「出会いがない」のは周りや環境のせい?後輩Iくんの話

今から3年ほど前の話になるだろうか・・

前の記事で述べた、私の周りにいる「彼ら」(=30代未婚者)のうちの一人で、職場の後輩Iくん(30代前半・未婚しばらく彼女なし・イケメン・いつも眠たそうな目・大人しい・几帳面・仕事はとてもきちんとする)に、

「彼女は欲しくないの?結婚したくないの?」

とずばり聞いてみた。

彼はこう答えた。

「あまり出会いがないです。」

 




「出会いがない」=「努力不足」

「出会いがない」のは、「出会いを探す努力をしていないだけ」である。

私はその彼にそう告げたが、口で言うのは誰でもできるし、具体的に行動を起こさないと全く説得力がない。

そこで、私はその彼のために取引先の女の子に声をかけ、合コンをセッティングしてあげた。

 

残念ながらその合コン自体ではうまく女の子たちとマッチングしなかったが、彼はその合コンの後、異性との出会いを求めて様々な活動をし始めるようになった。

そして、その合コンから数年後、その彼から「結婚することになりました」というおめでたい報告をもらった。

「出会いがない」と嘆いていた時と比べると、ものすごい行動力と成長だ。

 

カフェ店などで女子大生風の女の子たちが「出会いってないよね~」と嘆いている会話がよく聞こえてくるが、男女とも、待っていても向こうから出会いはやってこない(とびきりのイケメン・美女は除く)。

出会いは、手間と努力をすればいくらでも作ることができる。

「めんどくさいから」、その努力をしていないだけ。

その彼は、めんどくさがらずに行動を起こした。だから結婚できた。

 

異性との出会いを作る近道

読者「近道?どうせ出会い系サイトとかだろ?」

ハズレである。

 

これは私の考えと経験に基づくものだが、、異性との出会いを増やす秘訣は、「自分が心から打ち込める趣味を見つけること」だと思っている。

そのような趣味を持つ人を別の言葉で言うならば、

もし一人で居ても全く寂しいと感じない場所を持っており、日々忙しく過ごしている人」である。

 

異性との出会いを第一の目的として何かの趣味を始めても、その趣味はたいてい続かないことが多い。

それは、「趣味を始めたはいいけど、異性との出会いがなかった場合」、つまり「続けていても、思うように結果が出なかった場合」、途端にその趣味に対するやる気がなくなってしまうからである。

このことは、「モテたい」と考えてオナ禁を始める事ととてもよく似ている。

 

異性との出会いを第一の目的とした趣味の具体例を出すとすれば、

「お料理教室」 「ヨガ教室」 「アロマ検定の資格教室」などの、女性比率の高い趣味だ。

他にもあると思うが、これらの趣味はおそらく生徒の8~9割が女性だろう。

「周りが女ばかりだから、モテるかも?!」

そんな邪(よこしま)なことを思ってこれら女性比率の高い趣味を始めたとして、そんな見え透いた下心は、感の鋭い女性達によって簡単に見抜かれてしまう。

「この人、女目的で趣味をしている」

そう思われてしまい、生徒の女性たちとあまり会話をすることなく、あまりやりたいと感じない趣味をする羽目になってしまう。

 

異性との出会いの具体例(体験談)

私が最近したことでそれなりの出会いがあったことといえば、昨年の海外留学で何人か異性との出会いがあったことだ。

留学先の生徒は、国籍は違えど、男女の比率はだいたい半分半分だった。

留学に行ってみて初めて、英語を勉強している女の子は比較的多いと気づいた。それも若い女の子ばかり。

留学先で私は英語に没頭しすぎて、参加自由のグループレッスンの授業にまで参加していた。

そうしたら、いつの間にか自然と同じクラスに参加していた女の子たちと顔見知りになっていた。

 

だが私が英語の勉強をするのは自分自身の仕事のため、自分の将来のためであり、決して異性と出会うためではない。

もし留学先で異性との出会いがなかったとしても、目的は異性ではないから英語の学習を止めてしまうことはない。

これがもし異性との交流目的で留学したとしたら、留学先で異性との良い出会いがなかった場合、途端にモチベーションがなくなってしまうだろう。

 

まとめ:何でもモノは試し

繰り返しになるが、異性と出会うことを目的に趣味をすると、その趣味は続かないことが多い。

たが、仮に最初は異性との出会いを目的とした趣味であったとしても、何でも一度は試してみるということについては否定しない。それはむしろ大いに推奨したい。

たとえば、最初は異性との出会い目当てでお料理教室に入ったつもりが、いざ料理をやってみたら面白くなってきて料理に没頭する・・ということも十分に起こり得る。

もしそうなれば、棚からボタ餅、とても儲けモノだ。

料理に没頭しているだけで、出会いが自然と向こうからやってくるはずである。

料理が趣味で没頭していると言うだけで、女の子から興味を持ってもらえる可能性が高い。

マンガ「進撃の巨人」のリヴァイ兵長のセリフではないが、どんなことであっても、試してみないことには結果は誰にもわからない。

 

(この記事はWMPの内容やアイデアを基に、私独自の視点を加えて作成した。)

「出会いがない」のは周りや環境のせい?後輩Iくんの話」への2件のフィードバック

  1.  初めてコメントします、キシノカンバイと申します。一度はやってみる、大いに賛同です。僕も知り合いの方が好きで聴いている、自分は全く知らないミュージシャンのコンサート行ってみましたが楽しめました。
     あと、最後にリヴァイ兵長がいきなり出てきてビックリしました。進撃の巨人も友人に勧められて観始めましたが、ドハマリしてます。

    1. >キシノカンバイさん
      はじめまして、さおけんです。
      コメントありがとうございます。
      ユニークなお名前ですね。

      普段は聴かないアーティストのコンサートというものは、そのアーティストのファンの友人から誘われなければまず行くことはないですね。
      自分の知らない世界が見られるというのは、貴重な体験だと思います。

      進撃の巨人はアニメの絵がとてもきれいなので、つい見いってしまいます。
      名言も多くありますので、ヒットするのも頷けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です