退屈な努力を続けるための精神 ~マイナスの感情~

理想:

  • 「夢に向かって突き進め!」
  • 「死ぬ気でやれば何でもできる!」
  • 「未来は自分の手で掴め!」

現実:

  • 「夢なんて叶わない・・・」
  • 「簡単に死ぬ気にはなれない・・・」
  • 「未来なんてあるかないかわからない・・・」




努力は地味で退屈なもの

夢や目標を決めた瞬間だけは、気持ちが高揚する。

だが、その高揚感は刹那で一時的なもの。

その後は、ただひたすらに地道で退屈な練習が続く。

華麗にゴールを決めるサッカー選手も、打席に立てば高い確率でヒットを放つ野球選手も、毎日の練習においてはただひたすらにボールのドリブルをしたり、バットの素振りをしたりする。

 

私が普段している英語の学習も、会話で出てきた知らない英単語やフレーズをただひたすらに暗記することの繰り返し。

ブログの執筆も、ネタを考え、記事を起こして、体裁を整えて、アップロードすることの繰り返し。

一見すると華やかそうに見える裏側には、地味で退屈なことの繰り返しが存在する。

 

努力とは、本来、こういった地味で退屈なものの連続。

こういった努力をしている時というのは、ただ単純に遊んでいる時に得られるような「楽しい!」と言った感情はない。

「楽しい!」といった感情が生まれるのは、努力が報われる瞬間だけ。

 

そしてこういった努力を続けられる人は、いずれ他人から尊敬される。

なぜ他人から尊敬されるかというと、その「努力を継続する力」というべきものは他人には持っていないものだからだ。

「つまらないと思える単純なことをただひたすらに続けることができる」

これがわかるからこそ、観衆はスター選手を尊敬し、そのプレーに熱狂する。

 

もし誰もがみんな、つまらないと感じる努力を続けられるとすれば、みんながスーパースターになれる。

だが、大多数の人間はそうはならない。

続けられないからだ。

 

スーパースターという存在は、言うならば、

  • 肉を絶ち、
  • 酒を断ち、
  • 煙草を断ち、
  • 娯楽を絶ち、
  • 自慰を絶ち、
  • 女を絶ち、
  • 煩悩を断つ。。

これができる人だけ。

そして自分の信じる「絶対に報われる努力」というものをただひたすらに繰り返し続ける。

これらがいつまでも続けられるからこそ、普通の人とは違った存在になることができる。

 

退屈なことを続けるための精神 ~マイナスの感情~

ごく一握りの人(=天才)を除いて、こういった努力はずっと続けられない。

だが天才以外であっても、天才に少しでも近づくことはできる。

 

たとえば、「もし夢を叶えたら、どういう未来が待っているだろうか?」と考えてみる。

華やかな生活や収入・・・こういったものは当たり前。

ここでフォーカスを当てたいのは、”負(マイナス)の感情”だ

 

マイナスの感情とは、周りの人からの羨望のまなざしや優越感を得るため、もしくは自分を馬鹿にした人への復讐(見返し)の感情のことだ。

一般的に言うと、羨望や優越感、復讐(見返し)といったものは、汚い・くだらない・卑しい・醜いとされているものばかり。

 

だが、これらの負の感情も、上手く利用すれば、物事を継続させるための原動力となる。

  • 「あいつは何をやってもダメ」
  • 「あいつにできるわけがない」

もし周りからこう言われているとすれば、悔しい腹立たしい気持ちもあると思うが、それは逆にチャンスだ。

「俺を馬鹿にしている奴らを将来見返してやる。絶対に。」

この負のパワーがあれば、退屈な物事であっても確実に続けられる。

誰かをこき下ろしたり非難するのは簡単で、口さえあれば誰でもできる。

だからいじめはなくならない。

そういった非難する奴らを結果を出すことで見返してやるというのは、この上ない快楽だ。

そのためには、ただひたすらに努力を続けなくてはならない。

負の感情は、「夢や希望を叶える~」といった正の感情よりもパワーがある。

 

未来の自分が結果を出したら、周りから一目置かれる存在になる。

自分を馬鹿にしてたやつらも、もはや馬鹿にしなくなる。

だが、そうなるための道のりは険しい。

ひたすらに努力を続ける力を得るためには、負のパワーを利用するしかない。

 




