人は自分の”意識”を変えることはできない

「さあオナ禁するぞ!」

こう意気込んで、オナ禁ブログやツイッターの禁欲アカウントを開設した。

でも、しばらくしてまた元の習慣に戻ってしまう。。

こんな人は多いのではないだろうか。

 

 




 

まずは、このことを頭に叩き込む必要がある。

人間は意識を変えることはできない。

変えられない理由は非常に簡単で、人間は「楽」(楽しいことやラクできること)が大好きだからである。

たとえば「温泉が嫌い」という人は非常に少ないと思う。

人が温泉好きな理由は「温泉は体がポカポカ温まって気持ちが良い。健康にも良い。」という、これも一種の「楽」だからである。

そして温泉が好きなことについて、誰も責める人はいない。

人が温泉につかることのように気持ち良くなれることを求めるのは、いわば”本能”である。

 

この人間の”本能”を理解しないことには、オナ禁の次のステップには進めない。

オナ禁でいえば、エロ情報を破棄しないでオナ禁をしようとしても、うまくはいかないだろう。

エロ情報を残したままオナ禁をするというのは、例えるならば、過度の空腹時に目の前に牛丼が置かれているような状況と同じだ。

この時に性的な衝動に襲われたら、温泉を求めるのと同じように、快楽という「楽」を求めて、簡単にエロ動画に飛び付いてしまうだろう。

 

ただし、意識を変えることはできなくても、自分の置かれている環境を変えることはできる。

オナ禁(エロ禁)を継続したいのであれば、エロ情報の破壊・アダルトサイトブロッカーの導入などによってエロのない環境を整える。

こうして自分の置かれている環境を物理的に変え、物事ができない状況に強制的に身を置くことで、その結果として自分が変わることができる。

 

オナ禁に何度も失敗しているのは、環境が変わっていない(環境を変えていない)ことが多い。

オナ禁以外の例で言えば、英語を身に付けたいのであれば英語しか使わない環境に身を置く。

サッカーが上手くなりたいのであればサッカークラブに入る。

これは至極当然のことであるが、オナ禁ともなるとなぜかエロ情報を削除しないでオナ禁始める人が多いように見受けられる。

もしも「スマホに手を伸ばせばエロが見られる」という環境にあるとすれば、オナ禁をする前から失敗している。

自分の目の前から、ありとあらゆるエロ情報を完全に消去する。

これが環境を変えるということである。

 

エロを求めるのは人間の本質(本能)であり、この意識自体を変えることはできない。

だが自分の環境を変えることによって、エロを求める心を抑制することが可能になる。

 

 




 

人は自分の”意識”を変えることはできない」への8件のフィードバック

  1. 今回の記事に関しまして、まさしく僕に当てはまるような内容でした。去年オナ禁を決意してから何回もリセットを繰り返し、オナ禁継続期間はまだ1ヶ月も超えません。原因はやはりどう考えてもエロ禁の不徹底にあります。さおけんさんのおっしゃるようにオナ禁に限らず何かをしたいと思ったら環境を変えてしまうことが一番有効であると思います。
     僕の場合はエロ情報についてはスマホとパソコンのエロ動画が9割を占めています。本当に指先ひとつでエロ情報に到達出来る恐ろしい時代ですね。。。一昔前のように手元にあるデータやDVDを全て破棄しても、インターネット上に行けばそれこそ新しいエロ動画をすぐに見ることができます。
     なので、先日スマホは解約してガラケーにしました。ただパソコンは仕事上どうしても必要なので、解約はできていません。パソコンは2重、3重とアダルトサイトブロックをかけているのですが、一旦性衝動に襲われるとそんなのものともせずにブロックをかいくぐり、エロ動画を見てしまいます。こんな甘いことではいつまでもオナ禁に挑戦し続け、失望を味わい続けることは目に見えています。
     さおけさんはオナ禁初期の頃にエロ禁に関して何か工夫されたり、徹底されていたことはありますか?もし何かありましたら教えていただければと思います。
     こういった性(エロ動画・オナニー)に関する依存はタバコやお酒と違って一般的にはタブー視され、親しい人にもなかなか相談できず、このさおけんさんのブログでのみ自分の本当の悩みを打ち明けることができています。本当に感謝しております。
    長くなって申し訳ありません。

     

    1. >サトシさん
      スマホからガラケーに変えたのはものすごい勇断と行動力だと思います。
      人間は一度便利に慣れてしまうと、前の不便な生活に戻ることは非常に困難です。
      私はスマホで英語の学習や電子書籍を読んだり海外からスカイプを使ったりして、スマホが手放せなくなってしまっていると思い込んでいたのですが、もしスマホがなくても紙の本やミュージックプレーヤー・PCでのスカイプという選択肢もあるので、これは私の単なる怠慢であり、私も他の大多数の人と同じスマホに依存してしまっている状態なのでしょう。
      私は、ガラケーに変えたという具体的な行動を起こしたサトシさんを尊敬します。

      さて、私も過去に同じ経験がありますが、ムラムラするとオナ禁していることは頭からふっとんでしまいました。
      またその時に性欲を満たすための行動エネルギーは膨大で、手間を手間ともまったく思わなくなります。
      (たとえるなら、中学生の時にわざわざ隣の町まで自転車で1時間もかけてAVを借りに行ったときのような感じです)

