過ぎるだろう。

私はこれを”安定期”と呼んでいる。

 

 




 

 

「安定期」に入る30日を超えると、かなり性欲が落ち着いてくる。

エロ動画を見たいとも思わなくなってくるし、街角のエロ光景も冷静にかわすことができるようになっている。

「なんだ、オナ禁なんて超余裕じゃん。なんでこんな簡単な事にみんな苦労しているんだ?」

その時はこのように感じることだろう。

 

ところが・・・

この1カ月という節目を超えた頃、そして忙しさが落ち着いてきた時が、要注意である。

”何かのはずみ”でムラムラのスイッチが入ると、今までに感じたことのなかったような強烈な性欲が襲ってくる

これはまるで、ダムで今まで長い間せき止められていた水が解放され、一気にあふれ出してくるような、そのような感覚だ。

はたして、この猛烈に押し寄せてくる大波のような性欲を押しとどめることができるだろうか?

 

私はオナ禁初期の頃、この強烈な村々に散々悩まされた。

2~3ヶ月のオナ禁 → オナ猿を繰り返していた。

2カ月超もオナ禁できていたのに、なぜリセットをしてしまい同じことを繰り返してしまうだろうのか?

オナ禁奮闘中にずっと考えていたが、禁欲や意思力の勉強をしていくうえで、その答えが分かった。

その2に続く)

 

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です