性格のタイプ4つ ~人の振り見て我が振り直せ~

人の性格のタイプには、自分に甘いか厳しいか、他人に甘いか厳しいかの観点から見て、次の4種類の分け方がある。

  1. 他人には厳しいが、自分には甘い
  2. 他人に甘くて、自分にも甘い
  3. 他人に厳しく、自分にも厳しい
  4. 他人には甘いが、自分には厳しい

極めてわかりやすい分け方だと思う。

私は人間観察が好きなのだが、初対面の人と会う時は、「この人は一体どのタイプだろうか?」と考える癖がある。



「他人には厳しいが、自分には甘い」タイプ

一番なってはならない性格は、1.の「他人には厳しいが、自分には甘い」タイプである。

「他人のことはとやかく言うが、自分のことはきちんとできていない。」

これは利己主義の典型でもある。

言うまでもないが、こんな人は確実に人望が得られない。

汚い言い方をすれば、有言不実行の口だけ野郎である。

 

自分への接し方が厳しいか甘いかについては、その外見にモロに現れる。

ここからは人(しかも女性)の悪口になる。

あらかじめ述べておくが、読んで気分を害されるかもしれない。

 

前に取引先で一緒だった、ぽっちゃり体型の・・失礼ながら見た目80キロは超えていそうな女性と、二人で飲みに行った時のことである。

その方は、当時30代半ばを超えて未婚だった。

顔の見た目だけは若く、20代と言われてもわからないような、童顔な方だった。

その女性は話が面白そうだったので、飲みに誘って行くことにした。

 

お酒が入ると会話も弾み、ややプライベートに突っ込んだ話になった。

その女性は年齢的にもそろそろやばいということで、婚活しているという。

私はどういう男がタイプなのか聞いてみると、彼女はずばりこう答えた。

 

大企業の人がいい。今の会社の人は安定してないから眼中にない。

 

私は、この言葉を返さずにスルーした。

「婚活する前に、まず痩せた方が可愛くなると思うよ・・」

私は酔いに任せてこの言葉を言いそうになったが、ぐっと堪えた。

 

私は、その女性は「他人には厳しいが、自分には甘い」タイプだと思った。

残念ながら、失礼ながら、女性で30代半ば超えでさらにかなりぽっちゃり体型となると、婚活相手の選択肢はかなり限られてくる。

失礼な発言であることを十分承知のうえで言うと、「男を選べる権利はほとんどない」ことが予想される。

自分自身のことは棚に上げて、婚活相手には厳しい事(大企業勤務)を要求する、、

私はこの”矛盾”に頭を抱え、そのことばかりグルグルと考えているうちに、酔いが冷めてきた。

 

・・・あまり女性の悪口を書くと、当ブログ読者の約3%はいるらしい女性読者からの反感を買うので、これくらいにしておこうと思う。

その時、私は、自分というものは本当に見えないものだと改めて感じた。

「他人に厳しくて、自分には甘い」・・・自分では、このことに本当に気がつきにくい。

もしかしたら、実は私もその一人かもしれない。たぶん。

このブログでは色々と偉そうなことを言っているが、過去のブログ記事をつぶさに見ていくと、現在の自分が、過去の自分の言っていたことで完全にできていないことがある。

 

たとえばこの記事。

 

この記事はブログを開設して間もない頃に書いた記事だが、最後のほうに、「チベット体操」とある。

今の私は、「チベット体操って?なんだっけそれ?」って感じだ。

この記事を書いたときの当時の自分は、「性エネルギーの循環のためにはチベット体操が良い」という本を読んだのだろう。

だが、繰り返しになるが、今の私はチベット体操を実践していない。

言い訳をすると、ランニングと柔軟体操、瞑想だけで満足している自分がいる。

これが、「他人に厳しくて、自分には甘い」と言わずして何というだろうか?



その他のタイプについて(簡単に)

2.他人に甘くて、自分にも甘い

このタイプは、男女問わず大人気な人が多いように思う。

友達にこんなタイプがいたら、とても付き合いやすい。

悪く言うならば、性格が楽観的すぎて、経営者などのリーダーには向かないタイプなように思う。

マスコットキャラだ。

 

3.他人に厳しく、自分にも厳しい

こんなタイプが上司にいたら、部下は相当苦労するだろう。

「自分にできることは、他の人もできる」と思っているタイプである。

普段から自分に厳しく人一倍努力をしているのだが、その努力を他の人にも強制する。

そのため、その強制について行ければいいのだが、もしついて行けずに弱音を吐くと、

「何やってるんだ!」と叱責をする。

だが、人間というものは千差万別であり、まったく努力や苦労をせずにできる人もいれば、時間をかけてもまったくできない人がいる。

もしその違い(=人間は千差万別)がわかっているのならば、他人には厳しくならない。

 

その反面、こういう人がごく稀に弱音を吐いているところを見ると、とても可愛く見える。

「あーこの人もやはり人間なんだな」と、ほっこり。。

 

