中途半端なオナ禁は害にすらなる。やるなら徹底的に。

私は自分の過去の経験から、オナ禁をするにあたって、やってはいけないことが2つあると考えている。

その2つとは、「”オナ禁効果”に一喜一憂すること」と、「中途半端にオナ禁をすること」である。

 

 




 

オナ禁効果に一喜一憂することの弊害

私がオナ禁を知ってオナ禁を始めた当初は、いわゆる”オナ禁の効果”というものに一喜一憂をしていた。

たとえば、

  • 職場の女性から視線を浴びたり声をかけられた時など、オナ禁の効果が出た時は大喜び!
  • その一方で、TOEICのスコアが前より悪くなったり、店のレジの可愛い女の子から釣銭を投げて渡された時など、オナ禁の効果が思うように出なかった時は、ひどく落ち込む・・・

 

この一喜一憂の周期は、だいたい数日間~1週間ごとに訪れていた。

つまり、良い時(=効果があった時)が数日間ほど続けば、その後に悪い時(=効果があまり感じられなかった時)がまた数日続くといった感じである。

そして、悪い時があまりに長く続いたときは、

リセットして気持ちを新たにすれば、また何かが変わるかもしれない。また前みたいにオナ禁効果を感じられるようになるかもしれない。

と思って、罪悪感を感じることなくリセットをしていた。

だが、リセット後はしばらくリセット時の快感が忘れられず、しばらくオナ猿化してしまう。

そしてある時に「これじゃいかん」と思い立って一発奮起し、またオナ禁開始する。

そしてしばらくしてまたオナ禁効果が出ない時、ムラムラに襲われてリセット。

この繰り返し・・・

 

ここでわかったことは、一定期間ごとに気持ちが上がったり下がったりを繰り返すことは、精神的に良くないということだ。

最初のうちは、オナ禁の効果を期待してオナ禁をするのは、継続のモチベーションが上がって良かった。

だが、中途ハンパにオナ禁して大した効果も出ず、結局リセットと繰り返しているうちに、オナ禁効果そのものに期待すること自体がバカらしく感じるようになってきた。

 

このオナ禁を始めてから最初の数年間のリセットの繰り返しによって気が付いたことは、次のことだった。

  • 「オナ禁の効果に過剰に期待することは時間の無駄」
  • 「オナ禁だけで劇的なモテ効果が起きることはない」
  • 「オナ禁はどんな願いでも叶えてくれるような、ドラえもんの四次元ポケットやアラジンの魔法のランプのようなものではない」

ネットで言われている”オナ禁効果”は、万人に当てはまるものではないと気が付いた瞬間だった。

人間、何でも経験しないとわからないものである。

 

 

中途半端なオナ禁は、オナ禁が手段ではなく目的となっている

過去の私のように、中途半端にオナ禁とリセットを繰り返し、リセットの度に自己嫌悪に陥るというのは、”人生がオナ禁に縛られている状態”と言える。

これはつまり、「オナ禁すること自体が、生活(=人生)の目的」となってしまっているのだ。

オナ禁は目標を達成するための手段の一つであって、オナ禁することが目的になっては意味はない。

オナ禁をしようがしまいが、時間は過ぎていく。

オナ禁だけが人生の全てではない。

人生がオナ禁に縛られるくらいなら、いっそのことオナ禁をやめてしまい、好きな時にシコってオナ禁を意識しない生活してみるのも一つのやり方かもしれない。

オナ禁をしていなくとも良いアイデアを見つけ、人生が上手くいって成功したという人は、この世にたくさん存在する。

 

そしてとことんオナ猿化した後、それでも

「オレはやっぱりオナ禁するんだ。もう猿になるのは嫌だ。」

と思えたならば、オナ禁を再開すればよい。

その時は、もう自己嫌悪に時間を取られることのないよう、一生リセットしない覚悟で。

 

今の私は、過去の1年間の完全断射を達成した時、一生リセットをしない覚悟ができた。

みじめな猿(=過去の冴えない自分)には二度と戻りたくないからだ。

今となっては、”オナ禁効果”というものに一喜一憂することもない。

自分の信じる道に向かって、ただ突き進むのみである。

 




 

中途半端なオナ禁は害にすらなる。やるなら徹底的に。」への4件のフィードバック

  1. 初めましてさおけんさん。
    全く偶然この記事にたどり着き、オナ禁が目的になる、という内容にハッとしました。
    オナ禁の存在は何年も知りつつも趣味は自慰のみなのでオナ減に留めていましたが何故か昔よりも無気力で毎日酒に溺れる毎日でした。ある意味では自慰が日々の楽しみで張り合いがあったのにそれを減らして目標もなく過ごしているから無気力になってしまったのだと今気づかさせて頂きました。

    オナ禁ブログで度々出るテストステロン1週間で最大になる説の元論文でも読み何年も先送りにしていた英語学習の切っ掛けとします。

    4月から大学4年で就職活動と研究室の板挟みになりますが更にその先を見据えた生活を考えていく道具としてオナ禁を使って行きたいと思います。

    有意義な事を知れました。ありがとうございます。

    1. >抹茶パフェさん
      はじめまして、さおけんです。
      偶然当ブログにたどり着き、さらにコメントの書き込みしていただき、ありがとうございます。

      オナ減で酒に溺れることになったのは、典型的な「苦痛回避行動」だと思います。
      苦痛回避行動についてはこの記事を参考にしてください

      私は、オナ禁をする目的は「自慰行為以外の有意義な生き甲斐や楽しみを見つけること」だと思っています。
      私の場合は、それが英語だったり、仕事だったりします。
      抹茶パフェさんもこれから就職活動をされるとのことですが、オナ禁は必ずやその役に立つと思います。

  2. 初めてここのブログを見させてもらいました。
    2年間、オナ禁してきても大抵2日か3日で終わってしまいます。
    このブログの通り、気持ちが上下し、精神的に良くない状態です。
    本当に、オナ禁することが生活の目的になっています。リセットした日、次の日はどうせ勉強集中できないと思い込み、だらだらと過ごしています。
    ですが、勉強など自分の有益にあることに時間を使えると思えました。
    オナニーフリー、本当に尊敬します。
    貴方のブログの見て、有意義な時間を過ごすという目標で続けていこうと思います。

    1. >高専さん
      はじめまして、BLOG NOPMO管理人のさおけんです。
      古めの記事を掘り起こしていただき、ありがとうございます。
      ブログは仕組み上、古い記事がどんどんと新しい記事に埋もれていくので、高専さんのように古い記事にもコメントをいただけると大変助かります。
      また、過去の記事も読んでいただいているのだとわかり、執筆の励みにもなります。ありがとうございます。

      2日から3日でリセットしてしまうということで、まずは1週間継続を目指されてみてはいかがでしょうか。
      1週間達成後は、2週間・1ヵ月と徐々に期間を伸ばしていけば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です