オナ禁の効果:将来の自分に役立たない事を切り捨てる思考

オナ禁する → 時間が空く → 自分に投資をする

理屈としては、ものすごくわかりやすい。

「自分に投資をする」というのは、言い換えるならば、

「将来の自分に役に立たないことを切り捨てる」

ということでもある。




「将来の自分の役には立たない事」とは

私が個人的に役に立たないと考えるのは、次のことだ。

 

  • スマホいじり(SNSやツイッター含む)
  • テレビ
  • ゲーム(テレビゲーム・スマホゲーム含む)
  • ネット動画の閲覧(エロだけでなく、Youtubeやニコニコ動画なども含む)

 

もちろん、それぞれ言い分はあるとは思う。

これらのことは、気分転換でやる分にはまったく構わないと思う。

勉強の合間にテレビを見て気持ちを入れ替えたり、ブログを書く合間にニコニコ動画を見てコメントにクスッとするのもあり。。

 

だが、これらのことが日中のメインの活動(=暇つぶし)になると、かなり危険だと感じる。

ヒマつぶしをしたところで、自分は成長しない。

これらは、自慰と同じで、非生産的なことが多いように思う。

 

この中でも、意味のないネット動画の閲覧は、誰にでも経験があるだろう。

動画の閲覧に疲れてブラウザを閉じたら、後には何も残っていないと感じることが多い。

また、スマホゲームでも、ポケモンGOは面白いとは思う。

私も一時期ハマっていた。

だが、ポケモンをやった後、自分のためになるものが果たして何か残っているだろうか。。

ポケモンに詳しくなることで、ポケモン好き女子と共通の話題ができて仲良くなりやすい・・・ということくらいしかメリットが思いつかない。

 

ネット動画もゲームも、見ているとき、やっているときは楽しく感じるかもしれないが、終わってみるとなんだか虚しく感じる。

これらのものは、たとえばユニバーサル・スタジオ・ジャパンのようなテーマパークに行って、自らの体を使って経験することとはまた違うように思う。

テーマパークの場合には、非日常世界を体全体で体験することによって、また明日への希望が出てくることがある。

そして、またこの体験をしに、遊びに来たいと思う。

 

だが、意味のないネット動画の場合、見た後、

「あーおもしろかった。また見よう。」

・・・とは素直に思えない。

見終わった後は、ハマって見ていたことがなんだか虚しい。

 

虚しく感じると言うことは、つまるところ、

「無駄な時間を過ごした」

ということだろう。

 

すべての行動を将来の自分への投資へと向ける

私が普段の仕事以外で空いている時間にやっていることといえば、

  • 英語の勉強をしたり、
  • ブログの執筆をしたり、
  • 運動(ランニングと筋トレ)や柔軟体操をしたり、
  • 本(仕事に関連するものや自己啓発に関するものなど)を読んだり、、

 

オナニーフリーなってからというもの、自然と、無駄に思えること(=将来の自分に役に立たないこと)をしている時間がほとんどなくなったように思う。

最近では、デートをすることすらだんだんと面倒に感じるようになってきた。

 

もし何かにお金を使うにしても、

「これを買うことは将来の自分に役立つか?役に立てば買うし、役に立たなきゃ買わない。」

と考える習慣が付いた。

そして、よくよく考えると、大抵の物は役に立っていなかったことが多い。

こう考えたら、自慰とはいかに非生産的な行動だったかがわかる。

 

もし10代の時からオナ禁ができており、将来の自分を見据えて行動をしていたならば、今頃はすごいことになっていたかもしれない。

 




オナ禁の効果:将来の自分に役立たない事を切り捨てる思考」への2件のフィードバック

  1. すごくうなずけますね。ちなみに私は、最近に至ってはいつにもまして自分の隙間時間を、英語の学習に力を入れています。

    もちろん将来への備えの為になのですが、一度きりの人生なので外人のガールフレンドを作ってみたいと思ってしまったのはここだけの話です (笑)

    1. >Nonsugarさん
      オナ禁と英語の学習は抜群ですね、砂糖禁とも相性良いです。
      砂糖禁の状態で英語を勉強していると、どんどんと英単語や英語フレーズが頭の中に入っていきます。
      外人ガールフレンドは、「日本分化に興味があり、かつ、日本語を全く勉強していない(日本語の全く話せない)女性」をおススメします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です