女(特に美女)は男の行動力・やる気・原動力となる

私、さおけんは基本的に女好きであり、仕事中はクールを気取っているが、女性としゃべっている時は性格が変わる。

オナ禁を始めた理由も、ズバリ、「女にモテモテになりたいから」というものだった。

男たるもの女にモテなくてどうするんだと思うし、オナ禁始めてからしばらく経った今でもその気持ちはあまり変わっていない。

いや、むしろモテたい思いは前よりも今のほうが強くなったような気がする。




 

 

月曜の朝が待ち遠しくなる体験

”月曜の朝”というものは、大多数の会社員にとって、1週間のうちで最も憂鬱な瞬間である。

  • 「休み明けでダルい…」
  • 「今日も休みだったら良かったのに…」
  • 「これから天変地異でも起きないかな…」

ダラダラ過ごした楽しい土日も終わって、会社に行かなくてはならないという気持ちは、肩と背中に鉛を抱えているのかと思うくらいに体が重く感じることだろう。

 

だが私は、月曜日の朝が基本的に待ち遠しい。

日曜の夜というと、翌日の月曜が楽しみでワクワクしてよく眠れない。

なぜならば、、

取引先の女の子と会って話をするのが月曜の朝であることが多いからだ。

朝から女の子と話せると思うだけで、気持ちがワクワクする。

その女の子との話の中心はもちろん仕事の内容だが、たまに雑談もする。

その雑談が楽しくてしょうがないから、また仕事をきちんとしようという気もなる(雑談ばっかりしていると、単なるチャラ男と思われて信頼されなくなる)

だから、仕事は手を抜かないできちんとやる。

ちなみにその女の子はものすごい美人というわけではないが、スラッとしていて話し方もふわふわしていて物腰の低い癒やし系の女の子である。

下心はないと言ったらウソになる。

 

・・・ここまでこの記事を書いていて、「男とはなんと単純で愚かな生き物だろうか」と思った。

 

女は男の原動力

女の子がいるのといないのとでは、このように(?)、仕事の効率性がものすごく変わってくる。

もちろん女の子がいなくても仕事はきちんとしなければいけないのだが、相手が女の子というだけで「良いところを見せたい」と思う。

その気持ちが、仕事へのやる気へと繋がる。

 

話が少し逸れるが、美しい女性は就職(転職)活動においてとても有利だとつくづく思う。

美女が就職に有利な理由はこうだ。

<美女が就職に有利な理由>

美女が職場に入れば、その職場の男はみな仕事にやる気が出てくる。

→男がみな仕事にやる気が出れば、職場の業務が効率化する。

→職場の業務が効率化すれば、いずれその会社に利益が出る。

⇒つまり、美女を採用すれば、将来的に会社が儲かる

That’s why, 会社は外見の美しい女性を優先的に採用する。

 

こんなゲスなことを言っていると、女性から

「外見で判断するのか!」

とか、

「差別だ!」

という意見が出てくるかもしれない。

だが、下記のアクセス解析のとおり、このブログの読者の95%以上は男性だ。

(逆に言えば、全体の3%も女性読者がいるのかと思うと、なんだか複雑な気持ちだ・・)

 

女子アナが容姿で選ばれる面が強いのも、容姿が良ければ、その番組やニュースの視聴率は確実に上がるためだろう。

もっとも、テレビの場合は、外見だけではなく、賢くて性格も良い(愛嬌が良い)ということも条件になる。

 

女は男の原動力 まとめ

女の子の存在が物事をすすめる原動力になるのならば、その力をどんどん利用すればいいと思う。

普段の自分とは違ったものすごい力が発揮できるはずである、月曜の朝の私みたいに。

「女の子に良いところを見せたい」と思うことは犯罪ではなく道徳に反する事でもないので、罪悪感を感じる必要は全くない。

それで業務効率が上がるのなら、儲けモノだ。

ただしこれをあまり露骨にやると他の周りの男性群から嫌われてしまうので、露骨にしないよう”工夫”する必要がある。。




 

女(特に美女)は男の行動力・やる気・原動力となる」への2件のフィードバック

  1. 3%の「キラキラしたナイスな女の子」に会ってみたいです。
    「女の子」の読者さんだけを呼んで、こっそり「オフ会」しませんか?

    1. >Elijahさん
      たしかに、このブログを見ている女性がどのような人なのか、私もとても気になります。
      (なにせ、ここは男の女性に対する本音満載のブログですので・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です