「思考の短期化」とオナ禁継続の方法

ここ最近、オナ禁をリセットしてしまった方々から、

「どうすればオナ禁が続けられるようになりますか?何でもいいのでアドバイスをください」

という問い合わせを立て続けにいただいた。

私もどうすればいいのか悩んでいた時期が長かったので、すぐに答えを求める気持ちはよく理解できる。

だが、真剣に悩んでいるオナ禁者達の悪口を言うわけではないのだが、こういったざっくりな質問をされるのは、なんだか「思考が短期化」が起きているように思える。




「思考の短期化」とは

「思考の短期化」という言葉は、私が記事を書いている時に思いついて勝手に作った言葉だ。

これは、「目の前にある短期的な答え(目先の利益)を追い求める考え方」を指している。
(日本語学者の先生が見たら、「間違った日本語を使うな!」というお叱りを受けるかもしれない。)

 

この考え方は、実は、自慰行為そのものの考え方に共通するものがある。

自慰行為とは、「目先の短期的な利益を追求する事」である。

そして、他の誰かに十分に調べないまま安易に答えを求めることも、「目先にある短期的な利益を追求する事」である。

 

私は仕事で部下(スタッフ)に仕事を教える立場になりつつあるのだが、部下からは次の2種類の質問を受ける。

  1. 部下A「これはどうすればいいですか?全然わからないので教えてください」
  2. 部下B「私は何となくこう考えるのですが、意見を聞かせてください」

この2つの聞き方は、似ているようで、大きく違う。

前者(部下A)は何も考えていないで丸投げ質問をしているのに対し、後者(部下B)は自分の考えをしっかりと持っている。

部下Aの質問が、「思考の短期化」である。

そして、優秀なのは自分の考えを持っている部下Bである。

 

オナ禁を続けるための方法

今さらなサブタイトルだが、冒頭の質問をされる方々は、オナ禁リセットしてしまった後悔と罪悪感から、おそらくプチパニックになっているのだろうと推測している。

衝動的にリセットしてしまい、どうすればオナ禁が続けられるのか悩んでいる方々には、

「いきなり疑問点を他人に聞いたり頼ったりせず、まずは自分の力だけで情報を収集するべき

と言いたい(厳しい?)

 

・・・平たく言えば(優しく言えば、)

「まあそんなに急くな。まずは落ち着こう

と、こういうことだ。

落ち着くことによって、思考が短期的になっている自分を戒め、自分を客観視して長期的な利益を求める思考に切り替えることができるだろう。

 

はっきり言えば、オナ禁を続けるための”ズバリ”な方法としては、

「性欲に負けないこと」

これ以外のズバリな答えは存在しない。

そして、長期的にオナ禁を続けるためには、様々な方法の融合させその複合的な効果を得ることで長期的なオナ禁が達成できると考えている。

たとえば、

  • エロ禁を徹底する
  • スケジュールを詰め込む
  • エロ以外の他の物事に没頭する
  • 定期的に運動する
  • 冷水シャワーをする
  • 自分の我慢できる限界を知る
  • 自慰をつまらないものだと思い込む
  • 脳を騙す
  • オナ禁効果をノートに書く
  • 性エネルギーの転換を活用する などその他多数

 

いずれの項目も、何かしらの記事にしたことののある項目ばかりである。

これらのことを複数組み合わせる

 

自分の意思に反してリセットしてまった方々は、まずは落ち着いて、このブログの「オナ禁継続の方法・コツ」のフォルダの記事を全て読んでほしいと思う。

つまみ読みではなく、全てである(この記事執筆時点で、このフォルダに139個の記事がある)

そこに、”自分の求める答え”が書いてある可能性がある。

 

もし自分で調べるだけ調べても、それでもわからなかったとすれば、記事のコメントや問い合わせフォームから質問していただければと思う。

きちんと調べて明確な知識に裏付けられた”真摯な”質問については、こちらも”真摯に”回答をしようと思う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です