オナ禁継続のコツ:(性欲解消以外で)達成感を得る

ゴール私が自慰行為の呪縛から自由になることができたのは、このタイトル(性欲解消以外の達成感)によるところが非常に大きい。

私はオナ禁を始めてからというもの、「今の自分には少しハードルが高いかも?」と思われるようなことにも、臆することなくチャレンジするようになった。

もちろん、そのすべてが成功するわけではなく、中には失敗することもある。

 

 




 

だが人生における一番の失敗は、「チャレンジしないこと」だと考えている。

これはつまり、「物事から逃げる」ことだ。

困難に直面した時、向き合うことなく投げ出して逃げる。

これはまさに、何か辛いことがあればすぐに目先の快楽に逃げ込むような、オナニー依存的な思考回路と言える。

 

チャレンジすることには、常にリスクが伴う。

そのリスクとは、お金を失うかもしれない、大勢の人の前で恥をかくかもしれない、危険な目に合うかもしれない・・など。

だが、チャレンジをしなければ、成功することもない。

このことはキレイ事に聞こえるかもしれないが、オナ禁でチャレンジ精神が身に付いたことは事実だ。

 

私の最近の例で言えば、留学に行ったり、単独で海外出張に行くのも、いずれもチャレンジである。

海外は日本ほど安全ではないし、言語の違いという高い壁も存在する。

「海外は日本と同じようにはいかない」、これがリスクである。

だがこのリスクは、対策することでいくらか低減することができる。

ただひたすらにリスクを下げる努力をしたことで、振り返ってみるといずれも無事に終わらせることができた。

そして、経験値が上がった。大幅に。

海外で全てを終え帰国の飛行機に乗っている瞬間、言葉では表すことのできないほどの達成感が得られた。

これはまるで、ドラクエでメタルキングやはぐれメタルを苦労して倒した後に流れるレベルアップ音の連続が頭の中に流れているような、そのような感覚だ。

この達成感によって得られる快楽は、簡単に手に入る性欲解消の一時的な快楽を遥かに超える。

だから、一度この「達成感の快楽」を味わってしまうと、オナ禁は止められないし、もちろん今後もやめるつもりはない。

 

オナ禁をすると、物事が良くなり、正のスパイラルが発生する。

もちろん全てがうまくいくわけではなく、時には下がることもある。

だが諦めずに続けることで、必ず達成感を味わえる瞬間が来る。

その達成感を得られる時が来ることを信じ、ただひたすらに自己改善を行い続ける。

オナ禁は必ずやその手助けをしてくれるだろう。

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です