PPAPから学ぶ、複数の物事を組み合わせることの効果

ppap複数の物事を組み合わせることによって、爆発的な効果が発生する。

最近流行りのシンガーソングライター・ピコ太郎さんのPPAP(Pen Pineapple Apple Pen)では、日常生活のどこにでもあるような「ペン」と「リンゴ」と「パイナップル」を単純に組み合わせただけで、 Youtubeの再生回数1億回を突破し一気に世界に躍り出た。

(もちろん、強面の外見にキャッチ-な音楽とコミカルなダンスのギャップもその人気に火をつけている。)

 




 

その一方で、他のオナ禁者の悪口になるかもしれないが、私が昔読んでいたオナ禁ブログで、オナ禁を否定して去っていったサイトがあった。

そのサイトの最後の一文には、このようなことが書かれていた。

 

オナ禁なんかするよりも英会話を勉強したほうがよっぽど自分のためになる。だからもうオナ禁やめる」

 

これを読んだ私は首をひねった。

「なぜオナ禁と英会話の両方を一緒にやらないのだろうか?」と。

これはつまるところ、オナ禁は無意味だと言いオナ禁を否定することによって、快楽を享受する習慣に戻ってしまう自分を正当化しているだけだろう。

つまり自分に甘く、オナ禁から何も学ぶことができなかったといえる。

(だが、人間だから快楽に負けてしまうのはある意味仕方がない。

このオナ禁サイトの管理人がオナ禁を否定するのもその人の人生だし、他人の私がどうこう言える資格はない。

もし私が「高い報酬だが体力的・精神的に非常に辛い仕事」と、「報酬はないがゆっくりと温泉に浸かれる権利」のどちらか選択しろ言われたら、もしどうしても疲れている時であれば後者を選択するだろう。)

 

 

私が禁欲の経験で得たものから言えることは、繰り返しになるが、オナ禁と英会話の勉強など複数の物事を同時にできない理屈はない。

ペンとリンゴとパイナップルとキャッチ-な音楽にコミカルなダンス、それに加えて強面の外見・・

これらを単純に組み合わせただけで、爆発的な効果(エネルギー)が発生した。

オナ禁にもこれとまったく同じことが言え、複数の物事を同時に実施したほうが相乗効果が発生する。

方法は単純合算(足し算)だが、その効果は相乗効果(掛け算)である。

 

iPhoneの生みの親である故スティーブ・ジョブズ氏も、

「私はdot(点)とdot(点)を組み合わせただけ」

と言っていたが、組み合わせることによって単純合算をはるかに超えた相乗効果を生み出している。

相乗効果の大切さについて、ピコ太郎さんのヒットによって改めて学ぶことができた。

会社の忘年会では、「ピコハラ」(ピコ太郎さんの物まねを上司から強制されること)に注意だ。