オナ禁を継続するためのバイブル「続ける習慣」「やめる習慣」

ダイエット本、禁煙本、禁酒本など・・・

物事を継続するための本は、本屋に行けば履いて捨てるほどある。

出版社は手を変え品を変え、タイトルは違えど内容は同じような本を毎年のように出版している。

そういった「努力の継続本」が履いて捨てるほどあるということは、それだけ”需要”がある、つまり物事の継続が難しいということだろう。

 




「オナ禁を継続できる本」は書店に売ってない?

「ダイエットができる本」「禁煙ができるようになる本」という本はいくらでも売っている。

だが、「オナ禁が継続できる本」というタイトルが付けられた本について、少なくとも私は本屋で見たことがない。

「オナ禁は、酒やタバコと同じように体に害がある」ということについて、日本ではまだ社会的に認識されていないからだろう。

また、オナ禁はポルノやオナニーといったアダルトな内容を含んでいるというのも理由として考えられる。

だが、「オナ禁が継続できる本」を手に入れることは、事実上可能である。

それは、世に出ている一般的な「継続本」の単語(ダイエット・禁煙・禁酒)を、”オナ禁”という単語に読み替えて読めばいいだけである。

そのための本としては、私はこれらを推奨する。

続ける習慣 ~30日で人生を変える~」と、

やめる習慣 ~新しい自分に生まれ変わる~」

の2冊だ。

(hontoの電子書籍より)

 

習慣化コンサルタント(習慣化のプロ)の本

これらの本は、習慣化コンサルタント、つまり習慣化のコツについて教えることを職業としている、古川武士氏によって書かれた本である。

米国スタンフォード大学教授で美人のケリー・マクゴニガル先生の著書「スタンフォード大学の自分を変える教室」とともに、私のバイブル本になった。

 

最初は単なる興味本位でこの書籍のオーディオブックを入手し、聴いていた(単純にオーディオブックの値段が安かったというのもある。オーディオブックはたまに大セールをやる)

だがその内容を聴いていくうち、

これは・・・まさにオナ禁のことを言ってるんじゃないだろうか?

と思うくらいに内容が素晴らしかった。

そのため、オーディオブックの音声だけでは飽き足らず文字も読みたくなり、書籍(電子書籍)でも購入してしまった。

 

物事を始めるにあたって、途中で挫折する人と継続できる人の違いが明確に述べられている。

特に、”続けられる人は挫折ポイントをうまく乗り切るコツを知っている”という点については、大いに参考になった。

「続ける習慣」の冒頭に出てくる2名、吉田氏(物事を続けられない人)と、新井氏(物事を続けられる人)の話は、そのまま”オナ猿”と”オナ禁者”と読み替えることができる。

 

この本の中で、1点だけ、私個人の体験談として完全には同意できなかった部分がある。

それは、「新たに始める習慣は1つに絞るべき」という氏の主張である。

その根拠を要約すると、

「複数のことを一気に始めると、負荷が重くなってどれも中途半端に終わるから、一つに絞るべき」

というものだった。

 

私が物事を継続させる際のコツは、この主張とは全くの真逆だ。

色んな事を一度に一気に始めたほうが、物事に対する意思力が上がり、相乗効果もあり、結果として物事が続いているように思う。

オナ禁・ランニング・英語の学習・筋トレ・読書 など・・

これらを始めた時期はそれぞれ多少の時期の差があるのだが、それぞれが相乗効果をもたらすことで、物事の継続がうまくいっている。

(このことは、当ブログ内の「掛け算の力」という記事内でも述べている。)

 

 

「オナ禁を継続できる本」は手に入る

内容的には一部について主張の相違があれど、全体としては「オナ禁」と置き換えることによって、そのまま「オナ禁を継続させるためには~」と読むことができる。

つまり、「オナ禁が継続できる本」は本屋で手に入るということになる。

オナ禁が続かないと嘆いているあなた、当ブログも含むオナ禁ブログだけでなく、これらの本も手に取ってみてはどうだろうか。

ブログと共通する部分の他にも、新たな発見があるはずである。

ちなみに、オナ禁はオナニーを”やめる”ことだから、「続ける習慣」よりも「やめる習慣」のほうを選びたいところだが、まずは先に「続ける習慣」を読んだほうが話が繋がってわかり易くなるだろう。

 

 

オーディオブック版はこちら

 




オナ禁を継続するためのバイブル「続ける習慣」「やめる習慣」」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。

    「続ける習慣」を買って、一気に読みました。完璧主義者の私はできない日があるとやめてしまうことが多々ありました。しかし、この本を読んでルールを作るとできそうな気がしました。
    これから自分が変われる気がして楽しみです。おな禁はもちろんですが、掃除だったり他の良い習慣も身につけて自分を律することができる男になりたいと思います。
    この本を紹介してくださりありがとうございました。次は「やめる習慣」も読んでみたいと思います

    1. >まんゆうさん
      もし今まで当ブログにコメントを書き込んでいただいたのに、書き込みがコメント欄に反映されていない場合は、コメント欄の不具合によるものです。
      現在、コメント欄は修復済みです。
      申し訳ありません。

      「続ける習慣」「やめる習慣」は名著だと思います。
      記事の通り私は最初は「続ける習慣」をオーディオブックでその内容を聴いていましたが、「まるでオナ禁者のためにある本ではないか」と目(耳)から鱗が落ちる思いでした。
      私は比較的物事が続けられていると思ってはいますが、しばらくしてからこれら継続本を読み返した時に、「あっ!忘れてた!」と気づかされることが数多くあります。
      そういう意味で、一生付き合っていける本だと思っています。

      まんゆうさんは完璧主義者ということですので、下記の記事も参考になるかもしれません。
      オナ禁継続のコツ:完璧主義を捨てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です