「30代半ば男・収入そこそこ・性格問題なし」なのになぜ結婚できない?

これは私の話ではなく、私の周りにいる人たちの事である。

これ以降、私の周りにいるその30代中盤~後半の人たちを、便宜的に「彼ら」と呼ぶことにする。

彼らと話していると、どうやら結婚したい願望はあるようだ。

だが、彼女ができるような気配は今のところない。

それはなぜだろうか?

 




オナ禁(オナ減)だけじゃモテない?

私の周りにいる彼ら(=30代中盤~後半の未婚者たち)は、結婚願望をそれなりに持っている。

親から「早く孫の顔が見たい」とせっつかれているというのもきっとあるのだろう。

 

私の見る限り、彼らはエロ動画や風俗といった女性に関連する性的なものや行為に対して、ほとんど興味がないようにみえる。

(むしろ既婚者の集まりのほうが、お勧めのAV女優や下ネタの話で盛り上がっている。。)

つまり、彼らはオナ禁者(またはオナ減者)である可能性が非常に高いと私は考えている。

だが、オナ禁(またはオナ減)をしているにもかかわらず、みんな彼女はいないようだ。

彼女がいないので、当然、結婚もできない。

では、なぜ彼らは女性に縁がないのだろうか?

 

結局、”いいひと”だけで終わる

彼らはみんな得てして、仕事をきっちりとこなし、礼儀正しく、周りの誰に対しても人当たりがとても良い。さらに清潔感もあるしオシャレにも気を使う。

男の友人として見ると、とても付き合いやすい人たちだと感じている。

だが心を鬼にして言うならば、”いいひと”だけでは女の子にモテない。

なぜか?

 

「誰に対しても人当たりがいい」ということは、裏を返すと、「自分の本音を言って誰かに嫌われるのが怖い」とも取ることができる。

”八方美人”というほうがわかり易いだろう。

私個人の話で恐縮だが、私はどちらかというと、「イヤなことはイヤ」とはっきり主張するタイプである。

そのため、たまに価値観の合わない人や敵を作ることもある。

だけど、自分の持つ信念を曲げてまでイヤな事はしたくない。

仕事ならやらなければ仕方ないことがあるかもしれないが、いくら仕事であったとして、もし自分の信念を曲げるようなことを強制されたとしたら、私は本気で転職を考えるだろう。

 

だが、彼らを見ている限り、その「イヤ」というセリフを言うことがなかなかできない。

本音ではイヤに思っていても、依頼された人に嫌われたくないから、つい「OK」と言って本当はやるのがイヤだと思っている仕事を引き受けてしまう。

嫌われるのが怖くて、典型的な”いいひと”になっているように思う。

 

そして”いいひと”とは、”都合のいいひと”という意味にもなる。

彼らを女性側の視点で見たとしたら、

「この人は何でも私の言うことを聴いてくれる、とても都合の良い人♪」

という評価をされてしまう。

これはつまり、彼らのような男性は女性から自分よりも下に見られているということになる。

 

そしてこれはとても残念な事実だが、女性は自分よりも下に見ている男を好きになることは、まず無い。

結婚すれば、男は一家の主として家庭を守る義務が出てくる。

だが女性からの依頼を断れないような頼りなく見られてしまうと、最初の段階で結婚にふさわしい相手として見られない。

「オナ禁(オナ減)だけではモテない」ということは私の経験でもあるが、彼らを見ていてもよくわかった気がする。

(もちろん、もし彼らがオナニー依存状態にあるとすれば、そもそも女性から避けられてしまうのは言うまでもない)

 

余計なお世話かもしれないが、彼らはもう少し異性に対して貪欲になってもいいのではないかと個人的には思っている。

「わがままになれ」と言うつもりはないが、「嫌われたっていい」という覚悟で自分の好きな事やしたい事を主張したほうが、男らしく見える。

それが”頼りがい”にも繋がるのではないだろうか。

 

(この記事はWMPの内容やアイデアを基に、私独自の視点を加えて作成した。)

 

「30代半ば男・収入そこそこ・性格問題なし」なのになぜ結婚できない?」への6件のフィードバック

  1. はじめまして!いつもブログを拝見させていただいています。私は今年から大学生になる高校3年生の者で、昨年7月からオナ減→12月からエロ禁、オナ禁を続けています。禁欲のきっかけは、高校2年生の時に知り合い、一緒にバンドを組んでいる友人の存在でした。彼は生まれて一度もオナニーしたことがない超禁欲者です。「一度も」という言葉を正直疑っていましたが、彼のオーラやストイックな生活習慣から信じるようになりました。そんな彼に衝撃を受け、禁欲を始めました。さおけんさんの何事にも怖じけずチャレンジする姿は、今の私の目指すべき姿です。これからも勉強させていただきます。(最近トマトジュース始めてみました。)

    1. >nisshさん
      こんばんは。BLOG NOPMO管理人のさおけんです。
      いつも当ブログを見に来ていただき、ありがとうございます。

      世の中にはオナニーをしたことないという人がいると聞いたことがありますが、本当にいるんですね。
      そういう人はすごいというか、素直に羨ましいです。
      私もnisshさんも含め、我々はもう自慰行為の味を過去に知ってしまいましたので、あとはこの呪縛からいかに早く抜け出すことができるかが勝負です。
      nisshさんはオナ禁とエロ禁が継続ができているということで、この調子で行けばすばらしい大学生活が待っていること間違いなしです。

      トマトジュースは私も昔から好きで、たまに飲んでいますよ。
      朝の目覚めと肌の調子がよくなります。

  2. 返信ありがとうございます。今後も日課を着実に積み重ねていきたいと思います。トマトジュースは今のところ実感できるような恩恵を得られていないので、気長に飲んでいきたいです。

    1. >nisshさん
      nisshさんの言う通り、トマトジュースもオナ禁も、「毎日続けること」が大切ですね。
      ちなみに個人的な経験ですと、食塩無添加のトマトジュースのほうが体への影響が良い感じがします。

  3. 継続することの重要性は、さおけんさんのブログから改めて意識することができました。私の場合は様々なトマトジュースを試した結果、塩分が少なく甘味が強いものが飲みやすかったので、原料トマトのみで甘味の強い(糖度9)、伊藤園の「理想のトマト」を毎晩200ml飲んでいます。

    1. >nisshさん
      お褒めいただきありがとうございます。
      私も継続することの大切さは理解しているものの、砂糖禁などについてはサッパリ継続ができていません。
      ともに学んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です