退屈な努力を続けるための精神 ~マイナスの感情~」への4件のフィードバック

  1. お久しぶりです。

    自分も負のパワーを使った経験があります。

    なかなか強かったです。結果も出たので。

    最近は、大学生という自由な時間があり
    幸せ過ぎてその負のパワーは使えていません。
    嫌なやつがいても、出会わない選択肢があるからです。
    社会人になれば、それは違いますよね。

    リアルタイムでその負のパワー使えませんが、過去の記憶を元に使ってみようかな。

    禁欲は大事ですよね。おな禁中は、マイナスな思考減りますよね。

    1. >kさん
      ご無沙汰しております。
      負のパワーはやはり役に立ちます。
      これは私の経験ですが、負のパワーをすべて使い切り目標を達成したあとは、達成感や幸福感もつかの間、しばらくは腑抜けになっていました。
      具体的には、私が大学1年生の時です。
      この期間は、どんどん自分がダメになっていくような感じがありました。
      負のパワーで自分を突き動かしていた時(=受験時代)は、腹を立てたり悔しいことがあったり実際に涙も流したこともありましたが、それも自分を成長させる経験になっていたのだと思いました。

      やはり明確な”危機感”というものがないと、なかなか負のパワーを出すのは難しいことだと思います。
      敵が誰もいないような幸せで安定した生活をするのに越したことはないですが、なんだか物足りない感もあります。
      ライバル(=敵)がいるからこそ、成長できるのだと。

  2. 初めまして、いつも楽しく拝見させていただいています。
    僕自身も現在禁欲を含む自己改善に取り組むため日々精進しています。
    その中で出会った興味深かった本を是非紹介させて頂きたいと思いコメントしています、その前に軽く自己紹介とこのブログを知った経緯をお伝えさせてください。(長い自分語りです、すいません)

    僕は現在二十歳なのですが、僕もさおけんさんと同じような年齢の頃から自慰を覚え、それから高校生の時にオナ禁を知るまでは(正確にはその後も)いわゆる猿の状態でした。
    しかし高校時代も長くても一ヶ月しか続かず完全な脱却もできず、その後大学に入学しても頻繁に自慰に耽っていました。
    中学の初めまでは多少の女子との絡みや好意を受け取ることがあった僕も段々と避けられ気持ちわるがられていくのが目に見えてわかりました。目といえば小さい頃はパッチリしてると言われた目も高校時代は大分重たいまぶたに隠されていたように思います。

    僕には幼い頃からの夢があったのですが親からの勉学への期待など様々なもの言い訳にしては結局は夢から逃げていました。人目を気にして大学へと行きましたが僕は人間としてすごくレベルが低く、軽く対人恐怖症であったと思いますし傲慢で怠惰でした。

    結局怠惰の結果それ以上大学に通うことも難しくなりこの春からは夢であり大好きな音楽に打ち込むべく現在は音楽学校へと通っています。
    そこで一念発起し今までの自分ではいけないと考え、もともと好きだった自己啓発本や心理学系の本を読み(現在月 十数冊~二十冊近いペースで読み進めています)
    良い習慣を身につけ悪い習慣の断捨離を行うべく朝方の生活やランニング筋トレ 表情筋トレーニング 糖質制限 などを先月から始めています。
    しかしオナニーは相変わらず頻繁に行っている状態だったのでしたが、僕はちょっとしたことから性エネルギーの転換について知りました。
    現在作曲なども行っている僕には自らを律し,湧き上がる性欲を創作意欲に向けるということがとても魅力的なことに映ったんです。
    そこで性エネルギーの転換について調べている際にこのブログを発見して以来、その他の記事も楽しく拝見させて頂き今現在のオナ禁エロ禁生活のモチベーション維持に役立たせていただいております。

    短い成果としては喉への影響を考慮して2ヶ月ほどまえからアルコールとカフェインを絶っていることや、最近では糖質と炭水化物を減らしているおかげか,まだ短い日数ですが少しずつ効果も感じています。
    高校時代のオナ禁と大きく異なっていてオナ禁自体を目的にせず、その他の自己改善の補助としてオナ禁を扱えていることが大きいと思っています。
    それでも元から性欲と自己承認欲求がとてつもなく強いのでよくリセットの誘惑に苛まられたり不安を感じることもあります。

