砂糖禁の記録とその効果など

砂糖禁を再開したので、その挑戦記録である。

この砂糖禁シリーズは、最初のうちはじっくりと書くと思うが、いずれネタがなくなってきて書く量が少なくなっていくと予想される。

これは自分への挑戦記録であり、読み手をあまり意識していない、完全なる自己満足な日記である。

だが一つ言えることは、砂糖禁にはオナ禁と似たような効果が期待できるということだ。

 




砂糖禁を再開した理由(わけ)

このブログを始めて間もない頃、ツイッターで禁欲精神さんが主催していた「100人オナ禁大会3ヶ月チャレンジ」という企画に、私さおけんが参加をさせていただいた。

 

オナ禁チャレンジといっても私は当時すでにオナ禁が2年間くらい続いていたので、普通にやってもまったく意味がない。

そこで、「砂糖禁3ヶ月チャレンジ」という、独自のルールで参加することにした。

砂糖やシロップの入っている甘い飲み物や、ケーキやチョコレートなどの甘いものを食べたらアウトとしていた(ただし、肉じゃが等の料理に入っている調味料としての砂糖は除く)

 

そして、当時の自分は、結果として砂糖禁3ヶ月を達成できた。

達成できたのは、チャレンジを企画してくれた禁欲精神さんをはじめ、このチャレンジに参加していた他のオナ禁者の方々が禁欲をがんばっていたおかげだろう。

他の人が頑張っているのを見れば、自分も頑張れる」ということに気が付いた。

 

それなのに、今の自分は砂糖禁がまったくできていない。

気が付けば、甘い物を飲んだり食べたりしている自分がいた。

この差は一体なんだろうか。

ストレスだろうか。

退化だろうか。

いや、自分に甘いだけだろう。砂糖だけに。

 

そこで、過去の砂糖禁をがんばっていた自分を思い出し、さらに自分を律するため、砂糖禁を再開することにした。

 

砂糖の弊害

この記事を書く前の私は・・・

朝から甘ったるい缶カフェオレを飲み、昼食のデザートには甘いもの、仕事帰りに立ち寄るカフェ(ス〇バなど)では期間限定の砂糖や生クリームが入っている飲み物を頼んでいた。

 

このブログにある「砂糖禁カテゴリー」の記事には、過去の私がこのように言っている。

 

「砂糖は身体を悪くするからダメだ」

 

このカテゴリーにある記事を読んでいて、調子が良くて格好いいことばかりだと思った。

今の自分は砂糖禁が全然できていないにもかかわらず、だ。

これでは、さおけんは「口では言うけど、実際にはやらない」という”有言不実行”な口だけ野郎だ。

格好悪いことこの上ない。

 

そんな砂糖にまみれた生活をしていたら、どうにもこうにもこういう弊害があるように思える。

  • 日中に強い眠気に襲われることがある
  • 集中の持続時間が短くなる時がある
  • 仕事で何かでもめた時などに、たまに頭に血が上ってカッとなる時がある
  • 頭皮が固くなって髪が抜けやすくなっている
  • 皮膚が荒れる
  • お通じが悪くなる

 

これを読んでいると、自慰行為の弊害とほとんど同じだ。

大量の糖分を取ることで血糖値が急激に上がり、糖分が消化されて血糖値が急激に下がると、身体と精神にかなりの負担がかかるらしい。

「仕事が忙しい」とか「ストレスがある」とか言えば聞こえはいいが、単なる砂糖に対する欲望に弱いだけである。

オナ猿ならぬ、砂糖猿である。

 

砂糖禁1日目の記録(2017年2月23日)

記念すべき砂糖禁の1日目、砂糖を絶つため、次のようなした。

  • 朝の缶カフェオレを買うのやめた
  • 飲み物はすべて無糖のお茶(緑茶・玄米茶・ウーロン茶など)にした
  • 昼食のデザートは一切頼まなかった
  • カフェで砂糖やシロップの一切ない飲み物を選んだ

 

たった1日、砂糖を禁止しただけで、とても体の調子が良い。

体が少し軽くなったのを感じる。

だが本当の効果が出るのは、きっともう少し先だろう。

 

(2日目以降に続く)



砂糖禁の記録とその効果など」への6件のフィードバック

  1. 初めまして、さおけんさん。
    私は過去に2年ほどオナニーフリーの期間があったのですが(当時はオナ禁については知りませんでした)、
    仕事などのストレスが重なり、オナ猿に戻ってしまいました。
    最近になって、オナ禁のことを知り、さおけんさんのブログに出会いました。
    オナニーフリーだった時期、オナ猿の現在、私の状態はさおけんさんの記事にあるとおりでした。
    もっと早く気付いていればととても後悔しましたが、挑戦し直そうと思い、
    現在、オナ禁7日目です。
    さおけんさんの記事を励みにこれから頑張っていこうと思います。

    1. >ハレルヤさん
      はじめまして、さおけんです。
      オナ禁を知らずしてオナニーフリーの状態になるのはすごいことですね。
      「何事も始めることに遅すぎるということはない」と言われますので、気づいた時に挑戦するというのは幸せなことだと思います。
      このブログがハレルヤさんの禁欲生活のお役に立てば嬉しいです。

  2. こんばんは。らりほーです。僕は、ダイエットを8ヵ月程続け、約17キロ痩せています。オナ禁も同時平行です。主に炭水化物(糖質)を制限していました。色んな理由で やっているのですが、鬱的な精神状態から仕事でミスが続いたことが大きかったです。最近では、「仕事頑張っているね」とか、「お前が変わっていく姿に、ささやかな感動を覚える」と先輩にも言われ、色んなアドバイスも頂けるようになってきました。
    精神的にも安定している気がします。ただ、筋トレもやっていて、高重量が扱いづらくなってきています。糖質は筋肉のガソリンですので、最近は玄米を1日一合とっております。甘いものは、癖になりますので、僕も戦って参ります。

  3. こんばんは。私も砂糖というか、炭水化物を大雑把に制限しています。8ヵ月目ですが17キロ程減量ししています。精神的にも落ち着いてきおり、仕事上でも変わってきたなと先輩たちからも言われています。ただ、筋トレで高重量を扱いづらく、筋肉も発達しづらく、最近は、玄米一合を1日一合とっております。甘いものは、一度摂ると癖になりがちですが適正な取り方難しいです。オナ禁と砂糖禁は、相性が良いと言うか、相関するところもありそうですね。さおけんさん頑張って下さい。

    1. >らりほーさん
      8カ月で17キロの減量!ものすごい達成ですね、一気に外見が変わるのではないでしょうか。周りの人からの目も全然違ってくるでしょう。
      私も朝食で白米を食べなかったりして炭水化物を制限する時がありますが、腹持ちが悪くなって集中力が若干落ちている気がします。
      炭水化物抜きダイエットは体に悪いという説もありますね。

      らりほーさんのおっしゃる通り、砂糖禁はオナ禁ととてもよく似た効果があると感じています。
      砂糖を抜いてからというもの、飛行機でタダで配っていたハーゲンダッツすら手を付けずに返すようになりました。
      自画自賛ですがものすごい成長したと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です