4.他人に甘いが、自分には厳しい

これが一番人望を集めるタイプだと思う。

人よりも何倍も努力しているのに、他人にはそれを見せないし強制もしない。

ものすごく謙虚だ。

 

性格のタイプまとめ

この記事、なんともバランスの欠いた内容となったが(旧民〇党政権のように)、ここで言いたかったことは、次のとおり。

  • 「他人に厳しくて自分に甘い」というのは、自分では気がつかない
  • 目指すは、「他人に甘くて、自分には厳しい」人間になること

常に、自分に厳しくあれ。

私もチベット体操をまた始めようと思う。今日だけは。




性格のタイプ4つ ~人の振り見て我が振り直せ~」への4件のフィードバック

  1. お話に出てきた女性は、典型的な未婚コンプレックスですね。これはあくまで僕の人生経験上ですけど、太っている女性に実に多いです。
    その理由はこうです。太っている女性はその体型にコンプレックス(劣等感)を持っています。さらに三十代半ばで未だ独身であることにもコンプレックスを持っています。ひとは劣等感が強いと無意識にそれを隠そうとしたり、悪口や強がりを言って自分を慰めようとします。
    その女性の場合、「自分は太っててモテないから結婚出来ないんじゃない! いい男と出会えるまで自分を安売りしてないだけだ!」と、自分にもさおけんさんにも言い聞かせようとしたのでしょう。典型的な負け惜しみですが、自分が負け惜しみを言っていることにもきっと気づいていないのでしょうね。今の会社は~という辺りが、いかにも「周りの男たちに相手にされない自分を必死に慰めている」という感じです。ちなみにネット情報ですが、婚活に必死な女性ほど相手の男性に高収入などの好条件を求める傾向があるそうです。きっとモテない歴が長い自分の人生を大逆転させて、プライドを満たしたいのでしょうね。そういう考えだから男に避けられているのだと気づかずに…
    と、ちょっと前まで童貞だった僕が偉そうに語ってしまいました(笑) 正直僕の苦手なタイプの女性だったものでつい(笑)
    ちなみに、僕はオナ禁で手に入れた例の彼女と現在、同棲三ヶ月目に入りました。彼女との将来のためにも、自分に厳しく他人に甘い(優しい)人間を目指したいと思っています。
    …道のりは遠そうですが。

    1. >山崎さん
      たしかに、劣等感を他の誰かにぶつけることでストレスの解消にはなるかもしれませんが、根本的な問題の解決にはなりませんね。
      これも突き詰めると、自慰行為と同じことなのかもしれません。
      自分への劣等感やコンプレックスをなくすためには、その原因を無くす、この記事の女性で言えば「痩せる」。これしかないと思います。
      また、山崎さんのおっしゃる通り、年齢的に限界が来ていて婚活に必死な女性ほど、”三高”な男性を求める傾向がありますね。
      (三高ってコトバはもはや死語かもしれませんが)
      まだ20代なら三高な男性を見つけることは可能かもしれませんが、20代女性はそもそも結婚に必死になりませんし。。
      私の周りにいる30代後半の女性の方で、ガツガツせずに身の丈に合った人(40代半ば男性・中小企業勤務)を見つけて、結婚して落ち着いた人がいます。
      とても幸せそうでした。
      20歳以上も年下と結婚された藤あや子さんみたいな女性は、現実にはなかなかいないのではと・・

      山崎さんの彼女さんとの同棲生活がうまくいっているようで、私も嬉しく思います。
      やはり、禁欲は人間関係をスムーズにする基本だと思います。
      同棲生活を続けるには、ケンカをしない(原因を作らない)のが一番ですね。
      もしケンカになっても、「こちらから先に謝る」というのも手だと思っています。

  2. オナ禁を続けています。(今まではオナ減状態でした)それからというもののリセット時に必ずといっていいほど精液がゼリー状っぽくなり射精時に違和感があります。尿道をかなり粒の大きなゲル状のものが通るからだとは思いますが。快感も感じなく今ではセクリセも思いとどまる要因となっています。リセットしなくなったからいいものの将来を考えると少し心配ではあります。さおけんさんはそのようなことはないですか?

    1. >Edisonさん
      セクリセ時に精子がゼリー状となるのは正直あまり分かりませんが(必ず避妊するので・・)、長期オナ禁時のセクリセで快感をほとんど感じないという経験はよくあります。
      そんな時は、「あれこんなもんだっけ?全然気持ちよくない。出さなきゃよかった・・」という残念な気持ちになります。
      たしかに、将来を考えると不安になる気持ちはわかりますが、この気持ち(快感を感じない)が完全射精禁のモチベーションにもつながっていますので、悪い事ばかりではないと思いますね。
      また、将来的なセクリセで相手が超絶美女だったりすると、この上なく快感に感じるはずです。
      (残念ながら、私は超絶美女と出会う経験はほとんどありませんが。。)
      Edisonさんのご参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です