続けるしか王道はない ~辛い事を継続させるコツ~

「オナ禁の継続に特効薬はあるか?」

ない。

オナ禁を続けたいと思ってこのブログを含む色んなサイトを見たところで、「これでオナ禁が絶対に続く」といった確実な方法はない。

ただひたすらに、地道に続けることしか、続けられるようになる方法はない。

・・・これを言ったら身も蓋もないので、ここでは辛いことを続けられるコツを考えてみようと思う。




続かない理由は「将来の自分 < 今の自分」

うまくやれるようになるためには、ひたすらやり続けること

これは当たり前のことだが、この当たり前のことほど、できる人は少ない。

その理由の大きなものは、世の中には次のような色んな誘惑(インスタント快楽)があるからである。

  • タバコ
  • お酒
  • 甘い物
  • 自慰行為
  • 水商売や風俗
  • 休日に昼過ぎまで寝る(←たしかに気持ち良いね)
  • その他、体に悪いもの

 

大多数の人は、世の中にたくさん散らばっているこういった誘惑に負けて、物事が続けられなくなる。

誘惑に負ける際に思うことは、こういったもの。

今の自分が良けりゃあそれで良い。将来の自分?そんなもんはやった後で考えるさ

 

つまり、

将来の自分 < 今の自分

この不等式の数式が示す考えが自分の中に根付いている限り、誘惑に勝つことはできない。

 

辛い事を乗り切り努力を継続させるコツ

まずは、上記の不等式を逆にする。

つまり、

「将来の自分 > 今の自分」

という考えを持つ必要がある。

だがそうするためには、日々の努力をするしか方法がない。

堂々巡りのようだ。

 

「努力を続けることは尊い」とされているが、それでも努力を続けるのは辛いし、気を抜くと続かなくなる。

そんな時は、将来の自分が良くなることが、今の自分の楽しみになると考えるようにしている。

 

私の経験だと、辛いと感じることがであっても、それを楽しんでやるようにすると続くように思う。

私は、実は勉強が面白いと思ったことはあまりない。

だが、どうしても勉強しなければいけない時(大学受験の勉強など)は、なるべく楽しんで勉強するようにしていた。

それは惚れ惚れするような受験ノートの作成だったり、合格した後の華やかな世界を想像(=妄想)したり。。

受験戦争から解放されてもう長いが、私が普段している英語の学習にしても、やりたくない時やサボりたくなる時も多々ある。

仕事で疲れている時は、特にそう思う。

だがそれでも続けられているのは、大学の受験勉強の時と同じように、勉強する行為の中に楽しみを見出しているからだと思う。

英語はオンラインでも海外の先生とスカイプを使って学習をしているが、英語を話して自分の言いたいことが相手に伝わると、素直に嬉しい

この嬉しさがあるからこそ、また地道にコツコツと知らない英単語やフレーズを覚える努力が続けられる。

 

思うに、ひたすら苦汁ばかり飲まされながらやる努力は、続けることができないように思う。

それはまるで、広大な砂漠を休憩もなしにひたすら歩いて横断するようなもの。

砂漠を横断している途中に、”オアシス”という「何らかの楽しみ」があるからこそ、また頑張って歩き続けられるのではないかと思う。

 

オナ禁の継続の場合は、「これを乗り切れば良いことがある」と考えていた。

実際、

  • 「肌がキレイ」
  • 「年齢相応には全然見えない、若く見える」

と誰かから言われると(特に綺麗な女性から)、オナ禁をやっていてよかったというやりがいを感じた。

これが砂漠でいうオアシスのようなもので、「何らかの楽しみ」に該当するものの一つだろう。

 




続けるしか王道はない ~辛い事を継続させるコツ~」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。いつも拝見させていただいております。

    難易度の高い資格試験に挑戦中なので、体力と気力を高める為に禁欲生活を続けております。

    さおけんさんのブログを読んでいると、試験へのモチベーションも上がるような気がします。

    試験まではまだ時間がありますが、自分を奮い立たせて勉強に励みたいと思います。

    1. >月明かりさん
      はじめまして、さおけんです。
      いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

      月明かりさんは難関資格を目指されているということで、禁欲生活はその突破に必ず役に立つはずです。
      ブログの記事が夢の実現のお役に立てば、これほど嬉しい事はないです。

  2. 私は現在29歳です。
    27歳の頃からオナ禁に挑戦してますが、全然うまくいかず、夜勤と日勤の混合により生活リズムもままなりません。
    ちなみに、幼い頃から結構性欲が強かった気がします。
    15のときからオナニーをしなかった日は合計でも30日いってないです。

    オナ禁をしてればしてるほど、逆に股間の部分がきになり、もぞもぞしてしまったり
    実は職場にも自分の性欲を刺激するものかいくつかあったりするので困ってます。

    意志を強くせないけんってのはわかってますが…過去に1ヶ月我慢してたとき、ふとした拍子にかなり落ち込む出来事が、あり、近くの風俗にいってしまい…そこから全然ダメな状態です。

    オナニー自体体に悪い事はわかってるのに、しかも、こうやって書いてるさなかにもかなり抜きたい衝動と対決してます。

    一時期は、本気でオナ禁の通信教育?的なものも購入しようか迷いました。

    自分の性欲は、他の人より強い自覚があります。
    どうにかして、これを超越したいですね。

    書き出すととまらなくなるので、この辺で終わらせて頂きます。

    最後まで読んで下さりありがとうございます。

    1. >とももさん
      はじめまして、さおけんです。
      長文の書き込みありがとうございます。
      27歳からのオナ禁挑戦というと、私の時とあまり変わらないですね。

      比較的長い間禁欲をしていても、一度リセットをしてしまうと、ズルズルと落ちるところまで行ってしまいます。
      これは、「一回失敗したんだからとことん楽しもう」と考える、いわゆる「どうにでもなれ効果」というやつです。

      この記事に書きましたが、ここから脱出するには、また積み上げるしか方法がないと思っています。
      また、「どうにでもなれ効果」があるということをきっちり覚えれば、将来に同じことがあっても(とももさんの場合は、落ち込む出来事)乗り越えられる可能性が出てきます。

      私も性欲は強いですが、自慰行為の習慣から脱出することができました。
      脱出できたのも、繰り返しになりますが積み木のようにコツコツと積み上げたことで大きな城ができたのだと強く感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です