エロ禁をするとオナ禁効果は何倍にもなる(体験談あり)

エロ禁をするとオナ禁の効果は倍増するとよく言われている。

私はオナニーフリーの状態ではあるが、たまにエロ禁を解除している。

エロ禁を解除した翌日は、頭が少し重くなった感じがある。

 

 

エロ動画が脳に与える影響

エロ禁の効果に入る前に、まずは実際に科学的に裏付けられているエロ動画の弊害を簡単に説明したい。

脳科学的に見ると、ポルノを長時間見ると、脳のとある部分の細胞の機能が著しく鈍くなるらしい。

【参考サイト:エロ動画の閲覧が脳に与える影響(英語サイトだが、脳内の害について説明動画あり)】

 

エロ禁を破った翌日は頭の回転が鈍く感じることから、ポルノが脳に害を与えているというのは当たっていると思う。

架空のエロで興奮したことによる、過剰なドーパミンの分泌(ドーパミン・ラッシュ)の影響だろう。

エロを見ることによって、脳がさらなる快楽を求めてしまうようになる。

脳が快楽を求める結果、論理的思考などを司る脳の部分の働きが鈍くなってしまうのだろう。

 

1ヵ月エロ禁の効果(体験談)

そこで、意識的にエロ禁を徹底する期間を設けてみた。

この記事の執筆時点で、エロ禁の期間は約1カ月間くらいである。

果たしてその効果は?

 

 ・集中力が(異常に)増す

エロ禁を徹底していると、日々の集中力がエロ禁なしのオナ禁時とは全然違う。

頭がぐるぐると音を立てている感じがするほど、頭の回転率が上がっているのを感じる。

 

 ・仕事中のエロ妄想が完全になくなる

はっきり言って、仕事とエロの相性は最悪だ(エロ業界は除く)。

仕事中にエロ妄想をしてしまうと、言うまでもなく仕事の効率性は著しく下がる。

そんな妄想をして仕事の手を止めていたら、ボスから「なにぼーっとしているんだ!」と怒られてしまったり、女性社員達からは「〇〇さんってキモくない?」と陰口を叩かれてしまうだろう。

エロ禁を徹底しているとエロ妄想自体しなくなるため、集中力も増すことだ。

 

 ・「やらない力」(won’t power)がさらに強化される

エロを見ないという「やらない力」が強化されることで、性欲以外の「やらない力」も同時により強くなったのを感じることができている。

オナ禁以外にも、禁煙・禁酒・物欲禁・砂糖禁・お菓子禁・スマホ禁・ネット禁・風俗禁など、色々と禁ずるべきことはある。

私の場合は、たまにデパートで服やネクタイなどを見た時は、ものすごく欲しくなる衝動に襲われることが多い。

そんな時であっても、エロ禁中では、「いや、買ったら絶対に後悔する」とすぐさま思えるようになり、余計な物を買わなくて済んでいる。

(ちなみに、残念ながら、砂糖禁・スマホ禁・ネット禁はあまりできていない)

 

 ・(オマケ)知らない女性からすれ違いざまにお辞儀をされる

エロ禁なしのオナ禁ではこんなことは起きたことはなかったが、エロ禁を長期間していると、このような不思議なことが連続して起きた。

おじぎをされると、つい無意識におじぎを返してしまう。で、「誰だっけ?」と思う。

エロ禁とは関係なく、単にたまたま知り合いと勘違いされたのが続いただけかもしれない。

あくまでエロ禁期間で起きた体験談ということで。

 

エロ禁の効果まとめ

エロ禁がオナ禁効果を倍増させるということについて、この1カ月のエロ禁でよく理解できた。

だがいくらエロ禁効果を実体験で理解しても、しばらくしたらその効果も忘れてしまい、ついエロ動画を見てしまうと思う。

性欲を完全に無くしてしまうことはよくない」とか思いながら。

悲しきかな男のサガだ。

完全にエロを絶つことはムズカシイ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です