      私のエロ禁時にやっていたことは、PCにアダルトサイトブロッカーの解除パスワードをぐちゃぐちゃに入れて、完全にパスワードを忘れてしまうことでした。
      こうすることで、そのPCでエロ動画を見るためには、ブラウザーを再度インストールし直すしか方法がなくなります。
      エロ情報を完全に遮断して「環境を完全に変えてしまう」という方法、私の場合、本当にエロ禁とオナ禁継続に役立ったように思います。
      (ちなみに今はパソコンを変えてブロッカーも入れていないので、こんなエラそうなこと言っても説得力が全然ないですね。すみません。)

  2. 僕は4ヶ月前にオナ禁というものを知り、知った瞬間にすべてのエロ動画、エロ本、エロサイトのショートカットを捨てる&削除しました。それ以来オナニーはしていませんし、エロ禁もほぼ破ってません(一度だけネット広告のエロ漫画を読んでしまったことはありましたが…笑)
    と、こういうと僕がとても意志力の強い人間のように思われるかも知れませんが、違います。僕は逆にダイエットなどはすぐに挫折してしまいます。
    思うに、僕が苦もなくオナ禁を継続出来ているのは、夢を持っていること(明確な目標があること) と、オナニーの害をハッキリと自覚していたことが大きいのではないかと思います。
    例えば、体調がやや悪いときにオナニーをすると、僕の場合かなりの確率で鼻水が出て、ひどいときには風邪を引きます。また、(恥ずかしい話ですが )1日に2回、3回とオナニーをすると、猛烈に頭(左の上の方)が痛くなりました。こんなことを何年も繰り返していたので、心のどこかでうっすらと「もしかして、オナニーってすごい体に悪いんじゃないか?」と気づき始めてました。
    そんなときにオナニーの害を知ったので、「やっぱりそうか!」と思い、なんの躊躇もなくエログッズを捨てられたのだと思います。
    物事を継続するコツは、1、明確な目標を持つこと、2、デメリットをハッキリ理解すること、3、環境を整えること、ではないかと思います。意志の力だけでエロの本能に勝つのは…やっぱり難し過ぎますからね(笑)

    1. >山崎さん
      オナニーの害については、私もまったく同じような体験がありました。
      私のオナ猿時代は年がら年中鼻水が出ており、また風邪を非常に引きやすかったです。
      また、オナニーではなくセクリセであっても、射精翌日は眠気が強く集中力が格段に落ちていました。

      自慰行為のデメリットを理解することで、オナ禁もはかどりますね。
      エロを求める力は本当に強力なので、意志力だけでオナ禁の継続させることはまず不可能だと思います。
      やはtり、すっかり環境を変えてしまうのが一番ですね。

  3. さおけんさん
    ご返信ありがとうございます。スマホに関しては、僕の場合はさおけんさんのように電子書籍やスカイプ、英語の活用に使ったりと有効なスマホの使用をしていなかったので、けっこうすぐに止められたのかもしれません。本当に恥ずかしい話、ほとんどLINEとエロ動画のためにしか使っていなかったので(笑)、道具を使っているのではなく、単に道具に使われているだけだと思いましたので。
     また、PCのアダルトサイトブロッカーですが、今僕が使っているのはGoogleの拡張機能やセーフサーチのようにブロックしていても割りと簡単に解除できてしまうものなので、パスワードを入れなければ解除できないようなものを導入してみます。とにかく、環境をしっかり整えてエロ禁を見直していきます。
     {追伸}今年もあとわずかで終わりですが、今年はオナ禁の継続はイマイチの成果でしたが、さおけんさんのブログに出会えたことがとても素晴らしい出会いで、今年の成果でした。ありがとうございます。来年も拝見させて頂き、勉強させてもらいます。今年一年ブログの執筆本当にお疲れさまでした。(まだ2016年もう少しありますが。笑)

    1. >サトシさん
      「道具を使っているのではなく、道具に使われている」というのは名言ですね。
      歩きスマホをしている人が多いという状況は、きっとスマホを使っているのではなく、スマホに使われているという状態なのでしょう。
      私もスマホに使われないよう、今後も努力します。
      サトシさんのおかげで新たな気づきがありました、ありがとうございます。
      来年も引き続きよろしくお願い致します。

      アダルトサイトブロッカーですが、下記が参考になるかもしれません。(どれを使っていたかは忘れましたが、無料のものでした)
      http://freesoft-100.com/security/filtering.html

      1. さおけんさん
        アダルトサイトブロッカーの件ありがとうございます。早速調べて導入してみます。
        来年もよろしくお願い致します。

  4. 山崎さん
     オナ禁を知ったときからすぐにエロ禁を徹底され、オナ禁を長期継続されていることまことに尊敬します。またそれと同時に自分の弱さを自覚できました。また、意志力ではなく、1、明確な自己の目標を持つこと 2、オナニーのデメリットをハッキリと理解すること 3、環境を整えることの三点につきもう一度自分の中で確認してオナ禁に臨みたいと思います。
     山崎さんの成功体験、非常に参考になりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です