    とてつもなく前置きが長くなってしまいました。普段こんなことを言葉にできる場も中々ないのでつい興が乗ってしまいました。
    そんなこんなで様々な本を読んでいた中で「人の心を一瞬でつかむ方法ーーー人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学」という本を先日読みました。
    別の本で読んだことのあり知っていたような内容も含まれていたものの、人が人を認識する際に強さと温かさの二つが基準になっているという視点から論を広げている本で、容姿 姿勢 表情 話し方など様々な角度から掘り下げています。

    僕は本書はオナ禁を通して僕らが得ようとしている効果、またはオナ禁によって度々報告されるモテ効果や対人関係の改善等の効果にある種の説明ができていると思いました、意志の強さについて言及されていた点もそうです。
    強さの象徴たるテストテスロンや、さおけんさんも記事にされていたオキシトシンなどのホルモンによる影響も書かれていたり、強さを感じさせる男性顔と温かさを感じさせる女性顔の両要素を含んでいるからこそ中性的な顔立ちが魅力的に見えるなど、オナ禁で目指すべきもの、もしくは効果が得られた後に意識すると良いと思われる知識が多くありました。
    さらに僕はどこかズルさを感じさせる女性の表情に強く胸を打たれることが多く自分もそれができるようになりたい、そんな顔立ちになれればと思っていたのですが、この本には強さと温かさの両方を感じさせる笑顔として少しイタズラでズルイ笑顔が紹介されていたこともすごくためになった要素です。(例としてclint eastwoodの笑顔が紹介されていました。)

    もしかするとまだまだ知識不足、経験不足な僕が読んだからこそ為になり面白かった本だったのかもしれません。
    なのでさおけんさんがすでに学ばれていたり経験的に知っていらっしゃる知識ばかりの可能性もありますが是非お読みになって頂いて少しでも為になれば幸いです。(もしくはすでにお読みになっていらっしゃるかもしれませんが)

    普段から頻繁に記事を更新されていて、僕らオナ禁駆け出し者の助けとなってくださっているさおけんさんに感謝と敬意を示し、報告させて頂きました。
    現在僕は一年間の断射を目指しています、まだまだ自己改善のスタート地点ですが更に己を高められた際にはまた報告させて頂きます。
    長文失礼しました!m(_ _)m

    1. >Graceくんさん
      はじめまして、BLOG NOPMO管理人のさおけんです。
      返事が遅くなりすみません。

      かなりの長文コメントをいただき、ありがとうございます。
      Graceくんさんのコメントの一言一句を読ませて抱きました。
      大学から音楽活動にシフトされたということで、私は作曲をしたことがないので偉そうなことはまったく言えないのですが、オナ禁と音楽の相性は抜群だと推測します。
      作曲活動は長い時間それだけに没頭する必要があると思いますので、膨大なエネルギーが必要だと思います。
      プロのミュージシャンというのは、それこそ寝る間も惜しんで無意識にそのエネルギーのすべてを音楽に注ぎ込む事ができるのだと思います。
      海外オナ禁サイトでも、オナ禁後はギターが異常にうまくなったという報告をよく読みました。

      また、自己啓発や心理学は私の大好きな分野ですが、「実行すれば」必ず役に立つものだと確信しています。
      繰り返しになりますが、「実行すれば」です。
      これは、いくら本を読んでも実行しない人が数多くいるからです。
      もちろん私もそのうちの一人です。
      なぜなら、本を読み返す度にすっかり忘れていたことが多いからです。
      いくら読んでも実行しなければ意味がないです。
      私も含め、人間は本当に利己的な生き物だと、こういった本を読むたびに気づかされます。
      「人の心を一瞬でつかむ方法」という本は初めて聞きました。
      今度じっくりと読んでみます。
      ご紹介ありがとうございます。
      読んだ後、またコメントや記事にて感想を書かせていただきます。

      このブログを続けているのも、良い習慣をすぐに忘れてしまう自分への戒めのためだと思って日々執筆しています。
      これがGraceくんさんのお役に立てば、これほど嬉しい事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です